坂上忍が芸能活動への本音をポロリ「ぼくだって楽して生活したい」


坂上忍

写真拡大


31日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、司会の坂上忍が、芸能活動への本音を漏らす場面があった。

番組では「生激論!今週の注目ニュース総ざらい」と題したコーナーで、CMタレント好感度ランキングについて取り上げた。その中で、好感度にまつわるさまざまなランキングを紹介し「毒舌が心地よい芸能人ランキング」では、3位に坂上が選ばれていた。

そして坂上に1票を投じたという女性からの意見を紹介。そこには「厳しいことを言うし、それで対立することがあっても平然としている」「酒やギャンブルが大好きという『完璧ではない』という部分が、かなり好感を持てます」と、坂上をベタ褒めするコメントが。

坂上は「この人は褒めてるのディスってるの、どっちなの」とツッコミを入れるも「ありがたいですね」と、感謝の言葉を漏らした。

続けて坂上は「でもね、ぼくだってね、本当はCMを何本かやって、楽して生活したいですよ」と本音をポロリ。決して、好んで毒舌キャラをやっているワケではないことを明かす。

一方で、東国原英夫氏が「毒舌を言う人は、かわいさがどっかにないと認めてもらえない」「それを評価されたんじゃない」と、坂上を称賛していた。

【関連記事】
坂上忍 東京03・豊本明長のLINEやりとりに「腰が抜けそうに…」
坂上忍が子役教育の怖さを語る「オレが『絶対』にならないように」
坂上忍が「バイキング」で榎並大二郎アナの失態を叱責「何やってるの?」


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*