0年 0月 の投稿一覧

「心の中はどしゃぶり」ブラマヨ小杉竜一が明かす薄毛芸人の悲哀

 ブラックマヨネーズ小杉竜一が7月5日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「薄毛バレたくない芸人」で、ハゲ芸人の悲哀を明かした。

 時間をかけてヘアをセットしている小杉。だが、セット前に楽屋に挨拶に来られると「見たらアカン……パンツを見てもうた感じでビックリされる。頭を隠したら変だから、そいつの目線が上に上がらないように目でグッと抑え込む」と睨みを利かせることを語った。

 さらに、髪をセットしていない「素頭」で挨拶に行ったところ、明石家さんまから「なんでや!」とボケているかのようにツッコまれた話を披露していた。

 薄毛といえば、フットボールアワー岩尾望が、相方の後藤輝基から「ハゲとるやないか!」とネタにされることで知られている。だが、小杉はそのイジリを聞いて「(岩尾は)ツッコまれた後の顔がもう半泣きになってる。自分がお母さんやったら『アンタ、もう断り』って言ってる」と岩尾に同情。岩尾の心境がわかるだけに「心の中はどしゃぶり」と話して笑いを誘っていた。

 小杉は2015年8月11日に行われた映画『アントマン』のイベントで、「最小にして最大のヘアセットの話」を披露。

「髪の毛がちょっと少なめで、セットする前は本当にぺったんこ。ドライヤーで空気をブワーっと入れて膨らまして、持っている髪の毛を最大にふんわりさせてセットする。芸人の楽屋の間で『綿菓子のおっさん』って言われている」

 薄毛もネタして、自分の武器に活かしている小杉。弱点もポジティブに受け止めて、笑いに変えているようだ。

「楽しんだ者勝ち」三田友梨佳アナを救ったタモリの助言

 アナウンサーの番組初出演を指す業界用語「初鳴き」。そこで、人気アナたちに、当時の失敗談や初々しいエピソードを語ってもらった!

「新人は、夏の『FNS27時間テレビ』などで経験を積み、10月からレギュラー番組を持たせていただきます。最初のレギュラーのひとつは、早朝4時から始まる『めざにゅ〜』。深夜0時30分に起きて、家族からは『行ってらっしゃい。私たちはこれから寝ます』と送り出されていました」

 そんな三田友梨佳アナ(31)は、同時期に『笑っていいとも!』のテレフォンアナウンサーも担当した。

「初めてタモリさんから『今日は三田です』と紹介されたときは、『テレビで見ていた光景だ!』と思いました。ミーハーですよね。

『めざにゅ〜』の出演者は全員アナウンサーでしたが、『いいとも!』では出演者は皆さん芸能人。メイク室で共演者の方々の隣で準備をするときは、手が震えてアイラインをうまく引けなくなるほど緊張しました」

 タモリからのアドバイスは今も生きているという。

「番組で、電話番号を間違ってしまったことがありました。呼出し音は鳴るんですけどお相手が出ない。真っ青になっていたら、タモリさんが『かけ直しな』と助け船を出してくださいました。『生放送は始まったら終わるんだから大丈夫だよ。楽しんだ者勝ちだよ』と声をかけられ、肩の力が抜けたことを覚えています」

 いまでも緊張すると手のひらに「人」という文字を書いてのみ込むという、意外に古風な三田アナ。新人時代の自分にアドバイスは?

