0年 0月 の投稿一覧

役柄に憑依する綾野剛「ルパン三世」の撮影ではスタッフも困惑

綾野剛の演技支える憑依力 役入りすぎスタッフ困惑することも

写真拡大


綾野剛(36)主演のテレビ朝日系ドラマ「ハゲタカ」の制作発表会見が7月9日、都内で行われた。

19日スタートの同作は真山仁さんの経済小説が原作で、バブル崩壊後の97年が舞台。外資系投資ファンドの代表・鷲津政彦(綾野)が“ハゲタカ”と批判されながらも、不良債権を抱えた大手銀行や経営不振の名門企業買収に乗り出すというストーリー。大森南朋(46)が鷲津役をつとめ、09年NHKでドラマ化。同年、映画化もされた。

各スポーツ紙によると会見で綾野はうどん好きの主人公を演じるにあたり、「コンビニに寄ったとき、うどんを買うようになった」と明かしたという。実際、綾野はこれまでもかなり役柄に影響されてきていた。

「09年公開の映画『クローズZERO II』でオリジナルキャラクターの漆原凌役を演じ、一躍脚光を浴びた綾野さん。その後も『そこのみにて光輝く』『新宿スワン』『日本で一番悪い奴ら』などで規格外の演技ぶりを見せつけましたが、その秘訣は私生活から役柄に憑依すること。妻夫木聡さんとゲイのカップル役を演じた『怒り』では、撮影前から妻夫木さんと同居生活を送ってカップルになりきったほどでした」(映画関係者)

だが役柄に憑依しすぎるあまり、時に周囲を困惑させてしまうこともあるという。

「14年公開の人気アニメを実写化した『ルパン三世』では、ルパンの仲間である剣豪・石川五ェ門を熱演。その際、スタッフに『五ェ門は普段、こんなことしませんよね〜』と聞いていたそうです。そう言われても五ェ門はアニメの架空キャラなので、スタッフは返答に困ったそうです」(芸能記者)

原作ファンの間では、鷲津役は大森のイメージで定着しているという。綾野流でどんなインパクトを残してくれるかが、注目される。

黒島結菜が役作りのためホストクラブへ 「楽しかったですが…」

WOWOW『連続ドラマW イアリー 見えない顔』完成披露舞台あいさつに出席した黒島結菜 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大


 女優の黒島結菜が10日、東京・市ヶ谷の法政大学内で開催されたWOWOW『連続ドラマW イアリー 見えない顔』(8月4日スタート、毎週土曜 後10:00、全6話※第1話無料放送)完成披露試写会の舞台あいさつに登壇。本作の役作りのため、ホストクラブを初体験したことが明かした。

【写真】オダギリジョー、仲里依紗らも登壇

 同ドラマは、2016年に映画化された『クリーピー』(黒澤清監督)でも隣家に住み着いた脅威を描いた前川裕氏の同名小説が原作。オダギリジョー演じる大学教授・広川誠司の家の周囲で起きる不審な近隣トラブルが、やがて一見、何の関係もないはずの大学総長選挙の暗闘に絡みついていくという異色の展開を見せるアーバンスリラー。

 ホストクラブにはまり借金を負ってしまう看護師・六道菜々美を演じた黒島は「ホストクラブに行ったことがなかったので、どういう気持ちで行くのかなぁ、と思って。プロデューサーとマネージャーと3人で、ホストクラブに行きました。2時間くらい楽しませてもらいました。楽しかったんですけど、圧倒されました。話が上手で人を楽しませる話術すごい。ハマる人はハマるんだろうなって、思いました」と語り、会場をざわつかせた。

 というのもこの日は、原作者の前川氏が法政大学の教授であることから実現した試写会で、来場者約400人のうち、ほとんどが黒島と同年代の法政大学の学生。ドラマの上映の前後には、前川氏と同ドラマを監督した森淳一氏の対談も行われた。舞台あいさつには、黒島のほかに主演のオダギリ、広川の妻の妹で広川と深い関係に陥る大学の人気講師・水島麗役の仲里依紗も登壇。

