0年 0月 の投稿一覧

おかべろ、関西ならではのゆるさが魅力?新鮮な「ボケ」2人のMC

懐かしの「たかじんnoばぁ〜」に似たセットに、「おかべろ」という「せんべろ」(1000円でべろべろになるまで酔うこと)に似たタイトルで、てっきり、いま流行の酒飲み番組かと思ったら、そうではないらしい。この日のゲストの吉本新喜劇座長・小籔千豊、川畑泰史の2人はお水とお茶を所望し、アルコール摂取度はゼロ。
不思議に思って、番組サイトで確認すると、「岡村隆史がおしゃべりでゲストをべろべろに酔わすトークバラエティ番組」とあった。とはいえ、岡村も、もうひとりのレギュラーのロンブー田村亮も、コンビの時は相方(矢部浩之と田村淳)がMC担当だし、そもそもが自分から前に前にと出るタイプではない。酒の勢いでも借りない限り、トーク番組として成立しないのではないかという疑問が沸く。
それでも、よく喋るゲストだったのでちゃんと成り立っていた。阿川佐和子の大ベストセラー「聞く力」ではないが、余計なことを喋らないMCというのは逆に新鮮である。今のテレビはツッコミがMCの番組だらけで、おっかなくってありゃしないが、ボケ2人がMCになるとこうも穏やかで優しい気持ちになるのかと実感する。
途中で、間寛平と村上ショージによる街ロケもある。ベテランの2人がロケに出るというのは珍しい。しかも、2人ともなかなかのポンコツぶりでこれが結構面白い。関西テレビ制作。ゆる〜い感じは関西ならでは。坂上忍頼みのフジテレビは関テレに学ぶべき。(放送2018年8月8日0時25分〜)

(白蘭)

矢口真里、悲壮感あふれるエピソード暴露 「全員に嫌われてる」

 8日、『 矢口真里の火曜The NIGHT 』(AbemaTV)が放送された。矢口真里と芸人の岡野陽一がMCを務め、アイドルをスタジオに招いて本音を引き出すトークバラエティ番組だ。

 通常は岡野考案のミニゲームでアイドルと対戦する「アイドルと夜遊び」のコーナーだが、この日はゲストの神使轟く、激情の如く。が考案し、移動中もよくやっているというオリジナルゲーム“死ぬこと以外怖くはねぇゲーム”で対戦することに。

 実久里ことのわく、神激には「新世代エクソダス」という“死ぬこと以外怖くはねぇ”と叫ぶ歌があり、そのリズムに合わせて自分の恥ずかしい話や失敗話など、日々の生活の中で「死ぬこと以外怖くはないな」と思ったことを実際に言い合うというゲームだという。

 しかし、いまいちルールにピンとこないうえに「ちょームズいって!」と自信なさげな矢口と岡野のために、一度メンバーだけで見本を見せてもらうことになった。

「親にお迎え来てもらって 車に乗ろうとしたらさぁ 全然違う人の車だった」

「インナーカラーを染め直した Twitterで見たオタクから『ちょっとハゲた?』ってリプが来た」

 などなど、メンバーは独特のリズムに乗せた“死ぬこと以外怖くはねぇエピソード”をレクチャー。岡野は大まかなルールこそ把握したものの「タイミングが分からない!」とうろたえたが、とにかく挑戦してみることに。

 神激メンバーが「見なきゃいい話なんだけどさぁ ちょっとだけ掲示板覗いたら 悪口いっぱい書かれてた」「お兄ちゃんの部屋を探検 引き出しからエロ本出てきた 好きなのはロリ貧乳だった」といったエピソードをリズムに乗せて披露する中、ついに矢口のターンが。

 緊張した様子の矢口は、たどたどしく「何かの番組でねぇ 主婦に『全員に嫌われてるよ』って言ったんだよ そしたら『主婦だけじゃねぇよ!』って返ってきたよ」と、ゲームに乗じて悲壮感あふれるエピソードを明かしていた。