「『新人研修もしっかり頑張ってきたんだから、自信を持って』と言ってあげたいです。もっとも、いまでも自分で自分に『大丈夫だから』と励ましていますけど(笑)」

みたゆりか
東京都出身 青山学院大学卒業後、2011年にフジテレビ入社。現在は『直撃LIVE グッディ!』などに出演中

(週刊FLASH 2018年7月3日号)

仲里依紗は婚姻届出した次の日から態度激変 中尾明慶が明かす

中尾明慶【RBB TODAY】

写真拡大


 中尾明慶が、20日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。妻・仲里依紗の突然の変化を明かした。

 結婚する前の彼女は、「朝起きたら僕の好きなコーヒーを用意しといてくれたり、オレンジジュースが冷蔵庫にあったりして、どっち飲む?」というような優しい女性だったという。

 これに対し彼は「この人と結婚したら最高じゃん!」と思っていたのだが、「そしたら婚姻届出した次の日から、全然コーヒーなんて一切出さない!今はまったくない」と、その突然の変化に驚いたという。

 だがこれについてダウンタウン松本人志が「女は第4形態ぐらいまであると思うけどね」と、これからも変わる可能性を示唆。だが中尾は、「もう最終形態、うちの奥さんいってると思う」と分析し、笑いを誘っていた。

松本潤が愛媛の避難所を訪問し激励 写真撮影やサインにも笑顔で応じる

 松本潤(34)が21日、西日本豪雨の避難所になっている愛媛県西予市の野村小学校を訪問し、被災者らを勇気づけた。

 21日朝の時点で、同校の体育館には約70人が避難。拍手で迎えられた松本は「毎日暑い中、本当に大変だと思いますが、早く平時の生活に戻れるように祈っています」とエール。児童にはTシャツやタオルをプレゼントし、写真撮影やサインにも笑顔で応じた。家族4人で避難生活を送る中学1年の男児は「とても勇気づけられた。頑張ろうと思った」と笑顔を浮かべた。

 松本は20日には広島、愛媛両県庁を訪れ、西日本豪雨の復興支援のため、嵐が行うチャリティーイベントの収益の一部から、それぞれ義援金5000万円の目録を贈呈。広島市安芸区、矢野南小学校の避難所で被災者を激励した。

 嵐はこれまでも東日本大震災や熊本地震など被災地に約20億円の義援金を送っている。被災地でのコンサートやイベントを毎年のように行い、避難所や仮設住宅を慰問してきた。

大渕愛子弁護士がブログへの中傷への対応記す「警察に相談したい」

大渕愛子弁護士

写真拡大


 俳優、金山一彦(50)の妻で弁護士の大渕愛子(40)が21日、自身のブログを更新。中傷するコメントについて「警察に相談したい」とつづった。

 第3子を妊娠中の大渕は20日、自身のブログに寄せられた差別用語が含まれたコメントを紹介。「帝王切開や高齢出産を侮辱することで、自分が優位に立ったような気がして、よほど、気持ちいいのでしょうか…」と疑問を呈すると、「今後同じような発言を受ける人たちのためにも、このような発言については、然るべき責任を取ってもらう必要があるのかなと思っています」と、何かしらの対応をとることを示唆。「『嫌ならプライベートなことを書かなければいい』という意見もあるかもしれませんが、嫌とかではなく、流石にこれは度を超えているな…と思います」と訴えていた。

 21日にもブログを更新。前日のブログへの反響に感謝しつつ、「私がなぜ公開したのか、を少し補足します」と、理由の説明をした。

 大渕はこれまで、運営会社にコメントの監視をしてもらっていたが、削除しなくてよいコメントもあるのでは、と感じたことから全公開に至ったのだと説明。その際、前日に紹介したようなコメントを見つけたのだとし、「ほんの短期間で2つもコメントがあったので、きっとこれまでも沢山書いていたでしょうし、全公開にして気付くことができたのはよかったと私は思いました」とした。大渕と同様の中傷を受けたという反応も多数あったのだとし、「それを確認することができて、なおさら、放置しておくのはよくないと改めて思いました」とつづった。

 続けて「ただ、特定しうるとしても特定までには時間もかかるし、経由プロバイダ次第では必ず特定できるとも限らないので、公開することで、投稿者が少しでも早く自分のしたことを客観的に見ることができれば…という気持ちがありました」とし、「この方に限らず、心無い無責任なネット上の発言の抑止力になることも期待して」いるのだと説明した。