 仲は「私自身は大学に行ったことがないので、大学生の皆さんのことをすごく尊敬します。大学の講師ってこんな感じかな?って、想像で演じていたので、本物の講師と接している学生さんたちが見てどう思うか、ドキドキしている」と、話していたが、前川氏から「知的な感じがよく出ていた」などと太鼓判を押されたほか、学生たちからは「そんなにきれいな講師いない!」などと歓声も上がっていた。

 オダギリは、学生たちのリアクションが新鮮に感じられたよう。もし、大学で何か教えるなら、「なんとなく気の合う生徒とお酒を飲む授業というのもいいかな。ただ、みんなでダラッとする。ダラッとすることについて考える。お酒は適当に持ち寄って。(無茶な一気飲みなどしないように)飲み方も丁寧に教えていきたいですね」と話すと、前川氏が「その授業受けてみたい」と食いつき、「めっちゃ適当に答えたのに、引っかかってくれたんですね。ありがとうございます」と、笑いを誘っていた。

 オダギリは、最後の締めのあいさつでも、番組名と放送開始日と放送時間、「第2話以降もますます面白くなっていきます」と、加入を促す“定型文”を読み上げるだけの“適当”ぶりを見せていた。

「ジャンプに俺載ってる」菅田将暉が明かす1番嬉しかった仕事

菅田将暉、大好きな『週刊少年ジャンプ』に初登場した時を振り返る

写真拡大


9日深夜に放送されたニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」に出演した菅田将暉が、1番嬉しかった仕事について語った。

【写真】菅田将暉の新曲MVに山粼賢人が友情出演

菅田は、『週刊少年ジャンプ』の連載漫画であるTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』のエンディングテーマと劇場版の主題歌を担当していることについて「大ファンの人たちからしたら『おい菅田、ふざけんな』って思うとは思うんですけれども」と話し、「こんな光栄なことね。嬉しいです本当」と喜びを表した。

続けて「だって僕、この仕事してて、いろんな嬉しいことありますけど、やっぱ1番嬉しかったのジャンプに載ったことやから」と『週刊少年ジャンプ』の大ファンであることを明かし、映画『暗殺教室』に出演した際、キャスト紹介で同誌に登場したことを振り返り、「『うわ!ジャンプに俺載ってる』っていう」と当時の興奮した様子を垣間見せた。

菅田が担当しているTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』のエンディングテーマ・劇場版の主題歌「ロングホープ・フィリア」は、8月1日にニューシングルとしてリリースされ、7月14日(土)から先行配信される。

「マナーができていないのは親が恥をかく」堂本光一に賞賛の声

KinKi Kids堂本光一、“マナー”に対する持論に賞賛の声 (C)モデルプレス

写真拡大


堂本光一/モデルプレス=7月10日】KinKi Kidsがパーソナリティーを務めるラジオ番組「KinKi Kidsのどんなもんヤ!」(文化放送/毎週月曜24:00〜24:30頃)が9日深夜に放送され、堂本光一がマナーについての持論を展開し、称賛の声が寄せられた。

KinKi Kids堂本光一「違和感が満載」不安になる?新番組がスタート

◆堂本光一の“マナー”に対する持論

番組では“女性は男性のここを見ている”をテーマに投稿を募集。冒頭では「男性の食事のマナーを見ている」というリスナーのお便りを紹介した。

完璧なマナーを求めているわけではないが、くちゃくちゃ音を立てて食べないことや、お茶碗にご飯粒を残さないことなど、最低限のマナーができていたら魅力的という意見に、光一は「まぁね。最低限のマナーっていうのはね。肘をついて食べない…これたまにやってまう時あんねん、ほんと申し訳ない」とコメント。続けて「1人のときはひどいよ、俺。だけどやっぱり人前で、相手に不快な思いをさせないとか、そういったことで自分は気をつけようっていう気になるけど。そういうマナーができてないのって、なんかある意味、自分の両親に恥をかかせてしまう気がしません?やっぱしつけの部分やから。それを思うと、ちゃんとしようっていう風に思ったりもしますけどね」と自身の意見を述べた。

