電通にワタミ… 評論家の勝間和代氏が「合コンすべき企業」を指南


2日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、評論家の勝間和代氏が「合コンすべき企業」を指南した。

番組の「今夜は寝れ9!!」のコーナーでは、日刊ゲンダイが報じた「合コンしたくない企業ランキング」の話題を取り上げた。ランキングは求人情報サイト「キャリコネ」が製作したもので、上位には「電通」「サイバーエージェント」「ワタミ」などの企業が入っている。

ここで、「合コンすべき企業」について、勝間氏は「これからほぼ確実に上場する成長企業」と指南する。勝間氏によると、大企業は成長せず、30年ほどで半分ほどがなる、というのだ。そのこともあり、今から20代や30代が大企業に入社しても出世も難しいとも。

勝間氏はこうした理由を踏まえて、あらためて「一番いいのは、これから上場する可能性が非常に高くて、できればその人が株を持っていたほうがいいです」と明かした。例えば「サイバーエージェント」も上場前であれば合コンはオススメだったとか。

コメンテーターの内山信二は勝間氏の説明に「そこまで調べられてくる合コンって盛り上がんないですね」とコメントして、スタジオは爆笑した。

また板東英二は、「合コンしたくない企業」にランクインした企業について、40年前には勝間氏が指摘する成長企業だったと指摘する。勝間氏は「そのときその企業って誰?何?ってところに行かないといけないんですよ」「株と一緒なんですよ。上がっちゃった株を買ってもしかたない」と説明していた。

【関連記事】
恋愛講座の受講男性が合コンで空気読まない会話 講師が注意する事態
勝間和代氏の発言でスタジオの空気が一変「カメラマンはいらなくなる」
勝間和代氏が堀江貴文氏の発言を厳しく批判「だから彼は捕まる」


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*