0年 0月 の投稿一覧

明石家さんま、時代錯誤な価値観の露呈を連発で「ズレてきてる?」の声

明石家さんま、時代錯誤な価値観の露呈を連発で「ズレてきてる?」の声

写真拡大


“好きなお笑い芸人”ランキングで上位をキープし続ける明石家さんまにも、徐々に“老害”との指摘が多く浴びせられるようになった。

 息継ぎする間さえも与えず、自身の冠番組を訪れたあらゆるゲストを片っ端からいじり倒していく“お笑い怪獣”と称されるさんまだが、彼の変わらない価値観や哲学と、視聴者の一般的な考え方との間には、無視できない溝が広がりつつあるようだ。

 8月7日、自身が進行を務める「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)では、フィギュアスケーターの村上佳菜子が、大して面識もない人間からお酒に酔った勢いで軽々しく話しかけることについて「“佳菜子?! 元気ぃ???”みたいな感じで近寄ってきて、それがすごく嫌だった」と告白すると、それに対してさんまは「酔うてるからええやないかい」と反論。

 さらに「イェーイ!って言われたら、イェーイ!って返せばええ」と続け、23歳の村上による悩みを63歳のさんまには理解することが困難だった様子だ。

「さんまは剛力彩芽に熱愛が発覚した際にも、“剛力は自分を見失ってる”“まだ結婚した訳じゃないからわからん”などとボヤき、冗談とマジの境目が不明瞭な愚痴のトークを展開しました。先日も『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、取り放題・食べ放題のバイキング形式では“別に食べ残したっていい”といった旨の主張を繰り広げるなど、時代錯誤とも思える価値観を露呈。今回村上に発した“酔ってるからええやん”との考え方も現在の女性にとっては理解し難い発言にもなり得ますね」(テレビ誌ライター)

 なお、ネット上では村上を憐れむ声が多く、「(さんまは)ネタと思えない本気発言が多すぎてちょっと引く」「さんまさん最近あかんな。ズレてきてる」との反応が集まり、中には「さんまが最近ひどくなったわけじゃない。時代が変わって、さんまが昔から変わってないだけ」というツッコミも出ている。

 一直線にお笑い道を突き進んできたさんまだが、あまりにも真っ直ぐすぎてしまったことで、現在では柔軟な変化や対応が求められているのかもしれない。

(木村慎吾)

尼神インター誠子「美人の妹にガン無視され続けた」黒歴史とは?

尼神インター誠子「美人の妹にガン無視され続けた」黒歴史とは?

写真拡大


 活動拠点だった関西に別れを告げて、東京へ進出。またたく間に大人気女性漫才コンビとなった尼神インター。元大工でヤンキーっぽい渚と、先輩芸人の130R・ほんこんにそっくりな誠子のコンビだ。

 体を張った企画も辞さない誠子は、明石家さんまやダウンタウン、とんねるずやウッチャンナンチャンほか、多くの大御所のハートをつかんでいる。トーク、リアクション、実話、漫才も申し分ない。しかしこの誠子、芸人になる前は、家族に無視されていたという。

「彼女には、2歳年下で、双子の妹がいます。その妹2人はスリムで美人。誠子と大違い。中学生になると誠子は太りはじめ、妹たちと圧倒的な差が出てしまい、以降の6年間は無視されっぱなし。たまに話しかけられるのは、『ハズいねん』。関西弁でいう『恥ずかしい』でした」(エンタメ誌ライター)

 誠子は妹たちから「お姉ちゃん」と呼ばれたことがなかった。実の母は、そんな姉妹関係をとがめることをせず、むしろ加担。妹の誕生日は派手に祝うが、誠子の場合は3年に1度しか祝わなかったという。

「ところが芸人になってからは、妹たちに変化があったそうです。『チュートリアルの徳井に会わせて』『さんまさんに会いたい』など、向こうのほうから話してくるようになったそうです。関西でテレビに出られるようになった頃には、『俳優に知り合い、おらんの?』『カッコええ芸人を紹介して』『私もテレビに出してーや』と歩み寄り。そこで誠子は昨年の夏、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出たとき、本番中に妹に電話をかけて、司会の雨上がり決死隊・宮迫博之さんと話をさせるという大胆な行動に出ています」(前出・エンタメ誌ライター)

 妹たちと母からバカにされ続けたことを糧にして、芸人として花開いた誠子。苦境を笑いに替えることに成功した。これでイケメンと恋に発展したら、完全なる勝ち組になれるが、はたして…。

