0年 0月 の投稿一覧

本田圭佑が“予告”して告白した「現役続行」「最後の所属先」にファン歓声!

本田圭佑が“予告”して告白した「現役続行」「最後の所属先」にファン歓声!

写真拡大


 ロシアW杯に日本代表MFとして出場した本田圭佑が自身のツイッターを英語で更新し、数日以内に新たな所属先のクラブを発表すると宣言したのは、7月31日。メキシコの名門パチューカとの契約を満了し、いくつかのクラブと交渉中と囁かれていた本田は、「サッカーを続けるための新しい目標を定めました。また、次の所属クラブもあと数日で決まるかと思います」との旨を英語でツイートし、凄まじいペースで“いいね”と“リツイート”を獲得した。

「長年にわたりサムライブルーの重鎮としての役割を担ってきた本田ももう32歳で、サッカー選手としては最後の所属クラブを真剣に考え始める時期。これまではオランダにロシア、イタリア、メキシコと誰もが予想だにしないキャリアを歩んできた本田だけに今回も次なる新天地がどこになるのかは未知数でした。オーストラリアのメルボルン・ビクトリーやアメリカの名門クラブが獲得に名乗りを上げていると報じられていました」(スポーツライター)

 そんな中、8月2日になって、本田は、報道番組「AbemaPrime」(AbemaTV)に生出演。交渉中の移籍先として噂されているメルボルン・ビクトリーについて聞かれ「Yesです」と語った。さらに「2年後に五輪があるのは個人的に運命を感じている」「常に挑戦者でいたい。ボクなりの挑戦の仕方は世界一を目指す以外にない」

と、東京五輪という新たな目標ができ、現役を続ける決心をしたことを告白したのだ。

 現役引退の可能性すらも取り沙汰されていただけに、ファンからは「やったー!信じてたけど、心のどこかですごく不安だったからめちゃくちゃ嬉しいです」「次なる目標、新たな挑戦、楽しみにしてます」「本田さん、現役続けられるのですね。嬉しいです!」との歓声が殺到し、“ケイスケ・ホンダ伝説”の続きを堪能できる喜びに浸っている。

 時に賛否両論を巻き起こす威勢の良いビックマウスで話題をさらい、冷ややかなブーイングすらも経験してきた本田だが、最終章になるであろう新たなチャレンジには多くの声援が集まっているようだ。

(ジェイコヴ)

「夏海の夏が来た!」平嶋夏海はファンのみならずスタッフも魅了するグラドル

「夏海の夏が来た!」平嶋夏海はファンのみならずスタッフも魅了するグラドル

写真拡大


 国民的アイドルグループからグラドルとして大活躍。絶大な人気を誇る平嶋夏海クン。その艶姿をとらえたデジタル写真集は爆発的な売れ行きを見せ、8月4日発売のトレーディングカードも予約殺到だという。

 グラビア撮影の現場に立ち会った編集者は彼女の魅力についてこう語る。

「こちらが意図するイメージを素早く理解し、表現してくれるんです。今、自分がどの角度でどういうふうに撮られているかを客観的に認識できているのではないでしょうか。そんなマジメな魅力もありますが、とにかく撮影現場をトークと笑顔で明るくしてくれるんです。読者人気が高いことはもちろんですが、スタッフに『また一緒にお仕事をしたい』と思わせるオーラと“華”があります」

 8月3日発売の「アサ芸シークレットVol.53」では、そんな夏海クンの笑顔とフェロモン満載の撮りおろしグラビアが掲載されている。名前にふさわしい“夏オンナ”ぶりが存分に表現された数々の艶カットだが、プライベートではどんな過ごし方をしているのだろうか。

「夏は…クーラーをガンガン効かせて毛布で寝るのが最高です(笑)。もちろん、夏らしいこともしますよ。毎年、浴衣は着るようにしていますし、今回のように、お仕事で着せてもらえるのもとってもうれしいです。今年は“おしゃれカキ氷”を食べに行きたいですね。今回の撮影は、いいお天気の下で撮ってもらえましたし、最高のグラビアになりましたので、たくさんの人に見ていただきたいです」

