大江麻理子アナが「モヤさま」出演 狩野恵里アナの記念ソングに笑い泣き


「モヤモヤさまぁ〜ず2」10周年記念特番に出演した大江麻理子アナウンサー

写真拡大


 テレビ東京「モヤモヤさまぁ〜ず2」(日曜後6・30)の10周年記念特番が30日に放送され、初代アシスタントを務めた大江麻理子キャスター(38)が4年ぶりに番組出演。一夜限りの復活を果たした。

 ロケ地は昨年、NHK大河ドラマ「真田丸」で湧いた長野県上田市。大江アナは、三村マサカズ(49)と大竹一樹(49)が待つ駅前の広場に登場し、「こんにちは。ごぶさたしております」とあいさつ。「非常に緊張しております」と話したが、“大江ファン”の三村は「待ってましたよ」と久々の共演を歓迎した。

 ロケ途中から2代目アシスタントの狩野恵里アナ(30)、現アシスタントの福田典子アナ(26)も参加。2日目は現レギュラーの3人に歴代アシスタントの2人も加えた5人で長野県松本市を街ぶらした。

 半年ぶり出演となった狩野アナは「(仕事で)一日中ガハハと笑っているのは久しぶり。半年ぶりに大笑いしました」とコメント。番組ラストでは得意のピアノを弾きながら、衝撃の10周年記念ソングを熱唱。尊敬する大江アナの前で「モヤ、モヤ、さまぁ〜ず、じゅっしゅうねん」とウクレレ漫談家・牧伸二さん調の“おとぼけソング”を披露すると、大江アナは「破壊力が凄い」と笑い泣き。三村と大竹も「曲で笑わせるなよ!」と突っ込んでいた。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*