▶︎『矢口真里の火曜The NIGHT』はAbemaビデオにて限定無料配信中

(C)AbemaTV

輝く!有名人スキャンダル大賞2018上半期(2)「たけし独立」に謎の忖度

輝く!有名人スキャンダル大賞2018上半期(2)「たけし独立」に謎の忖度

写真拡大


玉 日大アメフトもレスリング協会のパワハラもすっかり風化したな。

水 レスリング協会みたいなのは、地方では当たり前だけどね。パワハラと人脈で、有力者がいてさ。

玉 回し合いだろ。

水 そう。持ちつ持たれつで、少々の不正には目をつぶり、権力とカネの回し合いってのは普通のこと。その巨大版が日大だから。

宇 完全にムラ社会だ。

玉 不思議だったのは栄監督の横に、なぜ千原せいじがいたのか?

水 せいじの人脈、ホントに凄いわ。あんなに親しげにしゃべんないよ、初対面でね。

玉 麿(登坂淳一)だって、セクハラでミソ付いちゃって、売り物にならない。

水 この世界、セクハラだけはご法度。ダンカンさんは「もう若い女と口をきかない」って言ってるよ(笑)。ダンカンさんの存在自体がパワハラ&セクハラの鬼だから。

宇 急激に、世界的にそういう流れになったからね。

玉 その中でだよ、かつてセクハラで問題になったフジテレビの長坂哲夫。飛ばされちゃったんだけど、この間の大阪地震でレポーターがいなくなっちゃって、「お前、出ろ」って言われてしゃべった。いよいよ復活かと、(フリーをもくろんで)他局に売り込んでみたものの、「いらねえ」と断られたという噂も(笑)。

水 要は辞めさせられないんだな。だから、ずっといる。メチャクチャ酒癖悪いという説もあるし。

吉 それで飼い殺しにされて。

玉 アナ時代のワールドカップの実況は、かなり評価されてたんだけどね。

宇 でも、ヘタにおっぽり出すと、(長谷川)豊のように。

玉 また出てきたよー。

吉 何するかわかんない。事あるごとにフジの悪口に持っていく。

宇 下手に辞めさせられないのは、彼の前例じゃないかな。

水 美川憲一が年齢詐称。

吉 最高にいい話でしたね。

水 冠二郎以来の二重詐称。みんな頭に目がいってるけど、実は年齢だった(笑)。

吉 ケガした時のレントゲン写真をマスコミに流したら、そこに生年月日が書いてあったからバレた。でも、71と73の違いって、どうでもいいじゃないかと思うんですけど(笑)。

宇 オスカープロから社員が大量退社。

水 本当に芸能界って変わったよ。オフィス北野の俺が言うのもなんだけど。

宇 「グッディ」にオフィス北野のニセ社員が登場。

玉 そいつ、森社長のこと、「オヤジ」と呼んでウソがバレた。うちの会社でそんな社員は1人もいないよ。

水 その呼び方するのは、北島音楽事務所だけだから。

宇 あれっ? 皆さんの「お家騒動」は去年でしたっけ?