 そして「時間や労力の問題があるので、タイムリーにできるか…というところですが、早めに時間を作り、まずは警察に相談したいと思います」と、今後の対応についても記した。

小豆缶めぐり大ゲンカ 高見沢俊彦が桜井賢を激怒させた過去

画像提供:マイナビニュース

写真拡大


ロックバンド・THE ALFEE高見沢俊彦が、あす22日に放送される日本テレビ系バラエティ番組『行列のできる法律相談所』(毎週日曜21:00〜)に登場し、メンバーとの大ゲンカを告白する。

今年で結成45周年を迎え、メンバーの仲が良いTHE ALFEEだが、高見沢は若手時代、ある行動で桜井賢と大ゲンカしたことを告白。それは、高見沢の家で飲み会を行った際、桜井が小豆缶を持参してきた時のことだ。

これに対し、高見沢は「酒のつまみに合わない」と散々バカにしていたが、翌日、桜井が高見沢宅を訪れると、そこには空になった小豆缶が。桜井は、バカにされた挙句、小豆缶を食べられたことに大激怒したという。

今回の放送は、このようにゲストが、自分が昔やってしまった行動で悪かったかなというエピソードを発表。他にも、葵わかな、DA PUMPのISSA、辻希美らが出演する。

(C)NTV

千葉真一が語る高齢ドライバー問題「死ぬまで車に乗るつもり」

千葉真一が生涯運転宣言

写真拡大


 日々の生活の足となり、仕事道具となるなど、長い年月を車とともに過ごしてきた高齢ドライバーが、運転をやめたり免許返納を迫られている。そんな社会の流れに従う人、抗う人はどんな感情を抱いているのだろうか。俳優・千葉真一(79)に聞いた。

 * * *
 死ぬまで車に乗るつもりだから、返納なんて考えたこともないですね。僕が俳優としてデビューしたのが20歳の時です。2年後に念願の免許を取って以降、何十台と乗り継いできたけど飽きたことは一度もない。

 この写真を見てください。昔、出演した刑事ドラマで車と一緒に海に飛び込むというシーンです。メチャクチャでしょ?(笑い)

 失敗したら死ぬ。カーアクションは文字通り命がけで、車と僕の関係は昔から密接だった。常に車は僕の生活の一部、いや体の一部でした。今だって週5日、ジョギング以外は車に乗っていますよ。ま、住んでるところがバスも来ない千葉の山奥だからっていうのもありますけどね(笑い)。

 愛車はレクサスのスポーツカータイプとミニクーパー。満足しているけど僕には乗りたい車がまだ何台もあるんですよ。いま一番欲しいのがベンツのクラシックタイプの特注カー。推定7億円といわれる代物で、自分でも現実に乗れる日は来ない“夢物語”と思う時もある。それでも“いつか乗ってやる”と思うことで活力が湧いてくるんです。

 僕はクラシックカーが特に好きで、30代の時に乗ってた英国製モーガンは今も忘れられない愛車のひとつです。当時、撮影所で一緒だった故・高倉健さんが僕のモーガンを見て「お前、車が好きなのか」って声を掛けてくれたんです。嬉しかったな。

 本当に好きなものって、そこにあるだけで人を幸せにするんですよ。だから車の魅力って聞かれても「ただ乗ってるだけで幸せな気分になれるから」としか答えようがありませんでした。クラシックのオープンカーなんて、普通の人なら冬は寒くて乗れたもんじゃないと言うでしょうけど、僕はいつも、マフラーを巻いて顔面を寒さに引きつらせながらニヤケ顔でハンドルを握っていましたね(笑い)。

 ただ、歳を取ると肉体も感覚も衰えてくるのはどうしようもないことです。車の運転で一番大事なのは反射神経だと思っていますけど、アクション俳優として長く訓練を積んできた僕でも、最近は鈍ってきたと感じます。

 だから今は常に自分を戒めながら運転しているんです。ハンドルを握る時に「昔と違うぞ。慢心するな」と自らに活を入れ、交差点に入れば「はい、左を見て。右を見て」と呟きます。

 老いを自覚し、自分の体の状態を客観的に把握することです。気持ち良く運転するためには健康な心身が欠かせないから、僕は鍛錬を欠かさず体に気を遣っている。もちろん生涯、車に乗り続けるためにです(笑い)。

◆撮影:ヤナガワゴーッ!

