元AKB48梅田彩佳の結婚観に松岡昌宏が仰天「ちょっと小金持ちだったら」


梅田彩佳

写真拡大


18日深夜放送の「二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜」(テレビ東京系)で、TOKIO・松岡昌宏が、元AKB48・梅田彩佳の結婚観に仰天した。

この日は、松岡と博多華丸・大吉のふたり、そして福岡出身の梅田が博多を飲み歩いた。梅田は17歳でAKB48に加入し、後にNMB48に移籍。アイドルとして10年間活動し、2016年に卒業した。

将来について、梅田は「私、28歳にしては、かわいいと思ってるんですよ」と語り、目標は年齢を感じさせない千秋や、しゃべりが上手な大沢あかねだと明かす。

博多華丸が、千秋と大沢の共通点は「芸人と結婚している」ことだと指摘すると、梅田は「全然いいです! それで、それになれるんだったら!」と、芸人との結婚に前向きな様子を見せる。

そこで華丸が「好きな芸人いないの? 吉本だったら紹介するよ、独身なら」と尋ねると、梅田は「オススメの人いないですか? 『この子きてるよ』みたいな」と逆に質問したのだ。

華丸は「それで選ぶ? 顔やん、まず!」とツッコミを入れたが、梅田は「いや、顔じゃない。ちょっと小金持ちだったら、それでいいです」とキッパリ。顔よりも経済力を優先させる梅田に、松岡は「やらしか女ばい!」と何度も繰り返したのだった。

【関連記事】
元NMB48・梅田彩佳 グループ卒業後の苦境を告白「こんなにも相手されないんだと」
TOKIO・松岡昌宏がおのののかに失礼発言 博多大吉が注意する事態
博多大吉がTOKIO・松岡昌宏の記憶力に驚愕「無意識に全部記憶してる」


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*