 ファンもスタッフも魅了する夏海クンの悩殺ボディをぜひご覧あれ。

「バイキングは残してもいい」明石家さんまの持論に批判の声多数

8月1日に放送された『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、明石家さんまさんが「バイキングはお金を払ってるのだから残してもいい」などと語り、ネット上では反発の声が挙がった。

番組では、立川志らくさんが「バイキングでお皿に盛る時は1口ずつ食べた方が良い」とバイキングでの食べ方について持論を展開。

「全てが美味しいわけでもないし、自分の好みというわけでもない」

と、まずは少量だけ取って味見して、美味しかったものをおかわりするようにしていると語った。(文:石川祐介)

「お金を払ってるから何でもやっていいという発想はクズです」

ただ、この主張に明石家さんまさんは「別に残してもいいじゃないですか?バイキングって」と反論した。志らくさんは

「大先輩に向かって申し訳ないですけど……『残してもいいじゃないでしょうか』っていうセリフは人間としてクズ」

とバッサリ。ただ、納得のいかないさんまさんは「(残すと)『お百姓さんが可愛そう』って言うけど、もう買ってるからね」とお金を払っているのだから、わざわざ気を使う必要はないと語る。

だが、志らくさんは「お金を払ってるから何でもやっていいという発想はクズです」と容赦なく先輩芸人に毒を吐いた。

何度も料理を取りに行くのは恥ずかしいこと?

2回も『クズ』と言われたさんまさんだが、「残したってええねん、自分の身体の調子やから」とお腹のコンディションは日によってマチマチなので、残してしまうのは仕方ないと主張。志らくさんから「残さないように取ればいいじゃないですか?」と指摘されると、さんまさんは「君らは食べる前から限界わかるの?」と疑問を口にした。

マツコ・デラックスさんもさんまさんと同様、バイキングで少量だけ取ることには否定的で

「チマチマ何回も行ってるので恥ずかしくない?何度も何度も行ってる人を見るとはしたないって思う」

と何度も料理を取りに行くことは恥ずかしいとコメント。ブラックマヨネーズの小杉竜一さんも「バイキングってそういう会やん」と声を荒げた。

ただ、ツイッター上では志らくさん同様、

「バイキングで沢山盛って食べきれなかったら残せばいいって、もし本気で言ってるなら引くよね」
「”食べれなかったら残せばいい”とか”金払ってるんだから”とか何様?」

など否定的な感想が多く寄せられた。

ライフメディアが実施したアンケートでは、「バイキングを利用する際、気を付けていることはありますか?」という設問に「一度にたくさん取らない」と回答した人は54.2%だった。つまり、半分近い人は「多く料理を取ることを特には気にしていない」と言えそうだ。

ツイッター上ではさんまさんに対して批判の声が多かったが、「お金を払ってるんだから残してもいいじゃん」と考える人は意外と多いのかもしれない。

山根明会長の発言をトミーズ雅が批判「絶対言ったらあかんやろ」

日本ボクシング連盟の山根明会長(右)と12年ロンドン五輪金メダルの村田諒太

写真拡大


 元プロボクサーでお笑いタレントのトミーズ雅(58)が4日、MBSテレビのレギュラー番組「せやねん!」(土曜前9・25)の生放送に出演。助成金流用や不正判定などの疑惑が指摘されている日本ボクシング連盟の山根明会長(78)の“カリスマ山根”発言を批判した。

 芸人になる前はプロボクサーとして活躍していた雅。スタジオでは山根会長の風貌が話題となったが「僕が現役の時のリングサイドはほとんどこういう人です。僕は全然見慣れています」とし、「何度もお会いしていますから。『おはようございます』とあいさつするだけですけど」と明かした。

 12年ロンドン五輪で村田諒太(WBA世界ミドル級王者)が金メダルを獲得した決勝戦で、山根会長の息子がセコンドを急きょ務めたことについては「ずっと村田選手のことを分かっているコーチが3人ついていたのに、本人の了承なしに決勝戦だけ『誰?』ってやつがいたら、ボクサーは戸惑うよ」と厳しい表情を見せ、「村田は休憩の時、1回しか口に水入れたらあかんねんて。でも、この息子は2回入れるんやって。フラストレーションになる」と指摘した。