水 いや、今年。発表は4月1日だったからね。

宇 全然、ど真ん中じゃないですか。なんだ、この資料(座談会用に配布されている資料)! なんでポッカリ空いてるんだよ(笑)。

吉 謎の忖度が行われてますよ(笑)。

宇 トリックにダマされてる。おかしいじゃねえか。

吉 「いじっちゃいけないんだ、ここ」って、思いますよね。

宇 1章分、割いたっていいぐらいの話題なのに、目立たないところにサラッと「たけし独立、グッディにニセ社員登場」って、たった1行で済ませて(笑)。

吉 歌丸師匠問題以上に、こっちですよ、どう考えても。

宇 とんだ忖度。

玉 アハハハハハ。ずるいな。上半期スキャンダル大賞と銘打っておきながら。

水 いやあ、オフィス北野問題はホント、大変だった。だって、俺には空白の1日がある。1日、辞めたから。

宇 江川卓ばりだ。

水 結局、辞めなかったけど。そこまでいったからね。

<座談会メンバー>

水:水道橋博士 1962年生まれ。岡山県出身。現在「バラいろダンディ」(TOKYO MX)、「別冊アサ秘ジャーナル」(TBS)、「BOOKSTAND・TV」(BS12 トゥエルビ)、動画配信「博士の異常なYouTube」などに出演中。自身が編集長を務める日本最大級の有料メールマガジン「水道橋博士のメルマ旬報」好評配信中。最新刊は「長州力 最後の告白」(宝島社)。

玉:玉袋筋太郎 1967年生まれ。東京都出身。現在「バラいろダンディ」(TOKYO MX)、「人生酒場〜唄は夜につれママにつれ」(TOKYO MXほか)、「別冊アサ秘ジャーナル」(TBS)、「ぴったんこカン・カン」(TBS)、「たまむすび」(TBSラジオ)、「玉ちゃんのおとこの作法」(ラジオ関西)などに出演中。一般社団法人全日本スナック連盟会長。最新刊は「粋な男たち」(角川新書)。

吉:吉田豪 1970年生まれ。東京都出身。プロ書評家、プロインタビュアー、ライター。徹底した事前調査をもとにしたインタビューに定評があり、取材対象についての知識は本人をもしのぐと言われる。「男気万字固め」、「人間コク宝」シリーズ、「サブカル・スーパースター鬱伝」、「吉田豪の喋る!!道場破り プロレスラーガチンコインタビュー集」など多数手がけている。

宇:宇多丸 1969年生まれ。東京都出身。1989年、大学在学中に「ライムスター」を結成。日本ヒップホップの黎明期よりシーンを牽引し、ますます旺盛に活躍中。2007年に「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(TBSラジオ)でラジオ・パーソナリティとしてもブレイク。2009年、第46回ギャラクシー賞「DJパーソナリティ賞」を受賞。現在は「バラいろダンディ」(TOKYO MX)、「アフター6ジャンクション」(TBSラジオ)などに出演中。

レイザーラモンRGの山根明氏モノマネが話題 反撃を心配する声も

ツイッターでRGは山根前会長のものまね

写真拡大


 独特のキャラクターと突飛なコメントで、世間を騒がせ続けている日本ボクシング連盟の前会長・山根明氏(78)にいち早く乗っかり、そのキャラクターになりきったモノマネを始めたお笑い芸人・レイザーラモンRG(44)が、周囲から「激怒した山根氏に反撃されるのでは?」と本気で心配されているという。

 助成金の不正流用や暴力団関係者との交際などの疑惑が報じられた山根氏が、テレビなどメディアの取材に最初に応じたのは今月2日のこと。それまではまだどんな人物か世間一般的には分からなかったが、自ら「世界の山根」などと言い切る独特のキャラクターで、一気に知名度が広がった。

 これにお笑い界で、真っ先に反応したのがRGだ。自らのツイッターでは5日、山根氏のキャラをマネした写真をアップ。さらに「村田諒太が金メダルを取れたのも私のおかげ」との山根氏発言を「村田(とろサーモン)がチャンピオンになれたのも私のおかげ」と、昨年のM―1グランプリで優勝した「とろサーモン」村田秀亮になぞらえてチャカすなど、ネタにしたのだ。

 ツイッターだけではない。9日に都内で行われたパナソニックの靴脱臭機「MS―DS100」の発売記念イベントに、RGは山根氏に扮して登場。「楽屋にすごい量のジュースとお弁当があったけど、カンロ飴しか食べなかった」と、山根氏の好物であるカンロ飴をオチに使い笑いを取っていた。

