この程度でミソギ?ナイナイ岡村の山本圭壱ド突きまくり演出に「涙も止まった」


この程度でミソギ?ナイナイ岡村の山本圭壱ド突きまくり演出に「涙も止まった」

写真拡大

 せっかく泣けてたのに台無しだわ! 視聴者の多くから疑問の声が上がる理解不能の演出が7月30日に放送されたバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ! 夏休み宿題スペシャル」(フジテレビ系)で見られた。

 極楽とんぼ・山本圭壱が約10年ぶりにテレビ復帰を果たすことで話題だったが、今回は世論を考慮してかお笑い要素はかなり少なめ。山本はもちろん、10年間周囲に頭を下げ続けた相方の加藤浩次や、ナイナイ岡村隆史をはじめとしためちゃイケメンバーたち、さらには山本を慕う後輩芸人であるロンブー田村淳やココリコの遠藤章造など、多くの出演者が涙を流す放送だったため、もらい泣きした視聴者も多かったようだ。

 ただそんな中、ネット上では「あの演出はいらなかった!」と批判が集まっているという。

「岡村と山本が野球場のベンチで対談後に、なぜか場所をボクシングのリング上に移し、2人が公開スパーリングという謎の流れになりました。スパーリングといっても、山本には岡村を殴る意思はなく、ただひたすら岡村にサンドバッグ代わりに殴られ続けるという『公開リンチ』は、観ていて非常に痛々しかったですね」(エンタメ誌記者)

 ツイッター上でも「え、何コレ?」「岡村、めっちゃいい感じのこと言ってて感心したけど、さすがにこれはない」「こんな企画考えたスタッフがアホやろ」など、いきなりの急展開にツッコミが入りまくった。

「岡村も本当は殴りたくなかったが、視聴者の中には山本を殴りたいと思っている人はいるという言い分を後で説明していましたが、番組的にこれでミソギというならずいぶんナメた考え方。そこまで自虐的な演出をしなければならないなら、おもったほど需要はなさそうですし、無理に復帰させることもないでしょう」(前出・エンタメ誌記者)

 どうせ殴るなら、岡村だけではなく、「めちゃイケ」メンバー全員が一発ずつ殴るほうが笑えてスカッとしたかもしれないのだが‥‥。

(田中康)


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*