 山根会長は前日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」のインタビューで「政治的に考えて、私はあえて息子をリングに上げたんです。プロはドローがあるけど、アマチュアは引き分けはありません。〇×が出た場合は、かつては『カリスマ山根』と言われてますから。その息子を(リングの)上に上げることによって、村田にマイナスになること、何ひとつありません」と息子のセコンド入りの理由を説明。雅は「意味が分からない。そんなこと絶対言ったらあかんやろ」と呆れ、「それを言うと審判に裏でお金かなにかみたいな、絶対に皆が頭に浮かぶことやんか。それを大きな声で言ってるやんか」と首をかしげていた。

庄司智春、不人気ぶりにボヤキ止まらず 2キロを1人で歩くハメに

1人でゴールしたことを悲しそうに報告する庄司智春=「SDGsウォーク2018」 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大


 お笑いコンビ・品川庄司の庄司智春が4日、北海道各所で開催中のイベント『みんわらウィーク2018』(8日まで)の「SDGsウォーク2018」(札幌・中島公園)に参加。ファンと一緒に歩くイベントにも関わらず、1人で2キロを歩く不人気ぶりで、ボヤキが止まらなかった。

【写真】「SDGsウォーク2018」スタート前に記念写真

 SDGs(持続可能な開発目標)が掲げる貧困をなくすこと、飢餓をなくすことなどの17個の目標を歩きながら学べるというイベント。和牛やパンサーなど人気芸人や、新喜劇座長のすっちーらがファンと盛り上がりながらゴールする中、庄司は1人で立ち尽くした。司会を務めた次長課長の河本準一が問いかけると「1人です。1人で歩きました」と寂しそうに明かした。

 なんでもスタート直後、50メートル付近で早くも1人になってしまったという。庄司は「前方に行かれる方、後方に行かれる方。気づいたら1人でした…」とぽつり。「清々しく2キロをウォーキングできましたね」と強がった。

 ただ、河本はイベント前に「庄司が懸念していた。『パンサーとか和牛と歩きたい人がいたらグループが下がるとかないですか』と。見事に的中させてましたね」と暴露。「悪い予感が当たりました…」と話し「仕事で北海道に来て、何もやることないから散歩しようかな、っていう時間。空き時間でしたよ」とボヤキ連発。テレビ局のカメラからもスルーされたそう。庄司は「誰も寄ってこないけど、ハチは来てくれました」と振り返っていた。

 みんわらウィークとは吉本興業が北海道の協力のもと、お笑いの輪を全道に広げるイベント。今年で3回目。メイン会場となるサッポロファクトリーを中心に、札幌市内各所でお笑い、スポーツ、アイドル、映画上映などのイベントを実施している。

真野恵里菜が結婚後初めて公の場に登場 幸せオーラ全開

真野恵里菜 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大


 女優の真野恵里菜(27)が4日、都内で行われたTBSテレビ制作『SPEC サーガ黎明篇「サトリの恋」〜あなたの心、一生サトリます▽(=ハート)〜』の舞台あいさつに出席。サッカー日本代表MF柴崎岳選手(26)と結婚後、初めて公の場に姿を見せた。

【写真】お相手はサッカー日本代表の柴崎岳選手

 イベントを欠席した堤幸彦監督は、真野へ「結婚おめでとうございます」と、祝福のビデオメッセージを寄せ、初対面からの思い出を振り返りながら「娘を嫁がせる親の気持ち」「幸せになってもらわないと困るけど、女優としても頑張ってもらいたい」と感慨深げに喜んだ。

 改めて会場からも祝福を受けると「ありがとうございます」と笑顔で感謝し「実感がわかないけど、たくさんの方に祝福してもらって、人生で一番『おめでとう』という言葉を言われた。きのうもランニングしてる方に『真野ちゃん、結婚おめでとう』って」と、幸せオーラ全開。

