小倉優子 フット後藤輝基に多忙な時期の裏話暴露される「うぇ~って吐く」


小倉優子、こりん星時代は収録中に嘔吐!過酷な設定の裏話も

写真拡大


日本テレビ系で放送中の人気バラエティ『今夜くらべてみました』(日本テレビ系、毎週水曜21:00〜)。5月31日は、誤解されやすい女子3人が出演し、爆笑トークを繰り広げた。

ある共通点を持ったゲスト3人をあらゆる角度から比較し、それをもとにMCの徳井義実、後藤輝基、SHELLY、HKT48の指原莉乃がトークを繰り広げる同番組。今回は「トリオ THE 誤解されやすい女」として、小倉優子、高嶋ちさ子、ダレノガレ明美が登場した。

冒頭で、徳井から「(離婚など)すったもんだあった小倉さんです」と紹介され、後藤からも「かつてはこりん星で、今ではりこん星」とイジられる小倉。それぞれの生い立ちを振り返る中で、小倉が「こりん星」を前面に押し出していた時代の話題に。後藤が「ご飯食べたらお尻から何が出るんやっけ?」と振ると、小倉は「イチゴです。(後藤とは)12年間くらい名古屋でお仕事させていただいたんですけど、フットボールアワーさんだったり、今田耕司さん、東野幸治さん、雨上がり決死隊さんだったりが、こりん星の発言を考えてくださったんです。お尻からイチゴの設定は今田さんです。イチゴの馬車は雨上がりさん。名古屋で温めてもらったものを、東京で使う感じだった」と明かす。これを受け、徳井が「吉本でも選りすぐりの悪人たちによって、洗脳された」と茶化す。

さらに、後藤は「超忙しい時はパッと見たら完全に寝てる。あと、収録中にボーっと座ってて、みんなで喋ってたら、スーっと立ち上がって(端の方に行って)、“うぇ〜”って吐く。そのあと、そのまま(楽屋に)帰るのかと思ったら、席に戻って座るんですよ」と当時の“ナチュラル嘔吐事件”を振り返る。小倉が「一時期だけですよ」と弁明すると、後藤は「吐いて戻ってきて座って、また空を見んねん」と続けた。

このほかにも、「こりん星が順調に行くはずもなく、裏では3つの財テクを駆使していた」「収録中に寝てしまい、ガッツ石松がバレないようにフォローしてくれていた」「VTRは寝ていいものだと思っていた」など、極限状態だったこりん星時代の衝撃エピソードの数々が飛び出していた。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*