ビートたけしの不祥事で 母が「死刑にして」との発言に込めた思い


お笑い芸人の枠を越えて、映画監督としても活躍しているビートたけしさん。

1998年に公開された映画『HANA-BI』は、第54回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞し、映画監督・北野武の名を世界に広めるきっかけになりました。

前代未聞の大事件

国内外で高い評価を得ているたけしさんですが、その昔、写真週刊誌『フライデー』の編集部を襲撃し、逮捕された過去があります。

人気絶頂のお笑い芸人が暴行に及んだだけでなく、逮捕までされるという前代未聞の事件に、世間は大騒ぎ。

たけしさんの母親である北野さきさんにコメントを求めるため、多くのマスコミがつめかけました。

するとさきさんは、集まった人々をギョッとさせる発言を残したのです。

あんなどうしようもないのは、死刑にでもしてください。

実の親であるにもかかわらず、かばうどころか突き放すような発言に、その場にいた記者たちは呆然としていたといいます。

過激な発言の裏にあるものは…

さきさんは、とても教育熱心な人だったといわれています。そのため、身内の不祥事に対して、厳しい姿勢をつらぬいたのではないでしょうか。

また、「身内だからこそ、厳しくなければならない」という思いもあったのでしょう。

その後、たけしさんには懲役6か月と執行猶予2年の判決が下されたものの、いまなお、さきさんの発言を名言と語り継ぐファンは多くいます。

こんなこと、中々いえないよ。実の息子だからって甘くしない。この厳しさを見習いたい。「騒ぎをおさめるため、あえていった」って話もあるよね。本当だとしたら、すごい親だと思う。愛情の裏返しのように感じます。

家族であれば、常に味方でいたいと考える人は多いはず。もちろん、そういった守りかたもあり、それも1つの愛の形です。

また、たとえ身内であっても「嫌われたくない」という思いが働き、相手に厳しい態度をとれない人が増えているといわれています。

そんな中、あえて突き放すのも愛なのだと気付かされる、さきさんのエピソード。

1999年にさきさんがこの世を去った時、葬儀の場で号泣するたけしさんの姿が目撃されるなど、2人はとても仲がいい親子だったと伝えられています。

だからこそ、「死刑にしてください」という厳しい発言の裏には、息子を思う母の深い愛を感じてしまいます。

[文・構成/grape編集部]


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*