 お笑い関係者は「若手芸人はみんな『やられた!』と悔しがってましたよ。いち早く話題の人物に乗っかったRGは確かにすごい。でもその一方で『よくやれるな』と言う芸人も多かった。だって失礼だけど、暴力団関係者とも交際していた人でしょ。山根さんの人となりもよく分からないのに勝手にマネをして激怒されたら、どんな反撃をされるか分からないから」と指摘した。

 確かにモノマネはリスクを伴うのも事実だ。「かつて『キターッ』という決めゼリフを武器に、織田裕二のモノマネでブレークした山本高広は、織田から不快感を伝えられ、一時はモノマネを封印していたことがありますからね。RGに山根さんが怒ったら、何をされるか分からない。たとえ山根さんが何もしなくても、周囲が“忖度”してRGを脅すかもしれないし」(同)

“怖いもの知らず”と言われるRGには“前科”もある。一昨年暮れに歌手・細川たかしのモノマネを始めた時だ。しかもRGは髪の毛を半分剃り上げてモノマネをしたため、当初は細川が激怒。「(RGが所属する吉本興業の大粼洋社長に)電話してクビにする(させる)!」とまで話していた。

 だが、この時は幸いテレビ番組で共演して、何とか和解に至った。それどころか最近、細川はRGを弟子として公認。自ら“こぶしたかし”と命名し、いまでは2人一緒にイベントを行うほどの仲だ。

「確かに細川とは和解して、最近は共演も増えた。ただ、山根氏は細川と違って芸能界の人でもないし、シャレが通じるのか分からない。だからスタッフや芸人仲間は『RGはホントに大丈夫なの?』と心配している」(同)

 最近のお笑い界は、有名なタレントやスポーツ選手になりきったキャラで売れることが実際に多い。しまぞうZは数年前から、テニスの錦織圭をマネしたキャラクターで活動。お笑いコンビ「チョコレートプラネット」の松尾駿は、IKKOのキャラを演じるようになり、仕事が増えたことを明かしている。

 またアニメ「ドラゴンボール」の悟空の声でおなじみの声優・野沢雅子さんをマネしているのが「アイデンティティ」の田島直弥。

 最近ではお笑いトリオ「鬼ヶ島」のアイアム野田が、Jリーグ神戸に移籍しスペイン代表MFイニエスタのモノマネ芸人として知られる。8月5日に行われたFC東京対神戸戦では、緊急帰国したイニエスタに代わってスタジアムに登場するなど、着実に仕事につなげている。

 このため、いま最も旬と言える山根氏のキャラになり、“山根芸人”となるのは、仕事を増やすチャンスではあるが、怒らせたらシャレでは済みそうもない。それでも“山根芸人”の道を歩み始めたRGだが、果たして大丈夫なのか?

木村佳乃、イッテQでのエピソード披露し騒然「ヘビ食べました」

木村佳乃が「しゃべくり007」にゲスト出演/2005年ザテレビジョン撮影

写真拡大


8月13日に放送された「しゃべくり007」(日本テレビ系)に、女優の木村佳乃が登場。現在、5歳と6歳の二人の娘を育てている木村が、自身の子育てに関するエピソードなどを明かした。

【写真を見る】「ヘビ食べました」と明るく笑い飛ばした木村佳乃/2009年ザテレビジョン撮影

女優業と子育ての両立について「大変です」という木村だが、「(木村は)スゴイ明るい」と、木村と子供の運動会で一緒になった時のエピソードを上田晋也(くりぃむしちゅー)が語り始めた。

「ほら〜上田さ〜ん! 赤が勝った! 赤が勝った!」などとはしゃいでいるので、自分の子供の活躍を喜んでいると思いきや、知らない家の子供を全力で応援していたりすると暴露。

