横澤夏子も号泣 焦って結婚して別れるカップルの特徴を指摘


お笑い芸人横澤夏子さん(26)が、先日バラエティ番組で号泣する一面がありました。

江原啓之さん(52)にワケあり美女が人生相談するというコーナーでの出来事。ゲスト出演した横澤さんは「私は将来、いいお嫁さんになれますか?」と、かねてよりアピールしている結婚願望についての相談を開始。そこで江原氏が横澤さんの性格や心の闇を言い当て、二度も号泣してしまったのです。

江原さんは「横澤さんの中には良い子でいたい自分と反発する自分が昔からいて、家族仲や家族というものに矛盾を感じ、悩んでいる」と指摘。「横澤さんはせっかちすぎるから、結婚を焦らないこと」とアドバイスをまとめました。

その中で横澤さんは「(結婚したい理由は)いいお母さんになりたい」「家にいることがいいお嫁さんだと思っている」と、極端な家庭像を示唆。また「まなみ」という架空の人格をTwitterアカウントで持っており、3,000ツイートほど愚痴や弱音を「まなみ」に成りかわり吐き出すことで心が救われると告白。司会のオリエンタルラジオもドン引きするシーンがありました。

現在つきあっている彼氏にも、会うたびに結婚を迫っているという横澤さん。「行きたいところは区役所、欲しいものはハンコと答える」と笑っていましたが、世の中にはそこまで直球ではないにしろ“結婚に焦りすぎて、彼氏に迫って結婚し、短期間で離婚した女性”というのが多数存在します。

かくいう筆者も20代のころに3年半で離婚した経験者(そこまで焦った自覚はありませんが)。お恥ずかしい限りですが、筆者含め、焦って結婚して別れるカップルには共通の理由があると思います。

■結婚と結婚したら大体失敗する?

番組内で江原氏は「結婚と結婚したがるうちは離婚する」と指摘していました。本当にその通りですが、1つ目の共通点は“結婚をゴール設定にすると別れる”ということです。焦りをとにかく解消させたいがための結婚だからこそ、焦りが消えたら別れるのです。

意外な点は、焦る結婚願望の主が「子どもが欲しい」である場合は早期に別れないという点です。しかしその場合も、子ができたり子育てが落ち着いたりしたら別れるパターンもあるので安心できません。とにかくパートナーを1番に見て結婚を決意しない限り、離婚リスクは極めて高いということです。

■やたら理想が高い

また結婚の理想がもの凄く高すぎると、多くの女性が結婚後に落胆して場合によっては別れることもあります。アメリカの調査によると、高額挙式をあげたカップルほど離婚率が高いというデータも存在します。結婚に理想を重ねた結果、燃え尽きたともいえそうです。

また横澤さんは番組で「いいお母さんになりたい」と宣言していましたが、子育て中の母の多くが「しっかり子育てを行っていたとしても、母として自信を抱けず生活している」というデータもあります。結婚や子育てなどで過剰な期待と理想を抱いている女性は、後のトラブルが起こりやすく挫折しやすい可能性もあるのです。

■未練があると結婚はうまく行かない

最後は、“結婚前にどうしてもやりたかったことの区切りがついていないと離婚につながりやすい”という点です。例えば海外留学や仕事をもっと頑張りたいなど“自身の行動により家庭生活に支障が出る類の未練”は、結婚という違うステージに立ったとき自分を大きく悩ませることになります。

横澤さんは番組で「結婚はすごくしたいけど、お仕事も頑張りたくて……」と悩む気持ちを吐露していました。女性お笑い芸人は結婚すると保守的になりつまらなくなると言われることも多いですから、本当にお仕事をしたいならもう少し仕事をやりきってからでもいいような……と、これは筆者個人の意見ですが思うのです。

結婚と離婚。それは女の人生を大きく動かすイベントでもあるから悩むわけですが、ふと思うのは「まなみ」という別人格のアカウントを持つことはそんなに闇が深いことでしょうか。

今の世の中Twitterなどでは複数アカウントを持ち、キャラや人間関係を変え生きる時代です。別人格を持っているということをテレビで告白できる横澤さんは、まだまだ健全な気がします。とはいえ焦って結婚したがる彼女の熱量は恐ろしいもの。ぜひ「まなみ」でストレス発散し、健全な心で結婚を迎えてほしいものです。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*