※週刊ポスト2018年7月20・27日号

藤田菜七子「敏腕エージェント消滅」の謎(1)使用済みジャージが12万円超!

藤田菜七子「敏腕エージェント消滅」の謎(1)使用済みジャージが12万円超!

写真拡大


 7月7日、中央競馬会の“アイドルジョッキー”藤田菜七子騎手(20)=根本厩舎=がJRA通算30勝を達成した。

 菜七子騎手が騎乗したのは福島2R(ダート1700メートル)。Dr.コパこと風水師・小林祥晃オーナーのコパノステラートは15頭立てで7番人気だった。競馬関係者が振り返る。

「この日の福島競馬場は、障害レースで無敵を誇るオジュウチョウサンが久々に平地レースに出走することもあり、朝からいつも以上に客足が増えていたのですが、菜七子ちゃんの馬が3コーナーで先頭を奪うと、場内は騒然。そのまま押し切って2着馬をクビ差で封じ込めた瞬間は、まるで重賞レースにでも勝ったかのような大歓声が沸き上がりました」

 折しも七夕のメモリアルデーに、単勝1720円の中穴をブチ抜いて今年早くも10勝目。女性騎手初となる2年連続2桁勝利を飾った。その活躍ぶりに専門紙トラックマン(TM)も目を細める。

「3年目の夏を迎え、いよいよ安定感が出てきたと評価も上々です。以前は騎乗中に膝がすわらず、姿勢がフラつくこともあったが、最近は、しっかり膝を閉じて、ブレずに馬を制御できるようになってきた。このままいけば、自己新記録の年間15勝、いや20勝も夢ではないでしょう」

 ターフ外でも“アイドル菜七子”の人気は桁違いだ。専門誌トラックマンが続ける。

「勝利した前の週、同じ福島競馬のレース後にチャリティーオークションが開かれた。菜七子ちゃんは自前のピンクのジャージを出品したのですが、セリ値はあっという間に10万円を突破。最終的に12万5000円の『ストップ高』となったところで、3人の熱烈なファンによるジャンケン決戦となりました」

 使用済みのジャージが12万円超とは、まさに人気は青天井。しばらく“菜七子フィーバー”がやむことはなさそうだ。

「6月に地方交流戦で川崎競馬に出た際、パドックはさしずめアイドル撮影会のようでした。パドックでは菜七子ちゃんを撮影するファンが絶えず、馬を引いていた厩務員さんは『こんなに写真を撮られたのは初めて』と絶句していました」(競馬関係者)

 先行する人気に追いつき追い越せと実力を蓄えてきた菜七子騎手だが、その過熱フィーバーの裏で、今後を大きく左右する大事件が起きていた。美浦トレセン関係者が明かす。

「この記念すべきJRA30勝をあげた日の2日前、菜七子騎手のエージェント(騎乗依頼仲介者)が突如、契約を打ち切ったんです。厩舎に所属する騎手は、基本的に自厩舎の馬を優先してから他の騎乗馬を探すことになります。ですから、エージェントには『今週の菜七子騎手はどのレースが空いてる?』などと照会されることになる。ところがこの日、そのエージェントが『担当しなくなった』と明かし、窓口が不在となった。美浦トレセンは大パニックになったのです」