(北村ともこ)

「パワハラ寸前?」小島よしおが明かした下積み時代告白に投げかけられた“疑問”

「パワハラ寸前?」小島よしおが明かした下積み時代告白に投げかけられた“疑問”

写真拡大


 お笑いタレントの小島よしおが8月9日に配信された「東スポWeb」の「小島よしおの履歴書(連載9)」の中で、売れない下積み時代を回想、先輩芸人からの過度な束縛の日々を明かしている。

 記事内では、2006年に合コンで知り合って以来プライベートで世話になったという先輩芸人・東京ダイナマイトの松田大輔とのエピソードを披露。自宅が近かったことからアルバイト中にも飲み会の“臨時招集”が頻繁にかかり、職場を抜け出さざるを得なかった経験や、合鍵を作られ様々な先輩芸人に日替わりで訪問された過去などが紹介され、同時に芸人として即座のレスポンスを施すことの重要性を学んだとも綴られている。

「ブレイクできずに悩む芸人が、“世話役の先輩”と密接に過ごし、その懐にうまく付け入るというのはよく語られるケースであり、今回も松田を責めるというテイストではなく、“あの頃があるから今がある”といったような雰囲気で語られており、食事代も松田ら先輩芸人のおかげでゼロだったと振り返っています。一見、美談のように思える連載となりましたが、ネット上では『鍛えられたのは確かだけど飲み会のためにバイト抜けるのはおかしい』『こういう意味不明な先輩風吹かす奴って最低』『食費出してもらってもバイト抜けてたらトントンじゃない?』とのツッコミが寄せられ、モラルに反する上下関係に違和感を覚えるファンもいますね」(テレビ誌ライター)

 芸人界の売れない頃からの仲良し“師弟コンビ”といえば、他にもくりぃむしちゅー有田哲平とアンタッチャブル山崎弘也が有名で、有田が一時期同じマンション内の別部屋に住むようザキヤマに指示し、自身がテレビゲームをしているのを「横で見ててくれ」という謎の先輩命令を出したことも知られている。

 一般人にはなかなか理解しづらい芸人の世界における絆や友情。もちろんバイトを抜け出すのは言語道断だが、バイトに精を出し過ぎてもエンエンとブレイクの機会を逃してしまうという事情もあるため、そのバランスをうまく保つことが求められるのだろうか。

(木村慎吾)

テレ朝小川彩佳アナ、「報ステ降板」は「ハラスメント事件」への抗議だった!?

テレ朝小川彩佳アナ、「報ステ降板」は「ハラスメント事件」への抗議だった!?

写真拡大


 今年9月末でテレビ朝日系「報道ステーション」のサブキャスターを降板する同局の小川彩佳アナ。

 10月からは同局出身でフリーアナウンサーとして活動する徳永有美がMCとして「報ステ」に加入することとなり、今後、小川アナはAbemaTVの報道番組にコンバートされるという。そんな小川アナの突然の降板に同局内でも驚きが広がっている。

 同局関係者が証言する。

「小川アナは『報ステの顔』。“寿退社”でもしない限り、いずれ富川悠太アナに代わって彼女がMCに昇格するのではとの見方もあったぐらいです。さらには、交際していた嵐の櫻井翔とも破局しているという。ハッキリ言って“ありえない異動”ですよ」

 また「徳永アナを抜擢する理由も謎ですね」と首を傾げる同関係者はこうも言う。

「『AbemaTV』の番組で徳永アナの司会が好評だとは聞いていましたが、小川アナを降ろしてまで『報ステ』で使う理由がわからない。何かウラがあるのは間違いありません」

 今回のキャスティングに関して『徳永アナの夫である内村光良と局の関係が影響しているのでは』と一部で報じられているが、同関係者は「『小川アナが降板を申し入れた』と見る向きが多いですね」と明かす。

「少なくとも背景にあるのが『性的ハラスメント事件に関する局の対応』への不満でしょうね。今年4月、テレ朝の女性記者が財務省事務次官から性的ハラスメントを受けていた事件がありましたが、局に対しても『隠ぺいしていた』との批判が上がりました。『報ステ』でもとりわけ険しい表情で報じたように、局の姿勢に小川アナは憤りを抱いていた。今回の降板に繋がったとしてもおかしくありません」

 果たして真相は──。

(白川健一)

吉岡里帆主演ドラマが当たらないワケは「女性をイラッとさせる」から!?

吉岡里帆主演ドラマが当たらないワケは「女性をイラッとさせる」から!?

