「ダウンタウンとしゃべるな」ヒロミの尖っていた若手時代を暴露


ヒロミ

写真拡大

12月31日放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しスペシャル!『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』」(日本テレビ系)にヒロミが出演。B21スペシャルのメンバーふたりに、若手時代に「ダウンタウンとしゃべるな」と言明していたことを暴露された。

番組では閉じ込められた松本人志を救出するため、プレイヤーゲストとしてヒロミが登場した。捕まったら罰ゲームが食らわせる鬼に追いかけられながら、松本の閉じ込められた檻のカギを捜索する中、ヒロミが「積年の恨み」と書かれた鬼に捕まってしまう。

そこで登場したのが、B21スペシャルのデビット伊東とミスターちん。伊東は「デビュー当時、ダウンタウンとウンナンとは絶対しゃべるなっていったよな?」「それなのに自分はこそこそしゃべって、今は仲良く番組を一緒にやって!」といい、ヒロミの頭にハリセン一閃。

この暴露にはガキ使メンバーも爆笑。ヒロミは暴露について事実と認め、「でも俺は結構若いころから一緒に遊んでたのよ」と話し、浜田雅功も「そんなん言いながらうち来たりして」と過去を振り返っていた。

【関連記事】
田中直樹「ガキ使」収録終わりの「ZIP!」スタッフの気遣いに感動 椅子の上に座布団
堀北真希が「笑ってはいけないシリーズ」の刺客に登場 松本人志の愛妻家ぶりを暴露
中居正広が「笑ってはいけないシリーズ」に初登場 オカリナにキスされる事態


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*