 そのエージェントとは、戸崎圭太(38)、内田博幸(47)などトップジョッキーを兼任し、敏腕とうたわれる中村剛士氏(41)である。

「戸崎騎手が14〜16年まで3年連続リーディングジョッキーとなった背景には、間違いなく中村氏の力があった。そして、昨年の冬から菜七子ちゃんを担当すると、騎乗依頼だけでなく、社台グループなどの有力馬に騎乗する機会も増えた。つまり、中村氏が離れることは、菜七子ちゃんにとって死活問題なのです」(競馬関係者)

「1日の家賃」が525万円!?C・ロナウドがすさまじい超高級生活を求める理由

「1日の家賃」が525万円!?C・ロナウドがすさまじい超高級生活を求める理由

写真拡大


 先日、9年間を過ごしたスペインの名門レアル・マドリードを離れ、イタリアのユヴェントスへと移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。約136億円もの移籍金がレアル・マドリードに支払われ、ロナウド自身はユヴェントスと年俸39億円の4年契約を締結し、長きにわたりメディアを騒がせた去就問題もついに決着した。共同開発したトレーニング機器の宣伝も兼ねての7月末の来日は、移籍にともなうスケジュールの変更で中止となったが、移籍後の生活を支える新居と噂される豪邸の家賃が“すさまじい”金額だとして世界中を驚かせている。

「イギリスのタブロイド紙である“THE SUN”が報じたところによれば、ユヴェントスの本拠地であるトリノで家探し中のロナウドが最有力候補として押さえている物件は、1日当たりの家賃が525万円の超豪邸だというんです。年間では19億円を超える賃料となる物件ですが、客室の数は200以上でプールも屋内用と屋外用が完備。もちろんセレブが飾りのように設けるプールではなく、ロナウドは雨の日も水中でのトレーニングを休みたくないというこだわりがあり、そのストイックさにかなう物件といえるでしょうね」(スポーツライター)

 33歳という年齢にしては特例ともいえる高額移籍金となったロナウドを支えるのは、途絶えることのない成長欲であり、毎日欠かすことのない壮絶なトレーニング魂にある。自宅にジムやプールが備わっていることはもはや彼にとっては必須条件となっており、その要望を全て満たすには“19億円の家賃”も必要経費なのかもしれない。

(ジェイコヴ)

広瀬すずがア然!?共演した松嶋菜々子から辛辣な言葉を浴びせられたワケ

広瀬すずがア然!?共演した松嶋菜々子から辛辣な言葉を浴びせられたワケ

写真拡大


 7月10日発売の「女性自身」が、来年4月から始まる朝ドラ「なつぞら」(NHK)の、初顔合わせの様子を報じた。記事によると出演者の松嶋菜々子が、主演の広瀬すずに対し激辛な洗礼を与えていたという。

「出演者の初顔合わせの際、松嶋は広瀬に『ちゃんと台本読んできてね』と忠告していたそうです。松嶋は笑顔だったそうですが、その言葉に現場は凍りついたとのこと。『女性自身』によると、松嶋は96年に『ひまわり』でヒロインを演じ、朝ドラの過酷な撮影を身を持って知っているからこそ出た言葉である可能性を報じています」(芸能記者)

 しかし“台本を読む”という行為は、女優として当たり前のことである。それをなぜ松嶋は、わざわざ彼女に伝えたのか。その理由は、広瀬の撮影現場での様子が関係している可能性があるという。

「広瀬は、現場でいっさい台本を読まない女優であると、過去、様々な関係者から明かされています。ですが、セリフを覚えてこないわけではなく、彼女は1回読むだけで暗記できる驚異的な記憶力を持っているため、現場で台本を開かなくても問題ないそうです。もしかすると、そんな広瀬の現場での振る舞いが、“台本を読まない”というネガティブなイメージで松嶋に間違って伝わっていたのかもしれません」(テレビ誌記者)

 そんな新旧ヒロインが共演する「なつぞら」は、視聴者から大きな注目を集めそうだ。