その他にも「男性が車を運転するところを見ている」というリスナーからのお便りで、運転中にすぐに文句を言う人や、イライラする人が苦手という意見が出ると、光一は自身の運転について「俺はマジで安全運転ですよ、本当に。なんでここまで安全運転になったかなって言うくらい安全運転ですね」と断言し、「危ないもん。って言うか、危ない奴が多いの!だからっていうのがあるかもしれない」と説明。更に煽り運転が世間で問題になったことにも触れ、「車に対して敬意がないね。車楽しいのにさ、楽しみ方を間違ってるっていうかさ、もうちょっと安全運転にしようよみんな」と呼びかけた。

◆堂本光一は女性のどこを見る?

また「女性のどこをみるか?」という逆質問に対し、「顔」と即答した光一。リスナーから寄せられた様々な意見に対し、「女性は色んなとこ見てんのやな」と感想を述べ、「俺やったらどこ?って(聞かれて)“顔”しか言わへん。女性のどういうとこ見てる?“顔”。俺はもうそれしか言わへんな」と笑いながら話し、「ちゃんとせなあかんな男は」と投稿を振り返っていた。

◆堂本光一、“マナー”に対する持論に賞賛の声

ネット上では光一の“マナー”に対する持論に対し、「親に対して悪いと思える光一くん素敵だな」「車に対して敬意って言い方素晴らしい」「考え方に育ちが出ている気がする」「本当に出来た人!」など称賛の声が上がった。またその他にも「女性のどこみてる?で顔って即答する光一くん素直で逆に好印象」「光一くんの嘘偽りのない姿いいね(笑)」などの声も上がっていた。(modelpress編集部)

情報:文化放送

【Not Sponsored 記事】

アイドルファンの赤レンガ立入禁止はオタク差別?運営対応が物議

赤レンガ倉庫前の「立入禁止」貼り紙。写真はかもめ(@kamo_tes)さん

写真拡大


横浜・みなとみらいで開催されたイベント「アイドル横丁夏祭り」の運営が、会場近くにある「赤レンガ倉庫」館内への立入禁止を参加者に告知したことが、インターネット上で議論を呼んでいる。

「看過できない迷惑行為があったんだろ」と理解を示す声が出る一方で、「オタク差別では」と憤るユーザーも一部で出ているのだ。いったい、現場で何があったのか。J-CASTニュースが、運営側に聞くと…。

「一般の方のご迷惑になるため」

「アイドル横丁夏祭り」は、横浜赤レンガパークで2018年7月7〜8日に開催されたアイドル専門の野外フェス。「AKB48 チーム8」や「でんぱ組.inc」をはじめ、2日間で計150組以上が出演した大型イベントだ。

今回の騒動の発端は、ツイッターユーザーの男性(26)が8日に公開した1枚の写真だ。イベント会場とほぼ隣接した商業施設「赤レンガ倉庫」の入り口に、

「<アイドル横丁夏祭り2018のお客様へ>
一般の方のご迷惑になるため、
館内、立入禁止」

と書かれた貼り紙があったというのだ。写真を掲載した投稿には、「オタク人権なし」とのコメントも添えられていた。

写真をアップした男性は10日のJ-CASTニュースの取材に対し、貼り紙を発見したのは1号館の道路側入り口だと説明。自身も「アイドル横丁」に参加していたというが、立入禁止を呼び掛けた運営側の判断については、

「これは妥当な対応だなと思います。そもそもこの時期に来る一般の方が可哀想だなと思うくらいなので…」

とした。実際、物販やドリンクの販売コーナーは有料エリア外に設置されていたため、当日の赤レンガ倉庫付近は多くのアイドルファンと一般客が入り混じる状況だった。

ただ、貼り紙の内容については「『立入禁止』という言葉はちょっとキツイかなとは思いました」とも。「ご遠慮ください」であれば参加者の受ける印象も違ったのでは、と振り返っていた。