木村は自ら「すぐ応援しちゃいたくなるタイプ」と明かし、スポーツ観戦とかでも試合を最初から見ていなくても、途中から大声を上げて応援できるのだと告白した。

だがその一方「ウチの子、私に興味がなくて、全体的に(テレビに出演している自分を)見ない」と子供が自分に関心がないと木村は嘆いた。

すると有田哲平(くりぃむしちゅー)は自分の母親と想定したら、木村の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で相撲を取ったり、体を張っているものとかは見たくないかもと子供に共感。

最近では「ケツ吹き矢」をやったり、「薫製のヘビ」を食べたり木村が体験談を明かすとスタジオは騒然、結果、それを食べられずに吐き出している様子も放送されたと明るく笑い飛ばした。上田からは「笑い事じゃない!」とツッコまれてしまった。

そんな木村に視聴者は、「かわいい〜」「大好き」「面白い!」などとコメントしていた。次回の「しゃべくり007」は8月20日(月)夜10時より放送。ゲストに土屋太鳳、芳根京子、みやぞんが登場する予定。(ザテレビジョン)

恐怖スポットを巡るロケ スマホのカメラに不具合相次ぐ

8月15日放送、テレビ東京系『最恐映像ノンストップ6』恐怖スポットを巡るロケの同行取材を敢行 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大


 15日にテレビ東京系で放送される『最恐映像ノンストップ』(後7:54)。一台のバスに乗り込んだ芸能人たちが、たたみかけるように流される恐怖映像や、体験者自らが語る恐怖の物語に震えながら、実在する恐怖スポットを巡っていく人気シリーズ。今回、芸能人たちが乗る“あのバス”に潜入。ちょっとだけ恐かったロケの様子を紹介する。

【動画】ロケに同行して恐怖スポットに行ってきました

 40代の記者が子どもの頃は、テレビで心霊写真特集の番組や超常現象を扱った番組がけっこう放送されていた気がする。フィルムカメラで撮影した写真の中に、異様なものが写り込んでいて、とある番組あてに写真とネガを送ったこともあった。最近、その手の番組が地上波で少なくなってしまったのは、「ヤラセだ」と炎上した時のリスクや、視聴者から寄せられるさまざまなクレームの方が、心霊現象よりよっぽど“恐い”かららしい。そんな中、第6弾まで続いている『最恐映像ノンストップ』。需要は間違いなく、あるようだ。

 今回、天王洲にあるテレビ東京のスタジオからロケバスで出発し、途中、どこかの駐車場で収録用のバスに乗り換え、恐怖スポットを巡ることになっていた。記者には霊感なんてものはまったくなく、これから恐怖スポットへ行くことに、1ミリも“恐怖”を感じていなかったのだが、いつもと違ったことは実際、起きた。

 バスの乗り換え場所で、出発を待っていた時。バスの写真を撮っておこうと、愛用のiPhoneのカメラを起動したら、真っ暗で何も写せない。「ついに、壊れたか…」と思った。なぜなら、2013年に買った「iPhone5」をいまだに使っていたから。しかし、カメラ以外のアプリは正常で、カメラだけが真っ暗で使えない。

 iPhoneが熱くなると、ディスプレイが暗くなったり、何も表示されなくなったり、カメラのフラッシュが一時的に無効になったりすることがあるそうだが、カメラ以外は普通の明るさだったし、LEDライト(懐中電灯)も使えた。しかも、iPhoneに標準装備されている天気予報アプリを見たら26℃。夜中でも30℃を超えるような猛暑が続いていたせいか、26℃でも涼しく感じるくらいだった。

 「もしや、霊的なものの仕業? 何も写すなってこと!?」。なんだか、興奮していると「再起動してみたら」と、冷静なアドバイスをくれた人がいた。一度電源をオフにして、再び起動したら、カメラは普通に使えた。さっきのはなんだったのか? 