写真拡大


 今季の夏ドラマは軒並み視聴率15%割れ、文字通りカラッカラの夏枯れドラマ不振が続いている。中でも、初回から5.5%とゴールデン枠ドラマの危険水域を低滑空しているのが、「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)だ。

 芸能デスクが説明する。

「前クールの「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で再ブレイク中のあの田中圭の人気をもってしても、全く人気に火がつかないのは、ひとえに主演・吉岡里帆の人気のなさのせいだと責任問題になっています」

 吉岡にとっては、1月ドラマ「君が心に棲みついた」(TBS系)に続き、2作目の主演となるが、視聴率は前作を下回る低調ぶりなのだ。本人は念願の社会派ドラマに出演できた喜びを語っていたのだが…。

「これまで『ゆとりですがなにか』(日テレ系)や『カルテット』(TBS系)では脇役ながら一見普通に見えるが内には狂気を秘めた女性の役をみごとに演じ脚本家に認められ、主演を勝ち取った吉岡ですが、今回の役柄は前作の衣料会社OLに続いて、公務員役という等身大の役柄です。普通なら働く女性から共感を得られる役柄のはずですが、演技派の吉岡が完璧に演じると、『マジメすぎて周りが見えない』『ただおもしろくもない正論ばかりを主張する』と女性をイラッとさせてしまうようです。このままでは女性不人気キャラが定着してしまうかも」(前出・デスク)

 演技派がアダに!?吉岡が主演で復調するには、男子目線を意識してかつての水着グラビアで見せたナイスボディでアピールするか、それとも嫌われキャラを生かして尾野真千子のようにイジメ役に転じるべきかも!?

(写真:パシャ)

テレ東「東京湾大調査」世界3例目となる深海魚を発見

「東京湾大調査3〜全800種!激レアから猛毒までお魚コンプリート〜」で発見された世界3例目となる深海魚「ナツシマチョウジャゲンゲ」(C)テレビ東京

写真拡大


 テレビ東京は14日放送の特番「東京湾大調査3〜全800種!激レアから猛毒までお魚コンプリート〜」(後6・55)で、世界3例目となる珍しい深海魚「ナツシマチョウジャゲンゲ」を発見したと発表した。昨年9月、今年1月のオンエアに続く好評第3弾。過去2回、東京湾初確認となる生物を捕獲し、話題を呼んだが、またも大発見となった。

 第1弾は本来、南日本の内湾や汽水湖で揚がる魚「ヒメコトヒキ」(スズキ目シマイサキ科)、第2弾は本来、南日本、東シナ海、中国沿岸で揚がる魚「クログチ」(スズキ目ニベ科)が東京湾初確認。

 今回は、東京湾唯一の深海漁を行う伝説の漁師の「深海刺し網漁」に密着。最も深いという東京湾海底谷で、世界3例目となる「ナツシマチョウジャゲンゲ」が見つかる。さらに東京湾初発見となる「ヒゲキホウボウ」「ヒウチダイ」「ナンヨウキンメ」が続々と現れた。

 「ナツシマチョウジャゲンゲ」(スズキ目ゲンゲ科)は2009年に相模湾沖で発見され、新種登録された深海魚。昨年3月には、沼津港深海水族館(静岡県沼津市)が2匹捕獲し、展示。底引き網漁の網に引っ掛かり、漁船に乗っていた水族館員が見つけた。体は赤く細長く、体長約15センチ。世界中の水族館を見渡しても、生きた状態で展示された例はないという。今回が3例目になる。

 また、東京湾にも存在するサンゴ礁を徹底的に調べるため、AKB48の大家志津香(26)が自ら潜水。すると、2015年に東京湾で明治時代の1880年以来135年ぶりに発見された甲殻類「ムギワラエビ」を確認。15年以降、見つかったという報告がなく、絶滅したと思われていたが、今回、その姿をとらえた。

 他に、世界有数の混雑海域となっている東京湾をパトロールする海上保安庁の巡視船にテレビ初の完全密着などを敢行する。

 【MC】メイプル超合金(カズレーザー、安藤なつ)【スタジオゲスト】つるの剛士、大家志津香(AKB48)【リポーター】U字工事、ボビー・オロゴン

安室奈美恵が沖縄観光振興に無償協力 引退までの期間限定

安室奈美恵が故郷・沖縄の海で撮影したポスタービジュアル

写真拡大


 9月16日で引退する歌手・安室奈美恵が、故郷・沖縄の観光ブランド『Be.Okinawa』のプロモーションに無償で協力することが14日、わかった。沖縄県文化観光スポーツ部観光振興課が発表した。

