有村架純の「ナラタージュ」過激シーンに試写会場でどよめき


「ひよっこ」の純朴な彼女がまさか…

写真拡大


 ベッドに横たわる女のキャミソールを男が荒々しくたくし上げると、ブラジャーの間から豊かな谷間が現われる。そして触れたらぷるぷると揺れそうな柔らかなバストが露わに──。

 この濃厚なベッドシーンは、10月公開の映画『ナラタージュ』の一場面。ヒロインを演じているのは、視聴率20%を超えるNHKの朝ドラ『ひよっこ』で、田舎から上京して奮闘する主人公を演じている有村架純(24)だ。

 そんな朝ドラで見せる純朴さと真逆の表情に、関係者限定の試写会を見た芸能記者は思わず息を呑んだという。

 映画で描かれているのは、演劇部顧問の高校教師(松本潤・33)とその教え子だった女子大生(有村)、彼女の演劇仲間(坂口健太郎・26)の三角関係。

 原作の小説ではヒロインの濃密なラブシーンが随所に登場するため、有村がどう演じるかが注目されていた。前出の芸能記者が明かす。

「坂口とのシーンにはさらに有村が首筋を愛撫されたあと、正常位で交わる場面があり、その恍惚の表情や、抑えきれず漏れる喘ぎ声など、リアルな演技に驚きました。松本とは、座ったまま正面から抱き合う体勢でのラブシーンがあり、火照った彼女の背中が色っぽく映し出されていた。想像していた以上の過激さに試写会場ではどよめきが起きたほどです」

 興味深いのは、この映画のクランクアップが1年前の8月だったという点だ。クランクアップから公開まで1年以上も間が空くのは珍しいケースだという。どうやらこれには半年間に及ぶ朝ドラ出演との兼ね合いがあるようだ。

「清純イメージが必須の朝ドラヒロインに別のイメージが付かないよう、朝ドラ出演直前や放送中は新たなCM契約を結ばないという暗黙のルールがあるようです。そのため、公開は『ひよっこ』の最終回(9月30日)後に設定されたのではないでしょうか」(芸能関係者)

 同映画の配給会社の一つであるアスミック・エースにこの件について聞くと、次のように答えた。

「撮影前から今年の秋公開を予定しており、『ひよっこ』の放映時期との調整があったわけではありません」

“ひよっこ”のみね子から、“オトナの女”に大変身を遂げる有村の演技をスクリーンで見る日が待ち遠しい。

※週刊ポスト2017年8月11日号


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*