上沼恵美子がぶっちゃけ発言「外国人のタレントさんって嫌いなの」


19日放送の「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)で上沼恵美子が、外国人タレントが「嫌い」だと告白した。

番組では、昨年3月に経歴詐称騒動で表舞台から姿を消したショーンK氏の話題を取り上げた。芸能リポーターの井上公造氏が、先月31日に発売した「女性自身」の直撃取材にショーンK氏が復帰願望を思わせるコメントをしていたと語る。

一方で、ショーンK氏が降板した「ユアタイム」(フジテレビ系)に後任として出演したモーリー・ロバートソン氏が「アイツ(ショーンK氏)は(英語を)ひと言も話せない」「あれは、ただFMラジオっぽい発音で話す英語風味の日本語だ!」と批判していた報道があったことも紹介した。

上沼は、モーリー氏は日本語が上手で人柄も良いなどと絶賛し、フォローする。だが、唐突に「私、外国人のタレントさんって嫌いなの」と打ち明けたのだ。上沼は外国人タレントとトーク番組で共演することが多く、「(日本語が)たどたどしい人いるでしょ? あれはもう…ゾッとするね」と嫌悪感を吐露した。

ここで高田純次が「あの方が外国だった。美元(みおん)さん」と、高嶋政伸と泥沼離婚劇を繰り広げた韓国とのハーフモデル・美元の話題を出す。すると上沼が、同番組にゲスト出演した美元から「これは、おいしいんです!」とトマトを1個、お土産にもらったと振り返る。上沼は、ありがたく受け取ったが、内心は「おいしいんだったら、せめて3個!」と思っていたと明かし、笑いを誘っていた。

【関連記事】
上沼恵美子が若手時代に受けた嫌がらせの数々…ハンバーグの上にインコ
井上公造氏 「週刊文春」保有の“不倫リスト”にあった古希芸能人を実名暴露
市川紗椰 ショーンK氏の騒動に言及「トラウマ」「私もネットで知った」


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*