【画像】メッセージ&サイン入りのブックレット

 安室は5月23日に県民栄誉賞を受賞した際、「沖縄は私にとって、とてもやさしい場所。時には厳しくもあるけど、それさえ優しさだとわかります。帰ってくるたびに、いつも初心に戻してくれる、自分にとっては、とても落ち着ける場所です」とコメントした。

 この内容が「美しい自然とあたたかい人たちに囲まれて、本当の自分を取り戻せる島」を意味する『Be.Okinawa』のコンセプトと一致することから、沖縄県は安室に同プロジェクトのプロモーションキャンペーンへの協力を打診。故郷への感謝と貢献したいとの気持ちから無償で引き受けた。

 安室は今月16日から引退日の9月16日まで期間限定でキャンペーンに協力。BGMとして人気曲「Tempest」を提供したブランドムービーが16日午前9時から公開スタートするほか、国内向け施策として、美しい沖縄の海で撮影された安室の写真を使用したポスターやブックレットを制作。安室自身がセレクトした「ぬちぐすいの島はいつだってあなたをあたたかく迎える。」とのメッセージが添えられている。“ぬちぐすい”は沖縄の言葉で「命の薬、薬になるくらいおいしい」などを意味する。

 ブランドムービーは『Be.Okinawa』公式ホームページのほか、東京・池袋サンシャインシティのサンシャインビジョン(サンシャイン60通り沿い)および噴水広場大型ビジョン(専門店街アルパB1)で放映。そのほか、東京・代官山 蔦屋書店、大阪・梅田 蔦屋書店でもキャンペーンを展開する。

■『Be.Okinawa』公式ホームページ
http://beokinawa.jp/jp/

剛力彩芽とはあちゅう氏が初対面でランチ 互いの印象を語る

剛力彩芽とはあちゅうが初対面、互いの印象語る

写真拡大


女優の剛力彩芽(25歳)が8月14日、自身のInstagramで、ブロガー・作家のはあちゅうと初めて会ったことを報告している。

剛力はこの日、「はあちゅうさんとランチしてきました」と、ツーショット写真を添えてファンに報告。そして「初めてお逢いしたのですが笑顔がキラキラと輝いていて とても柔らかい空気と優しさで そっと包み込んでくれるような方。今もまだ心が優しさに包まれてる、、幸せオーラいっぱいでした いろいろお話しさせていただいて勉強になることたくさんです! すっごく楽しい貴重な時間でした」と、はあちゅうの印象をつづった。  

また、はあちゅうもTwitterを更新。「剛力彩芽ちゃんとランチ 余韻がコスモスみたいな子だなぁ〜とふと思いコスモスの花言葉を調べてみたら『乙女の純潔、謙虚』だった 前澤さんの撮る彩芽ちゃんも可愛いけど、私が撮る彩芽ちゃんも相当可愛くないですか。 #俺の彩芽 ってハッシュタグ作りたくなった」と、こちらも剛力の印象をつづっている。

この初顔合わせとなった2人のショットに、ファンからは「おふたりとも笑顔が素敵!!」「幸せそうなお二人」「お2人とも、幸せに満ち溢れていますねっ」などの反響が寄せられている。

絶対零度6話、闇の仕置人の正体に衝撃 「最終回並のどんでん返し」

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』主演の沢村一樹 クランクイン!

写真拡大


 俳優の沢村一樹が主演のドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第6話が13日に放送され、これまでドラマに度々登場してきた“闇の仕置人”の正体が明かされた。視聴者からは「最終回なみのどんでん返し」「衝撃」などの声がSNSに殺到した。

【写真】「平田満」フォトギャラリー

 ミハンチームが捜査した事件の関係者3名が、不審な出来事に巻き込まれたことが発覚。3名は、いずれも法で裁けなかった悪人たち。チームは真相解明のために捜査を開始する。ほどなく井沢(沢村)たちは、防犯カメラの映像などから一台の不審車にたどり着く。だがその所有者に関する個人情報は改ざんされているようだった。

 一方、捜査一課の早川(マギー)は、殺害現場付近で不審な男を見たという目撃者を見つけ、犯人の似顔絵を作成。できあがった犯人の似顔絵は、井沢(沢村)そっくりの顔だった。ほどなく井沢は、関係者殺害の重要参考人として取り調べを受けることになり…。

