三四郎・小宮浩信がレンズなし眼鏡の理由「緩和させるため」


三四郎・小宮浩信

写真拡大


19日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で、お笑いコンビ・三四郎小宮浩信が、レンズを入れていない眼鏡をかけている理由を明かした。

番組では「インテリVSノットインテリSP!!」と題して、高学歴な芸能人と、おバカキャラの芸能人が集まり、さまざまなエピソードを披露した。

ノットインテリ側のゲストとして出演していた小宮は、「我ながらおバカすぎてイヤになった事」というテーマで、自身のかけている眼鏡は「レンズが入っていない」と話しはじめた。小宮によると、目つきの悪さを隠すためにレンズの入っていない眼鏡をかけているという。

「小学校のときのあだ名が『愉快犯』だったんですよ」と語り笑いを誘う小宮は、その目つきの悪さゆえに、かつて居酒屋でアルバイトをしていたときも客から「目つきが悪い人がいる」というクレームが、店に寄せられていたとか。

店長から気をつけるように注意を受けた小宮は、目を見開いて接客をしていたそうだが、今度は「様子がおかしい人がいる」というクレームが入ってしまったそう。小宮が「それはそれで怒られて、クビになりました」と自虐的に語ると、ほかの出演者は大ウケ。

なお、小宮によると眼鏡をかけはじめたのは3年ほど前からだそうで、これまでの苦い経験もあり「(目つきの悪さを)緩和させるためにということ」と、レンズなしの眼鏡をかけている理由を明かしていた。

【関連記事】
三四郎・小宮浩信が有吉弘行を尊敬する芸人ランキングで1位に選んだ理由
三四郎・小宮浩信がオリエンタルラジオのネタを見て挫折した過去を語る
三四郎の小宮浩信 バイト先で客から不審者扱いされた過去


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*