「立入禁止」告知の経緯は…

この貼り紙はネット上で話題となり、ツイッターやネット掲示板には「どれだけ迷惑かけていたんだ」「毅然とした対応を支持します」などと、運営側の対応に理解を示す反応が出ることに。

ただ一方で、「立入禁止」という強い語調に疑問を抱いたユーザーもいたようで、

「何か物買おうってのも駄目なのか? これは差別だろ」
「オタクへの偏見は本当に辞めてほしい」

と否定的な反応も寄せられ、議論を呼ぶことになった。

こうした貼り紙を掲出した事情について、J-CASTニュースが10日午後、「アイドル横丁夏祭り」主催側の担当者に取材すると、第一声で「あまりにも、一部の参加者のマナーが酷すぎたんです」と明かす。

「赤レンガ倉庫の館内で、勝手に座り込んで酒盛りをする集団がいたのです。スタッフも巡回し、発見の度に個々に注意をしていたのですが、一部の参加者による迷惑行為は全く収まりませんでした。
イベント当日は快晴で気温も高く、日除けのため館内で休むくらいであれば、こちらとしても強く注意するつもりはありませんでした。しかし、酒盛り集団のほかにも、大声で騒ぐ参加者もいました。実際、一般客だけでなく館内のテナントからも、運営側に苦情が出ていたのです」

「ここまで酷い事態は初めて」

この担当者によれば、貼り紙はイベント最終日の8日午後から掲出開始。赤レンガパークでの開催は今年で3年目になるが、「過去2年のイベントでも、館内での座り込み行為などはあったのですが、流石にここまで酷い事態は初めてです」とした。

その上で担当者は、「マナーをきちんと守って頂いた参加者の皆さんには、貼り紙で不快な思いをさせてしまったかもしれません」。だが続けて、

「こうした事態が続けば、今後赤レンガ側が会場を貸してくれなくなる可能性もありますし、運営側としてはあのようにせざるを得ませんでした。どうか、皆さんにご理解を頂ければと思います」

とも訴えていた。

音楽活動の再開が決定した山下智久 約4年ぶりのアルバムも発売へ

音楽活動を再開する山下智久

写真拡大


 俳優で歌手の山下智久(33)が、音楽活動を再開することが決定した。ソニー・ミュージックレーベル図のSMEレコーズに所属し、今年9月から2年ぶりとなる全国ツアーを開催、年末には約4年ぶりとなるオリジナルアルバムも発売する。

【写真】山下智久『anan』表紙に登場

 山下は「いろんな世界でいろんな音楽に出会い、触れてきました。俳優業でも多くの事をインプットさせていただきました。これを良い音楽としてアウトプットしていきたいです。30代の今の僕が、カッコ良い・すてきと思える音楽を、責任を持ってファンの方達に届けて行きたいです」と気合十分。

 ライブについても「他の何物にも変えられないすてきで大切な時間。常に変わり続け吸収し続けるライブにしていきたいと思います」と意気込む。全国ツアーは9月21日の千葉・市原市市民会館大ホールを皮切りに、全15会場32公演で開催し、総動員数は11.5万人の見込み。

 山下のオリジナルアルバムは、2014年10月発売『YOU』以来。

鈴木亜美の食生活に驚き「みそ汁一杯につき一味を一本」

鈴木亜美【錦怜那】

写真拡大


 歌手の鈴木亜美が10日、都内で行われた「ジューシーフェイスヨガsupported by ear up」体験イベントに登壇した。

 鈴木といえば、最近は“激辛女王”としてテレビのバラエティ番組に出演し、激辛メニューを笑顔で平らげている姿が印象的だが、自身にとっては新しい一面のようで、「小学生の頃から辛いものは好きだったけど、テレビで自分だけが笑ってぺろぺろ食べているとは思わなかったので驚いています」と告白。

