ロンドンブーツ1号2号の田村淳 極楽とんぼの山本圭壱に隠れて会っていた


田村淳

写真拡大

「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(42)が、2日深夜放送のMBSラジオ「アッパレやってまーす!」に出演。7月30日の「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)に、10年振りに出演した極楽とんぼ・山本圭壱(48)に対する思いを改めて語った。

「軍団山本」として、めちゃイケに出演しエールを送った淳の熱い思いは変わらない。「賛否あるでしょうけど、ようやくウチの兄貴が地上波復帰できまして、ありがとうございます。ただただ泣くしかできなかったですけどね」と番組で号泣した淳が振り返る。

 同ラジオレギュラーの「千鳥」ノブが「淳さんが泣いてるの初めて見ました」と驚くと「10年、ずっとつらい時期を見てるから」と説明。

 千鳥の大悟に「お会いになってたんですね?」と水を向けられると「もう、しょっちゅう会ってたから。それこそ事務所、吉本にも『今は会わない方が良い』と言われてても、こっそり隠れて会ってたりしてたから」と裏話を明かした。

 問題の山本が宮崎、広島にいたときも、会って励まし続けたといい「泣きたくなかったよ、本当はテレビでね」と本音を伝えた。山本がロンハーのレギュラーに復帰したわけではないため「こっからですよ、結局はね」と先輩の活躍を期待する。

 2006年7月、山本はタレントの萩本欽一が設立した社会人野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」の遠征試合のため訪れた北海道函館市で、未成年の少女と酒を飲み、暴行したとして警察から事情聴取を受けた。示談が成立して不起訴処分となったが、吉本興業は山本の契約を解除した。

 今後、山本と加藤浩次(47)は「極楽とんぼ」としてライブを敢行し全国をめぐる。淳の気持ちは届くのだろうか。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*