野島卓アナとの熱愛が報道された市川紗椰 別に本命男性が存在か


提供:リアルライブ

写真拡大


 発売中の「フラッシュ」(光文社)で、キャスターをつとめるフジテレビ系報道番組「ユアタイム」で共演する同局の野島卓アナウンサーとの熱愛が発覚したモデルでタレントの市川紗椰だが、別の本命男性がいることを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

 「フラッシュ」では2人が真剣交際で、すでに半同棲中であることが報じられた。交際が明らかになった28日以降、2人はそろって同番組に出演するも、交際については言及していない。

 「文春」によると、昨年秋ごろ、市川からよく野島アナに話しかけるようになったが、半年くらい前から突然、よそよそしくなったとか。「これは2人に何かあったな」とスタッフの間でうわさになっていたところ、交際が発覚したという。

 しかし、市川の本命は野島アナではなく、ゴールインする可能性はなさそう。市川には芸能関係の裏方の仕事をしている年上男性が本命で、本命の存在は野島アナも織り込み済みだというから、市川が野島アナ公認で“二股交際”しているようだ。

 「その話は以前からうわさになっていた。というのも、市川の事務所は弱小プロダクション。にもかかわらず、『ユアタイム』のキャスターが決まったり、報道番組に出演していれば本来はご法度であるアルコール飲料のCMが決まったり、やたらといい仕事が舞い込んでいた。その本命男性は芸能界の大物の片腕のような存在。今後、芸能界で仕事をしていくにはその本命と交際している方がプラスか」(芸能プロ関係者)

 「文春」によると、野島アナはフジの報道部門において1、2を争う実力アナだが、唯一の難点は女癖が悪いところですでにバツ2だという。

 「ユアタイム」は9月で終了するが、番組終わりが縁の切れ目か?


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*