 とはいえ、家では「旦那さんがまったくダメなので、自分だけ別のお皿に(料理を)盛って、デスソースとかタバスコとか、そのままの唐辛子を乗せたりして食べています」と明かすと、「普通バージョンのものを作って、みんなによそって、最後にそういう(辛い)ものを徹底的に入れて煮詰める」という調理方法があることも紹介。さらに、みそ汁一杯につき、卓上瓶の一味を一本使うそうで、「すぐになくなっちゃうので箱買いするけど、1週間くらいでほぼ消えます」と話して、報道陣を驚かせた。

 しかし、一児のママにして抜群のスタイルをキープしているのは激辛料理のおかげでもあるようで、「食べた瞬間から(肌も)テッカンテッカン!」と喜び、自身の体は「カプサイシン98%、水2%くらい」と推測して、会場の笑いを誘った。

 また、1歳半の息子の話に及ぶと、「どんどん大きくなって、力も強くなって、気づいたら身体中アザだらけだけど、わんぱくで元気なので頼もしい」と母の顔もチラリ。そして、「わたしだけデート気分で、普段からお出かけしています」とも嬉しそうだが、「最近、わたしのことなんだな…気づいたのが、『ママ』じゃなくて『ばぁば』って呼ばれている」と打ち明け、「ショックです」と肩を落とす場面もあった。

 「ジューシーフェイスヨガ」は、エイベックスビューティーメソッドが手がける美顔器「イヤーアップ」を装着し、長い呼吸や身体を大きく丁寧に使うことで新鮮な体液をめぐらせ、内面も外見もとれたて果物や野菜のようなジューシーさを目指すもの。鈴木は「きゅっと口元が上がった、みずみずしい女性の象徴」としてスペシャルサポーターに就任し、この日は、ヨガ講師・城所恵美の指導のもと、ジューシーフェイスヨガを体験した。

尾崎ナナが第1子を出産 夫で俳優の平沼紀久が自身のブログで発表

第1子男児を出産した尾崎ナナ(左)と夫の平沼紀久

写真拡大


 タレントの尾崎ナナ(35)の夫で俳優・脚本家の平沼紀久(41)が10日、自身のブログやインスタグラムを更新し、第1子男児誕生を報告した。

【写真】尾崎ナナが“大胆”ポーズ

 ブログで平沼は息子を抱く写真を添え「父になりました!! 元気な男の子です」と報告し「無事に元気に産まれてきてくれた事、頑張ってくれた妻、全てに感謝です!!」と、妻・尾崎に感謝。

 続けて「新米父ちゃんのスタートです。今まで以上に頑張っていきます!!」と決意を新たにし「父ちゃん、今まで以上に頑張るぜ 健康に育ってくれな!! デレデレです! ずっーと側にいて見ていたい。。あー全然仕事にならないぜwww 育児休暇だな、こりゃ(笑)」と喜びを爆発させている。

 2人は2015年12月に結婚し、今年2月に妊娠を発表。「本当に夫婦共々幸せな気持ちでいっぱいです」と心境をつづっていた。

ロシアW杯 サッカー日本代表「泣かせる話」ハットトリック(5)DF昌子源はプロ入りも危うかった

ロシアW杯 サッカー日本代表「泣かせる話」ハットトリック(5)DF昌子源はプロ入りも危うかった

写真拡大


 初戦と2試合目で先発した唯一のJリーガー・DF昌子源(25)は、各国のエースを封じ込め、海外クラブの評価も急上昇中だが、高校入学当初はプロ入りすら「ありえない」選手だった。

「米子北高校に進学した時はFWでしたが、高1の夏に練習試合でDFの選手が負傷。たまたま監督のそばにいた昌子に声が掛かり、センターバックで出場したんです。未経験なのに相手選手に仕事をさせず、DFへのコンバートを命じられました。FWに未練があった昌子は納得できず、練習中にFWのグループに交ざっていたら、『センターバックやるか、一生走るか』と監督に怒られたんです」(サッカーライター)