 続けて「これからもどうなるかわからない。私にとっても新しい世界。考えて話し合って、お互いに尊重しあっていければいいな。頑張ります!」と話すと、温かい拍手を浴びていた。

 真野は、先月16日に所属事務所を通じてFAXで結婚を発表。直筆で「これからは、夫婦としてお互いを支えながら笑顔あふれる家庭を築いていきます。皆様には、あたたかく見守っていただけたら嬉しく思います」としたためた。挙式・披露宴等に関しては未定。結婚後も家庭を優先しながら芸能活動を行って行く予定としている。

 人気シリーズ『SPEC サーガ』の完結編として、配信サービス『Paravi』で人気を誇っているオリジナルドラマ『SICK’S 恕乃抄』。9月28日より、真野演じる「サトリ」こと星慧のルーツを描いたストーリーを独占配信する。

 「初めてサトリに出会ったのは19歳のとき」と感慨深げに回顧し「いまだに『SPECを観てました』と言われることが多い」と、うれしそうに明かした真野。サトリの過去を演じた今作では、連ドラ版から遡り、高校生のサトリを演じた。

 現在27歳の真野が女子高生役。「私は歳を重ねてしまって(劇中の年齢と)かけ離れる。堤さんは本当にドSだなと。衣装合わせのときが怖かったけど、監督はじめ、スタッフのみなさんが『意外とイケるね!』って」と笑いながら明かし「今度こそ、この作品が制服収めなのかな」とほほ笑んでいた。

小林麻耶さんの電撃婚「5月には決まっていた」と関係者が明かす

小林麻耶 結婚の次は引退!急な舵切りに隠された“6”の秘密

写真拡大


小林麻耶(39)が8月3日、自身のブログで引退を発表。麻耶といえば、先月24日に一般男性と入籍したばかりだ。

同ブログ記事で「私、小林麻耶は8月3日をもって所属事務所(株)セント・フォースとの契約が終了致します」と報告。「今後は大好きなメディアの仕事を離れ、全身全霊、家族のために日々たくさん働きたいと思います」としている。

また結婚や退所は突然の決定だったようで、今年11月に出版される予定の自著「しなくていいがまん」について「全く想像もしていなかったことが起きたので 今、書き直しをしている最中です」と明かしている。

交際期間が半年未満というまさに電撃婚。彼女をよく知るテレビ局関係者は本誌の8月14日号で「今年の5月にはもう結婚が決まっていたそうですが、そんな素振りはまったくありませんでした」とし、驚きを表している。

また入籍日である7月24日は麻耶が熱心な数秘術にちなんでいるようだ。前出の本誌で占い師のLove Me Doさんは「2+0+1+8+7+2+4=24→2+4=6」とし、「『6』という数字にはサポートする・奉仕する・尽くすという意味があります」と説明している。

引退を機に“将来”のサポートに専念するというが、それはあまりに急な方向転換だったようだ。

夏菜が朝ドラヒロインの重圧を明かす 20%切ると「誰も褒めてくれない」

女優の夏菜

写真拡大


 女優の夏菜(29)が3日放送のフジテレビ「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演。昨年後期のNHK連続テレビ小説「わろてんか」に主演した女優の葵わかな(20)と共演し、ヒロインを務めたNHK朝ドラ「純と愛」(12年後期)出演時を振り返った。

 葵は「わろてんか」の収録を振り返り、「チーム全体が仲良かった。学校とかでも率先して委員長とかやるタイプなので、任されている感じがすごくうれしくて、結構楽しかった」と笑顔。これを聞いた進行役の坂上忍(51)は「ある女優さんの話によると、(朝ドラの現場は)ひどいところだと、何の面白みもなかったという情報が…」と夏菜をちらっと見た。

 夏菜といえば、これまで同番組を含めたバラエティー番組や自身のブログなどで、主演した「純と愛」出演時の愚痴や苦悩などを暴露してきた。楽しそうに収録を振り返る葵に、夏菜は「そんなに楽しかった?」と納得がいかない様子。「視聴率が20%取れなかったりすると、大人は誰も褒めてくれない。それで嫌になっちゃった」と軒並み高視聴率をマークする朝ドラに主演するプレッシャーを明かした。

