「ハロー!プロジェクト」新リーダー アンジュルムの和田彩花が就任


ハロー!プロジェクトの新リーダーに就任し涙したアンジュルムの和田彩花(右から2番目)

写真拡大

 アイドルユニット「ハロー!プロジェクト」の2017年からの新リーダーにアンジュルムの和田彩花(22)、ハロプロ初のサブリーダーとしてモーニング娘。’16の譜久村聖(20)が就任することが12月31日、東京・中野サンプラザで開催された年越しライブ『Hello!Project COUNTDOWN PARTY 2016 〜 GOOD BYE & HELLO!〜』で発表された。

 ハロプロ所属のグループが一堂に会する年越しライブは2013年末に初開催以来、毎年の恒例行事に。2015年末はモー娘。’15の中心的存在だった鞘師里保(18)のラストライブとなったが、4回目となる今年はハロプロの歴史の1ページを更新する公演となった。

 Juice=Juice、つばきファクトリー、こぶしファクトリー、カントリー・ガールズら4組のライブを終えて休憩時間を挟んだ直後、OGの藤本美貴が登場。ファンが騒然とするなか、代表曲「ロマンティック 浮かれモード」を熱唱して会場を熱気に包んだ。

 その後、来年6月の解散を表明している℃-uteのリーダーでハロプロの現リーダー、矢島舞美から「新リーダーを決めたんです」とサプライズ発表。サブリーダーに譜久村、リーダーに和田を任命した。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*