上原多香子、交際中の演出家・コウカズヤ氏と再婚し引退説も浮上


 不倫騒動が冷めやらぬ、SPEEDの上原多香子(34)。このまま芸能界からフェードアウトして、再婚するのではないかとの見方が浮上している。

 ミュージシャンだった夫の3年前の自殺の背景に上原の不倫があったと報じられて約3週間。今月18日の舞台を最後にマスコミの前から姿を消しているが、それは騒動の沈静化が狙いというわけではないという。

 上原は今年5月に写真誌「フライデー」が深夜デートを掲載。相手の演出家、コウカズヤ(40)と交際中といわれている。2人は2016年12月、コウの手掛ける舞台を上原が観劇して知り合い、コウ主宰の劇団の舞台で上原がヒロインを演じるなかで関係を深め、実はこの秋にも再婚するとの説が出ていたのだ。コウを知る芸能プロデューサーの野島茂朗氏はこう言う。

「まず、下北沢などの小劇場を中心に活動する劇団があまたある中で、コウカズヤ主宰の『Buzz Fest Theater(バズフェストシアター)』は抜きんでた存在です。小劇場の芝居には作者の妄想世界であるとか、行き過ぎたこだわりがあったりすることが少なくないのですが、コウの作品は笑いと泣きをバランス良く散りばめた構成といい、飽きさせないテンポといい、観客を楽しませるエンターテインメントになっている。コウは舞台関係のみならず、広告業界からも注目されている逸材なのです」

 気鋭の演出家と美しきヒロイン――。組み合わせとしては最高だが、そこを過去の不倫騒動が直撃。

 上原に対する批判が巻き起こっているが、コウは上原の前夫の自殺の背景に上原と俳優・阿部力の不倫があったということも知った上で交際を継続。前夫の遺族と揉め、慰謝料を求められていることなども含めて上原を受け入れているとの報道もあった。上原の引退、再婚説はそうしたなかで浮上しているのだ。

「歌手であれタレントであれ、活動に行き詰まったり、ある程度やり切ったというとき、仕事の幅を広げようと舞台の世界に踏み込むのは今に始まったことではありません。とくにコウのように評判が良く、面白い演出家であれば、スキルアップが見込めるし、自分の新たな魅力も引き出してもらえますからね」(前出の野島氏)

 自分自身も知らなかった新たな一面を引き出してくれた上、さらに過去も含めて受け入れてくれる男性はそうはいない。上原が芸能界に見切りをつけ、再婚するのも時間の問題か。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*