千原ジュニアが板尾創路の不倫に持論「何もない可能性ゼロじゃない」


自著『これにて、便所は宇宙である』出版記念サイン会を開いた千原ジュニア (C)ORICON NewS inc.

写真拡大


 お笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニア(43)が19日、都内で著書『これにて、便所は宇宙である』(扶桑社)出版記念イベントを開催。17日に週刊誌『FLASH』(光文社)の電子版で、グラビアアイドルの豊田瀬里奈(27)とのラブホテル不倫を報じられた板尾創路(54)について聞かれると「板尾さんは本当に不思議な人。エビフライ定食を頼んだのにエビフライを食べないような人なので、ラブホテルに入って何もなかった可能性はゼロじゃないんじゃないと思いますね」と自身の見解を述べた。

【写真】話題に上がった板尾創路

 同書には、単行本用に撮り下ろした板尾との「連れション対談」を収録。板尾との関係について「ジュニアが心の師匠と仰ぐ〜」「25年来の付き合い」などと紹介されているが「板尾さんは、僕にとっては唯一無二の存在。対談が1〜2ヶ月くらい前なので、報道があってからは会ってないので、話も聞いてないからわからないですね」と現状を報告。「(同じく不倫報道があった)宮迫博之さんはどうですかね」と聞かれると「宮迫さんですか…漆黒です」と即答し、笑いを誘った。

 報道陣から「板尾さんのご家庭も『火花』が飛んでいるんじゃないですかね?」と板尾の監督作に絡めて質問を受けると「奥様との絆がスゴいですから、それはないと思いますよ」ときっぱり。不倫相手とされる豊田が14日に自身のツイッターで「取り返しがつかない。方法がわからない 違うって言ったって、違わなくされるんだ」とつぶやいていたことを受けてか、「ぜひ、心が病みがちなグラビアタレントにもこの本を読んでもらいたいですね」と呼びかけていた。

 あす20日に発売される同書は、週刊誌『週刊SPA!』(扶桑社)で連載中のコラム「すなわち、便所は宇宙である」の第6弾にして最終巻。ジュニアが、7年間にわたってノートにつづり続けた“最後の言霊”108本を完全解説する。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*