貴乃花親方に「黒幕」疑惑浮上で 自伝出版の長男・花田優一氏に余波


貴乃花親方

写真拡大


プロモーションが困難に……?

 最悪のタイミングだと、関係者は頭を抱えたに違いない。貴乃花親方(45)の長男で靴職人の花田優一氏(22)が17日、初の著書『生粋』(主婦と生活社)を上梓した。タイトルは「きっすい」と読むのではなく、片仮名で「ナマイキ」とルビが記されている。

 ***

 だが大相撲は、横綱・日馬富士(33)の暴行問題で超弩級の激震中。しかも父親の貴乃花親方に“黒幕”疑惑が取りざたされている。

「重傷じゃなかった日馬の暴行 貴親方 貴ノ岩休場の怪」(日刊スポーツ11月18日号)との1面記事からも分かる通り、現在、大きな関心を集めているのが「理事候補選などを睨み、ことさら貴乃花親方が騒動を大きくした」かどうかという問題だ。こうなると、プロモーションは極めてやりにくいだろう。


貴乃花親方

 もし父親を批判していれば、本書が話題になったのは間違いない。だが内容は真逆だ。息子は父親を尊敬している。文中から2か所を引用させて頂こう。

《もちろん、父がすごい人間だということは、誰よりも僕が知っている。

 この世で「憧れの男」は当時もいまもただひとり、父だけだ。

 僕にとって永遠のヒーローだ》

《父は、家の外でも仕事以外の場所でも、常にたゆまず自分の「成すべき事」を成していた。道端にゴミが落ちていれば黙って拾う。それを思い出して、僕もボストンの街を歩いてはゴミ拾いをした》

 尊敬の念に嘘偽りはなくとも、あまりにも間が悪い。例えば夕刊紙「日刊ゲンダイ」は著書の発売日と同じ17日、次のような見出しを1面に掲載した。「貴乃花 ますます怪しい」――記事を引用しよう。

《事実関係が明らかになるにつれ、貴乃花親方の行動も不可解さが増している。親方が貴ノ岩の被害届を提出したのは10月29日。県警から報告を受けた協会側が今月3日に電話で事情を聞いたところ、「よく分からない」と答え、報道で発覚する14日まで被害届の件を協会に報告しなかった。親方は巡業部長でもあり、巡業中のトラブルに関しては協会側に伝える義務がある(中略)。来年1月に2年に一度の協会の理事候補選が控える中、貴乃花親方はそろそろ重い口を開くべきではないか》

 一体全体《永遠のヒーロー》は今回の暴行事件において、《自分の「成すべき事」》を何と考えているのか、日本中が知りたいと願っている。

12月11日にはサイン会

 メディアが指摘する疑惑に、貴乃花親方は無言を貫く。情報戦の側面も感じられるほど激しい報道合戦。そんな中、優一氏が著書の中で《いい男の条件》を《孤独であること》と定義し、《父もきっとそうだ》とする。普通ならば頷きながら読む人もいただろう。しかし今は非常時。多くの読者も、無数のツッコミを入れたくなるはずだ。

 1つだけ書くなら、貴乃花親方は今の執行部と対立しているとされ、少数派の《孤独》を味わっている。だが、それは親方が《いい男》だからではなく、「頑固で誤解を招きやすい」という評も聞こえてくるのは事実だ。

 著書の冒頭で優一氏は自身を《22歳の、ただのナマイキなクソガキだ》と定義する。この「ナマイキ」が書名とリンクしているわけだが、父親が「45歳の、ただの腹黒い権力亡者だ」とのイメージが定着してしまえば悪夢だろう。

 優一氏は12月5日、『夢でなく、使命で生きる。』(ポプラ社)の発売も決まっている。12月11日の午後7時から、紀伊国屋書店新宿本店で2冊を対象としたサイン会が開かれるそうだ。テレビ局の動きと、本人の取材対応は1つの注目ポイントに違いない。

週刊新潮WEB取材班

「週刊新潮」2017年11月9日 掲載


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*