相田翔子が20代の頃の恋愛話を告白 トラックの運転手とデートも


元「Wink」で歌手の相田翔子

写真拡大


 元「Wink」で歌手の相田翔子(47)が30日放送のTBS系「ジョブチューン〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」(土曜後6・55)に出演。20代の頃の恋愛話を告白した。

 フリーアナウンサーの徳光和夫氏に「翔子ちゃん、デビューしたときはデコトラ(デコレーショントラック)の運転手と付き合ってたよね?」と暴露されると、「20代の頃ですね。デコってはいなかったです。トラック運転手です」と明かした。

 どこで知り合ったのかと出演者に聞かれると「顔見知りの人で」と返答。デートについては「トラックの助手席に乗って、夜中に群馬とか彼の配送先に行ってました。お弁当つくって夜中に食べて。ダンボールの積み込みを手伝ってました。それが凄く新鮮で」とニッコリ。

 2人の“その後”については「将来を考えてお金を積み立てていこうと月1万円ずつ入れていたのですが、彼の家に遊びに行ったら新品の大型テレビがあった。“買ったんだあ、いいね”って通帳見たら残額が0円になっていて…」と破局理由を説明した。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*