永野がテレビ関係者に暴言を連発「近くにいくと調子こく」


永野

写真拡大


11日深夜放送の「芸人報道1時間SP」(日本テレビ系)で、お笑い芸人の永野が、テレビ業界の関係者に対する持論を展開し、ぶっちゃけ発言を連発した。

番組では後輩芸人の誘いで永野が参加した飲み会を隠し撮りし、その様子をVTRで紹介した。後輩芸人から同番組のスタッフとの仲を尋ねられると、永野は「仲は良いと思うよ。昔から知ってるし」と答え、かつてはよく一緒に飲みに行っていたという。

しかし、最近ではスタッフとの飲み会について永野は「行かない!」と即答。その理由について永野は「距離とらないと、テレビの人は」「ナメてくる!」と言い放ったのだ。

さらに永野は「テレビの人はあんまり近くにいくと調子こく」「数字主義者だから」「数字主義者とあんま近くにいると終わる」「数字主義者と手を組むと、結局テレビの犬になる」と“数字主義者”というフレーズを連発して持論を展開した。

VTR後のスタジオでは「盗撮ですよこれ」と抗議する永野に、フットボールアワー・後藤輝基が「でも、ああいうの(隠し撮り映像)を出してしまうっていうこともやっぱり…?」と水を向けると、永野は「数字主義者です」と切り替えして笑いを誘った。

雨上がり決死隊・宮迫博之が「ようこんな性格で『PON!』(日本テレビ系)のレギュラーになれたな?」と疑問を抱くと、永野は「前室と反省会でメッチャしゃべるんですよ」「総合演出の田中さんがメッチャはまってくれて」と収録以外の場面で、スタッフと会話をして気に入られているのだとぶっちゃける。

そんな永野にサバンナ・高橋茂雄が「そのやり方は?」と問いかけると、永野は「数字主義者」と即答し、結局自身も同類であることを認めて、再び笑いを誘っていた。

【関連記事】
永野 ファンの子どもと握手したあとの発言に非難の声が続出
ANZEN漫才のあらぽんに永野が規制音で消されるほどガチな節税対策を助言「○○○の形で…」
永野がホリプロを追放された経緯 マネジャーによる涙ながらの訴えに「辞めます」


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*