大渕愛子弁護士の会見に2つのナゾ 「知識不足」と「なぜ今処分?」


 日本テレビ系「行列のできる法律相談所」などに出演する大渕愛子弁護士(38)が、依頼人から17万8500円の不当報酬を受け取ったとして、東京弁護士会が業務停止1カ月の懲戒処分にした。大渕氏は2日夜、東京都内で会見。全額返金済みとした上で「心よりおわび申し上げます」と謝罪した。

 今回の騒動は、経済的に苦しい依頼人をサポートする日本司法支援センター(法テラス)の代理援助制度を利用した依頼人の女性から、大渕氏が不当報酬を受け取ったというもの。

 弁護士会によると、大渕氏は2010年10月、女性から養育費請求の依頼を受任。女性は報酬支払いについて、法テラスの援助制度を使った。

 法テラスの規定では、弁護士は制度を利用した依頼人から直接報酬を受け取ることができない。しかし、大渕氏は法テラスが支払った12万5000円のほか、受任時に約束した着手金や顧問料などとして依頼人から17万8500円を受領した。

 返金への経緯だが、依頼人が翌11年6月に返金を求め、同7月に法テラスの担当者が制度を説明するも大渕氏は拒絶。同10月、弁護士会の役員の求めに応じて返金した。

 大渕氏は10年1月に弁護士として独立。返金を拒絶していた理由については「11年7月の説明以来、法テラスからの連絡が来なかったので問題は解決したと思っていた」と弁明。「法テラスへの知識不足で、みなさまにご迷惑をおかけしました」と頭を下げた。

 その「知識不足」につては、「この件で初めて法テラスを利用した依頼人を担当した」「中国関係の仕事を中心にやっていたので、今回の仕事は手探りでやっていた」などと説明。「法テラスの制度を知らないって、弁護士として大丈夫なの?」と思ってしまうが、会見でも“あり得ない知識不足”を追及する厳しい質問も相次いだ。

 もうひとつの「?」は5年前の騒動について、なぜ今、処分を下すのかということ。不当報酬の返済はしているのに…。大渕氏は報道陣から「近年、タレントとしてテレビに出ていることを(弁護士会から)問題視されたのでは」と質問されるも、明言は避けた。

 今回の件をめぐり、大渕氏が所属する芸能事務所の顧問弁護士で前大阪市長、橋下徹氏(47)が「不当な処分」として異議申し立てする意向を示しているという。今後、新たな展開を迎えるかに注目が集まる。(MM)


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*