 嫌々ながらDFを続けるうちに、年代別代表に選ばれ、高校卒業後には鹿島アントラーズに入団するまでに成長。だが、プロデビュー目前に悲報が届く。

「サッカー部時代のチームメイトが交通事故で亡くなったんです。昌子は告別式に参列して、遺影の前でプロで活躍することを誓っています。W杯のピッチに立てたのも、自分の力だけではない、との強い思いで挑んでいるそうです」(サッカーライター)

 鹿島で昌子とCBコンビを組み、日本代表での活躍が期待されたのは、DF植田直通(23)。小学校時代はテコンドー全国3位の実績を持ち、武闘派として鳴らしている。

「ふだんから口数の少ない寡黙なタイプ。相手チームにナメられないように常に戦闘モードを崩さず、試合会場で笑顔を見せないようにしています」(スポーツ紙記者)

 取材記者たちもビビッてなかなか声をかけられないコワモテの植田だが、16年4月16日の湘南ベルマーレ戦後の勝利インタビューで、目頭を押さえて男泣きする場面が目撃された。

「熊本地震の2日後に行われた試合で、熊本出身の植田は感極まって言葉に詰まりました。チームに被災地の支援活動を直訴して、湘南戦の2日後には鹿島のメンバーと一緒に、現地で水や食料を配っています」

 熊本地震から2年が過ぎたが、これには後日談がある。

「植田は今も支援活動を継続しています。それを小耳に挟んだマスコミが質問すると、『それは公にすることではないので』と丁寧な口調で断りました。美談にされるのを嫌がり、自分だけの思いとして留めておきたいようです」(サッカーライター)

 日本代表戦士たちは、ピッチ外でも感涙ドラマの主人公だった。

綾瀬はるかも絶句?「半分、青い。」佐藤健への辛辣発言に視聴者がドン引き!

綾瀬はるかも絶句?「半分、青い。」佐藤健への辛辣発言に視聴者がドン引き!

写真拡大


 7月5日に放送された永野芽郁主演の朝ドラ「半分、青い。」(NHK)第82話の視聴率が、23.2%だったことがわかった。この数字は、大阪地震の影響で放送が1日延びた6月19日に並ぶ、最高視聴率だという。

「視聴者から大好評のうちに漫画家編が終了し、今回から新章『人生・怒涛編』がスタートしました。出演者もガラリと変わり、新章では映画監督役の斎藤工と、その弟子の間宮祥太朗。そしてキムラ緑子、麻生祐未、須藤理彩演じる謎の3姉妹が次々と登場したため、視聴者から大きな注目を集めたようです」(テレビ誌記者)

 今後も最終回に向けて、さらなる高視聴率が予想される。だが、ドラマの視聴率や世間の評価は好調である一方、脚本家・北川悦吏子によるツイッターの発言には、疑問の声が多く寄せられているという。

「北川氏は7月4日のツイッターで、最近、ドラマに登場していない佐藤健演じる律について触れ、『みなさん、そろそろ律に会いたくないですか? そんなことは、ないんですか? TBS見ればいいんですか? 私は、見ませんよ』と、7月から佐藤が出演する綾瀬はるか主演のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)に関するものと思われる内容をツイート。これに対し一部視聴者は『わざわざ見ないとか言う必要ある? “みんなも見ないよね?”って言ってるように感じる。主演の綾瀬はるかもこの発言を知ったらビックリするかも』『自分の作り上げた人物を真摯に演じてくれた俳優に失礼では?』『あなたの作品が大好きなファンを、これ以上ドン引きさせないで!』と辛辣な意見が殺到しました」(前出・テレビ誌記者)

 その後、炎上を察知してか北川は「私は自分がその人を書いている時、その人の他の作品は一切見ません。健くんの『いぬやしき』も見ていません(興味あるけど)。なぜなら自分の書く役が揺らぐから(略)」と説明。見ないという選択は彼女の創作に対するスタイルのようだが、今回はそれを公言したことで、一部視聴者の反感を買ってしまったようだ。