佐野ひなこ「神木隆之介とは友達」宣言も「肉体のほうのフレンドか!」と逆効果


佐野ひなこ「神木隆之介とは友達」宣言も「肉体のほうのフレンドか!」と逆効果

写真拡大

 先月、神木隆之介とのお泊り愛を報じられた佐野ひなこが、7月14日に行われた自身が出演するフジテレビの月9ドラマ「好きな人がいること」関連イベントに出席した。

 囲み取材では、報道陣から「報道されたペアルックの方は佐野さんの『好きな人』ですか?」とドラマタイトルに絡めた質問を寄せられるも、佐野は笑顔で否定。「本当にゲーム友達の一員で、友人なので大丈夫です」と友人関係であることを強調した。

「お相手の神木は、先月のイベントで交際についての質問をシャットアウトするために大音量でBGMを流し回避していましたが、それを考えれば笑顔で対応した佐野は神木より度胸が据わっていますね」(女性誌記者)

 ところが、交際否定のあしらい方にあまりに余裕があり過ぎたため、火に油を注ぐ形となってしまった。

「志田未来との報道まではピュアな青年と見られていた神木とは対照的に、佐野は過去の恋愛遍歴の多さから“奔放な女”というイメージがついてしまっている。佐野の口から出た“友達”という言葉を真に受ける人はほとんどいませんね」(スポーツ紙記者)

 ネット上では「さすが遊び慣れてる」「佐野からすれば本当に“フレンド”なんだろ」との声も聞かれるだけに、このカップルに関していえば、さっさと交際を認めたほうが良さそうな気がするのだが。

(本多ヒロシ)


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*