 移動中の車内では、番組が集めた恐怖映像をモニターで見ながら、MCの中山秀征さんをはじめ、西村知美さん、高田延彦さん、小沢一敬さん(スピードワゴン)、はいだしょうこさん、岡井千聖さんらがリアクションする。しばらくして、目指していた恐怖スポットのトンネルに到着。機材の準備などをしているスタッフの一人が、「スマホのカメラが真っ暗になってさ…」と話している声が聞こえてきた。えっ、マジで!? さらに“カメラ”の不具合は続いた。スタッフが岡井さんたち渡したインスタントカメラも動かなくなってしまったのだ。カメラってそんなに、あっちでもこっちでも調子が悪くなるものなのか?

 極め付きは、西村さんのスマホカメラだった。トンネルの向こう側まで行ってしまったロケ隊は、ふたたびトンネル内を歩いてバスまで戻らなければならなかった。その帰り道、西村さんが「何か気になる」と言ってきびすを返し、トンネル内で写真を撮りはじめた。その後、バスに戻って写真を確認してみたら、ヤバイものが写り込んでいたのだ。この写真の一件は、番組内でもしっかり放送されることが決定している。

 その後、記者のiPhoneのカメラが真っ暗になる“2度目”はまだ起きていない。一体、何だったのだろうか。

「本当に欲しいものは一点集中」HIKAKINが語る買い物論に共感の声

人気ユーチューバーのヒカキンさんが8月9日、「【80万のノートPC】フルスペックMacBook Proがキター!【ヒカキン流買い物論 #2】」という動画を投稿。その中でヒカキン流買い物論を語った。

ヒカキンさんは今年7月に発売されたアップル社の新製品「MacBook Pro」2018年モデルをフルスペックで購入。総額は79万344円となった。新型MacBook Proについては、「たっか! ノートパソコンでこんなに高いの発売されると思わなかった」と話すが、

「動画編集って容量もパワーも食うからユーチューバーモデルと言っても過言ではないくらい心強い味方になりそうです。それもこの薄さだからね。これで1時間とか超えるゲーム実況(動画)とかもラクラク編集できそう」

とご満悦だ。動画内でヒカキンさんは「ヒカキン流買い物論」として2つの持論を展開。1つ目は「お金はここぞという時、勝負という時に一気に使う」。例え高い買い物をしても、いい使い方をしたら後で何倍にもなって返ってくるという。

「普段は節約して、自分にとって大切なもの、本当に欲しいものっていうときは一点集中」

プロのユーチューバーは、毎日何時間も動画を編集する。編集時間には、PCのパワーによって「ただ待たなきゃいけない無駄な処理時間にかなり差が出てくる」という。数回の編集ならまだしも、1年に換算する大きな差がでるためフルスペックの購入を即決した。

2つ目は「基本的に中古品は買わない」。「あくまで僕が今までそうしてきたっていうだけの話なんですけど」と前置きした上で、「基本的に僕ちっちゃい時から本当に欲しいものとかは中古品を買ってないですね。ましてや仕事道具なんかはなおさら」という。

仕事道具であるPCやカメラについては、精密機器で壊れやすいことも挙げられるが「新品で買うと開封するときの嬉しさとか感動とかっていうのは、もちろん中古品より大きい」という。また少し背伸びをしても満足のいくものを買うことで、長く使うとも話す。

ヒカキンさんは「安物買いの銭失い」という言葉を挙げ、「普段の生活で節約・節制して、自分にとって大切なもの、本当に欲しいものっていうときは一点集中。ここぞというときにお金を一点集中させるといいよ」と語った。

2月には160万円でiMac Pro購入「仕事に関するものは自分が買える一番高いものを買う」

ヒカキンさんは今年2月にもフルスペックのiMac Proを160万円で購入。この時も「自分の夢や仕事に関する物で、それに必要なものに関しては絶対その時自分が買える一番高いもの、良いと思えるものを妥協せず買ってきたんですよ」という。

スーパーで店員として働いていた時、人気ユーチューバーになるため「貯金ゼロになってもいいから」とiMacとハンディカムカメラを買った。もちろん高いものだからいい訳でもないが「本気で目指してる夢だったら全財産つぎ込んでも買うべきなんじゃないかな」と話していた。