 一方の葵は「19歳で(主演に)なったので、プレッシャーって何?という感覚だった」とあっけらかん。夏菜は「偉いね…」と絶句していた。

芸能人と交友関係が広い戸田恵梨香 藤原竜也らと抱き合う写真に反響

https://www.instagram.com/toda_erika.official/?hl=ja

写真拡大


 女優の戸田恵梨香が自身のインスタグラムを更新し、現在上演中の舞台『レインマン』を観劇したことを明かした。

 戸田は1日に自身のインスタグラムを更新し、椎名桔平の投稿をリポストする形で写真を投稿。「観に行ってきました 先輩たちに良い刺激を貰って私も頑張れそ!!!」とつづり、藤原竜也と椎名桔平に挟まれて撮影したスリーショット写真を投稿。藤原が戸田を介して椎名に抱きついているという何とも仲の良さそうな写真となっている。

 この投稿にネットからも、「すごくいい写真!仲の良さが伝わってくる」「戸田恵梨香ってサバサバしてるから男女関係なく誰にでも好かれそう!」「戸田恵梨香って男女問わず友だち多いよね。 女優さんなのに思いっきり笑った顔アップしてるの好感持てる」といった声が集まっていた。

「実は、戸田さん、芸能界でも交友関係が広いことでも知られています。現在公開中の映画『コード・ブルー』のメインキャスト4人とはもう10年来の仲で、定期的に食事をしているなどのエピソードも公開されていますし、女優の水川あさみさんや徳永えりさん、バンドSCANDALのボーカル・HARUNAさんらと撮影したプライベート写真をたびたびインスタグラムに掲載しています」(芸能ライター)

 バラエティ番組に出演した際なども、そのサバサバとした性格が反響を呼んでいる戸田。女優が俳優二人に挟まれたスリーショットを掲載する場合、バッシングの声もある程度聞かれるものだが、ためらいもなくリポストするあたりに戸田の人柄が出ているのかも知れない――。

記事内の引用について
戸田恵梨香公式インスタグラムより
https://www.instagram.com/toda_erika.official/

小林麻耶さんがブログを続ける理由を説明「今度は私が恩返しを」

フリーアナウンサーの小林麻耶

写真拡大


 先月24日に4歳年下の一般男性と結婚し、今月3日に芸能界からの引退を発表した小林麻耶さん(39)が4日、自身のブログを更新。「ブログを続けます!!!!!」と今後もブログを継続することを改めて宣言した。

 麻耶さんは突然の芸能界引退から一夜明けたこの日朝、「おはようございます!」とのタイトルでブログを更新し、「昨日は突然の報告で驚かせてしまい、ごめんなさい。今日からは普通の主婦として生活します!!!ワクワクが止まりません」と思いをつづった。

 一部のインターネット上には、芸能界引退でブログもやめたほうがいいのでは?との意見も飛び交っている。それを知ってか、「ブログもやめたら?と言う方へ」とのタイトルで「芸能界を引退するならブログも辞めたら?というご意見があるので、ブログを続ける理由を書きたいと思います」とブログを更新した。

 「このブログは、プライベートの自分として書き綴って参りましたので、今後も、ブログの読者の皆様と繋がっていたいのです」とし、「私はこれまで、読者の皆様のコメントにたくさん救われてきました。今度は、写真や文字を通して私が恩返しを少しでも出来たらいいなと思うのです。そして、何よりここのブログの読者の皆様のことが大好きなんです」と理由を明かした麻耶さん。最後は「だから、ブログを続けます!!!!!」と今後も変わらず続けていく決意を表明した。

 麻耶さんは先月27日に結婚を電撃発表。わずか1週間後の3日夜に、所属していた芸能事務所「セント・フォース」とのマネジメント契約を終了を報告するとともに、「大好きなメディアの仕事を離れ、全身全霊、家族のために日々たくさん働きたい」と芸能界から引退することを自身のブログで表明した。