ついに冠番組に「出番なし」、国分太一の孤立でTOKIOにも解散シグナルが点灯!?


ついに冠番組に「出番なし」、国分太一の孤立でTOKIOにも解散シグナルが点灯!?

写真拡大

 かねてからグループ内での孤立が噂されてきたTOKIOの国分太一だが、「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ)に1度も登場しなかったことで、孤立が想像以上なのではないかと囁かれている。

 問題の放送は7月31日のもので、内容は「DASHご当地PR課」と「DASH海岸」の2本。

 ご当地PR課は長瀬智也と松岡昌宏が登場し、徳島県三好市で流しそうめんをやって町をPRした。DASH海岸では城島茂と山口達也がコウイカの孵化を見守ったのだが、どちらも国分の姿はない。

「長瀬と松岡は、その場にいない城島のことを話題にしていましたが、国分については一言もありませんでした。興味がないというより、あえて無視しているようにも見えました。番組を多数持っている国分が『ザ!鉄腕!DASH!!』に出ないことはたまにありましたが、話題にもならず過去の出来事を振り返るVTRでも登場しないというのは異例のことです」(テレビ制作会社社員)

 同番組の看板企画「DASH島」では、他のメンバーからやんわりと「開拓に関係ない余計なことばかりをする人」と批判されたこともある。たまに登場しても山口や松岡と会話がないため、いるのかどうかわからないこともしばしば。そんな国分にアンチから「国分が出た回はつまらない」「他のメンバーとギクシャクしていて見ていて不愉快」という声も聞こえてくる。

「国分の孤立を視聴者も敏感に感じ取ったのか、好感度は下がる一方です。情報番組で偉そうにコメントを挟む国分を『うざっ太一』と呼ぶ人もいるとか」(テレビ誌ライター)

 SMAPに続きTOKIOにも解散騒動が起きなければいいが‥‥。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*