この動画は438万再生を超え、この反響を受けてた第2弾の動画も12日現在、約160再生されている。コメント欄では、「HIKAKINさんの買い物論は凄く共感します!」「ヒカキン流買い物論説得力あるから好き」という声が寄せられていた。

中居正広、日本で中国人に間違われる 片言の日本語でやり過ごすも

画像提供:マイナビニュース

元SMAPの中居正広が、11日に放送されたラジオ番組『中居正広 ON & ON AIR』(ニッポン放送/毎週土曜 23:00〜23:30)で、店員に外国人に間違われたことを明かした。

先日ある人へのプレゼントを買いに行った中居は、帽子にサングラス姿だったこともあり、「いや、『気づいてるよ』って思うかも知れないけど、ほんとに気づいてない。なぜかって言うと、(店員が)『Excuse me』って言ってきたの俺に」と話した。

当日の店内には中国人の客が多かったらしく、その状況を踏まえて「あ、中国人だと思ってる」と解釈した中居。店員の「Excuse me」という声掛けに「アリガトー」と片言の日本語で返答。外国人になりすますことで、その場をやり過ごしたという。

しかし中居は会計時にうっかりクレジットカードを出してしまい、「俺のカードがさ、『中居正広』なのよ(笑) 。『やっべー!』って! 俺、『中居正広』だ、そういえば」と焦ったことを告白し、最後に「何やってんだろうね」と笑っていた。

引退まで残りわずか 安室奈美恵が興行で稼いだ額は70億円?

「一連のコンサートツアーも6月に終わり、引退の9月16日まで残り1カ月。最後に地元沖縄でコンサートを?とも噂されていますが、本人は静かにその日を迎えたいと思っているようです」(興行関係者)

【写真】9月に41歳になる安室奈美恵

 安室奈美恵(40)はその後の長い“余生”をどう過ごすのか?

◆ ◆ ◆


9月20日に41歳に ©VCG/ゲッティ/共同通信イメージズ

 9月16日、沖縄での会場の有力候補とされていた宜野湾海浜公園では、安室のライブ映像上映会と、曲を使った花火大会が行われるが、本人の出演は「ナシ」と発表済みだ。

「すでに引退バブルと言えるほどの驚異的な売上を記録しました。所属レーベルのエイベックス幹部も『彼女がいなくなってからが大変だ』とこぼしています」(スポーツ紙記者)

 昨年11月に発売した3枚組ベストアルバムは、230万枚超え。安室は10代、20代、30代、40代のすべてでミリオンヒットを放った唯一無二のアーティストになった。最後のツアーを収録したDVDも予約時点で100万枚超え確実。ツアー動員数もモノ凄い。

「国内外合わせて23公演で、観客動員80万人。小田和正が持つ国内ソロアーティストのツアー動員記録を更新しました」(同前)

 これだけでも、安室には莫大な収入が。あるプロモーターが試算する。

「チケットが9800円なので80万人だと78億4000万円の売上。プロモーターと折半して、そこからコンサート制作会社にセットやバックミュージシャンのギャラなどの制作費を払っても、30億円近くが安室側に入ります。もっとすごいのはグッズ販売。最後のツアーということで1人1万円は使うでしょう。80億円のうち、原価や会場側に払う分で半分が消えても40億円です」

 つまりサヨナラ興行だけで安室は約70億円を稼ぎ出したというのだ。

京都に2億円で購入したマンションは?