 取り調べを受けていた井沢は、東堂(伊藤淳史)との面会を要求。取調室にやってきた東堂に対して、井沢は容疑を否定する。ミハンの情報を熟知し、犯罪者に強い憎しみを持つ事件の犯人像について話題が及ぶと、井沢は東堂に疑いの目を向ける。このシーンに視聴者は「井沢さんじゃなかったら誰なんだ」「井沢さんは露骨に怪しいからシロかなあ」などの声がSNSに投稿された。

 井沢の様子に何かを察知した東堂は、彼を解放し捜査を続行。捜査の末に真犯人が、各部署をたらい回しにされ、ミハンチームにたどり着いた田村(平田満)であることが発覚する。田村は、幼少期の東堂が被害を負った「練馬台無差別殺傷事件」で妻を亡くしていたのだった。容疑者が二転三転し、たどり着いた意外な結末にネット上は「衝撃」「最終回なみのどんでん返しで…ヤバかった…」「やられました〜!!」といった反響が。

 またこれまで井沢が真犯人では? と感じていた視聴者からは「疑ってごめんなさい」「井沢さんじゃなくて良かった」などのツイートも寄せられた。

松井玲奈「なんとなくの横顔」公開 「天使のよう」など称賛の声

【詳細】他の写真はこちら

■「ファンクラブライブが近づいております。急ピッチで歌詞を覚え、歌を練習し、ギターもやってるけど、ま、間に合わせなくちゃ」(松井玲奈

女優の松井玲奈が、8月13日、アメーバオフィシャルブログを更新。“意味の無い、なんとなくの横顔”公開し、ファンから「横顔までも美しい」「上品」と話題を呼んでいる。

「8/13」と題して更新したアメブロは、

「ひとつ作品が終わりました。

初めましてがあって、また自分もお芝居も考えるきっかけがもらえました。

撮影はスケジュールが久しぶりに大変で、目が回りそうだったけど、最後は笑って終われたから良かったな。

来年になると思いますが、

観ていただけるのを楽しみにしています」

と近況の報告。

続けて、

「ファンクラブライブが近づいております。

急ピッチで歌詞を覚え、歌を練習し、ギターもやってるけど、ま、間に合わせなくちゃ」

と、9月2日からスタートする『松井玲奈ファンクラブライブ“SPICA TOUR 2018”』について触れ、

「リハがもうすぐ始まります。

リハは楽しみだなー。

やっと歌うことが楽しくなったから、全力で今年は楽しみたい!」

と意気込みを綴った。

アメブロ最後は、

「意味の無い、なんとなくの横顔ー 笑」

「髪の毛伸びましたね。私」

と綴り、横顔写真を公開し締めくくっている。

横顔写真にファンからは、

「横顔までも美しい」

「横顔もまた素敵」

「爽やかな横顔」

「横顔も上品だね!」

「“天使”のようにキュートで晴れやかな玲奈さんの横顔」

「自然な横顔が良いですね!」

「めっちゃめちゃかわいいー」

「かわいい横顔」

と称賛の声が殺到したり、

「歌声を早く聴きたい」

「最高のライブになるように一緒に楽しもう」

「楽しみ〜」

「もうわくわくが止まらないぜ(笑)」

「歌にギター楽しみにしてる」

「ライブ期待!」

「9月が待ち遠しい」

と、ファンクラブイベントを楽しみにしている声などが相次いでいる。

松井は、女優の安藤サクラが主演する次期NHK連続テレビ小説『まんぷく』(10月1日スタート、月〜土曜前8時)の追加キャストに決定。同ドラマは、今や私たちの生活に欠かせないものとなった「インスタントラーメン」を生み出した、日清食品創業者の安藤百福(あんどう・ももふく)と、妻の仁子(まさこ)の知られざる半生をモデルにした作品。何度も失敗してはどん底から立ち上がる“敗者復活戦”を繰り返した末、ふたりは世紀の大発明へとたどりつく。人生大逆転の成功物語だ。

イベント情報

松井玲奈 ファンクラブライブ“SPICA TOUR 2018”

09/02(日)東京・マイナビBLITZ赤坂

09/09(日)大阪・梅田CLUB QUATTRO

09/15(土)福岡・福岡DRUM Be-1

09/16(日)愛知・名古屋ダイヤモンドホール

松井玲奈オフィシャルブログ Powered bya Ameba:記事タイトル「8/13」

https://ameblo.jp/rena-matsui-official/entry-12397618363.html

『まんぷく』番組サイト

http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/tag/index.html?i=12332

松井玲奈 Twitter

https://twitter.com/renampme