リオ五輪米バスケ代表選手が自分の大砲をSNSで公開し早くも「金」メダル獲得


リオ五輪米バスケ代表選手が自分の大砲をSNSで公開し早くも「金」メダル獲得

写真拡大

 まもなくリオ五輪。世界中のスポーツファンの視線がブラジルに集まっているが、開幕前にプレーとは別のことで注目を集めてしまった選手がいる。アメリカのバスケットボール代表・ドレイモンド・グリーン選手だ。

 グリーンは自分の股間をスマホで撮影し間違ってSNSに送ってしまったため、見せてはいけないモノを世間に公開してしまったのである。

「グリーンはすぐに謝罪しました。なんでも『間違えてボタンを押した。プライベートメッセージのつもりだった』と話しているそうですが、誰に何の目的で股間の写真を送ろうとしていたのか疑問です」(スポーツジャーナリスト)

 写真は削除されたが、一度ネットに流出したものは二度と消すことができない。彼のモノは世界中に広まってしまった。そこで聞こえてくるのは「デカすぎる!」「こんな大砲見たことがない」という声だ。

 彼が流出させたとされる写真を見てみると、20センチ以上はありそうな黒々とした棒が写っている。めったにお目にかかれないお宝だ。

「よく『外国人のモノはデカイ』という話を聞きますが、これはそれ以上のサイズです。ちなみにグリーンはNBAの試合で相手チーム選手の股間を蹴りあげたり、叩いたりして問題になったことがあります。もしかすると、股間に何か異常な執着があるのかもしません」(前出・スポーツジャーナリスト)

 グリーンはなんとか五輪メンバーに残ることができ、試合ではNBAのスターらしい素晴らしいプレーを見せてくれそうだ。その際は、股間にも注目して見るとより面白いかもしれない。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*