 そんな安室は2年前、京都市内の高級マンション最上階に4LDK、150平米、2億円は下らないお部屋を購入。また、安室の絶大な信頼の下、コンサートを一手に引き受けるプロモーターのA氏も同じ頃、徒歩10分の地に会社名義でマンションを購入済みだ。

「買ったばかりの頃は、近所のスーパーで安室さんを見かけたという人もいました。このあたりは中心部から少し離れていて静か。大文字焼きも見える絶好のロケーションで、東京の人がセカンドハウスとして購入するケースが多いですね。戸建てより割高ですが、京都は人付き合いが難しいからと近所付き合いの薄いマンションを選ぶ人も多いんです」(地元の不動産屋)

 一方、近所の住民からは、こんな噂も。

「安室さんがここのマンションを買ったという話は、随分広まってしまった。だから騒がれるのを嫌がってか、ここを保有したまま、鴨川沿いの約7億円のマンションに移ってしまったという話も出ています」

 古都でのセレブライフ、キャンユーセレブレイト?

(「週刊文春」編集部)

指原莉乃を脅かすのは後輩・須田亜香里か 「NGナシ」で業界注目

指原莉乃

写真拡大


 今年の総選挙は辞退したくせに、グループはまだ辞めないのかよ――なんて声がチラホラ聞こえる、HKT48指原莉乃(25)。ウラを返せば、“グループを辞めてもやっていけそう”と見られているといえなくもないが、その地位を脅かす後輩が現れ、うかうかしてはいられないのだ。

 ***

 選挙は出ないのに卒業はしない指原の“思惑”については本誌(「週刊新潮」)記事「総選挙“卒業”もAKBは辞めない『指原莉乃』 それぞれの思惑」(https://www.dailyshincho.jp/article/2018/04160559/)に譲るとして、辞めてもやっていけそうなのは確か。

 なにせ現在、レギュラー、準レギュラーふくめ10本の番組に出演し、「弁護士といっしょです」(テレビ朝日系)や「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)など、いくつかではMCを務める。バラエティ街道では右に出る者がいないアイドルである。だが――

SKE48須田亜香里(26)が、どんどん指原に近づいています」


指原莉乃

 と評するのは、さるテレビ局関係者。先の総選挙では1位と3位の間で“いろいろ”あったおかげで霞んでしまったものの、自己最高の2位についている。デビューは2009年と指原の1年後輩だが、年齢はひとつ上。遅咲きである。

「須田の売りは、NGがないということ。売れっ子となった指原が使われないバラエティのひな壇に出まくって、その地位を脅かしています。指原よりもタフですね。指原は“ブスいじり”されて泣いてしまったことがありますが、須田は逆にブスが売り。レギュラーは地方で2つと少ないですが、『サンデージャポン』(TBS系)など全国区のバラエティにちょくちょく出ています。レギュラー拡大も時間の問題でしょう。作り手側からすれば、NGなしはありがたい。こちらはやりたい放題で、現場によってはマネージャーがつかないことすらあります」

ポスト鈴木奈々にも

 そんな須田の売り方には、事務所の戦略もあるようで、

「所属はTWIN PLANET。先輩には鈴木奈々(30)がいます。鈴木もひと頃はおバカで売れましたが、今はひと段落していますね。そこで代わりに売り込みたいのが須田。須田を売って鈴木にハッパをかける目論見もありそうです。指原も須田のノリやテンションを評価していて、露出が増えることは嬉しいでしょうが、内心は穏やかではないでしょうね」(先の関係者)

 地位を脅かされるのは指原や鈴木のみにあらず。

「少し先の話ではありますが、結婚したらポスト菊地亜美(27)にもなれそう。私生活は幸せで、かつバラエティもいけるという路線ですね。菊地もアイドル活動歴があるし、“ブスいじり”OK。須田は礼儀も正しいし、スタッフ受けもいい。使いたいという声はよく聞こえます」

 同じSKEで選挙1位の松井珠理奈(21)はいまだ体調不良を脱せず、ついに新曲は不参加。系列のNMB48では看板の山本彩(25)が卒業……。いっそ泥船アイドルをやめて、バラエティの黒船になっては?

週刊新潮WEB取材班

2018年8月14日 掲載