藤田紀子 番組でプロレスラーの「横綱は神」発言をバッサリ


タレントの藤田紀子

写真拡大


 大相撲の元藤島部屋、二子山部屋のおかみさんでタレントの藤田紀子(70)が24日放送のフジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)に生出演。横綱・日馬富士(33=伊勢ケ浜部屋)の平幕・貴ノ岩(27=貴乃花部屋)に対する暴行問題で、相撲界の上下関係などについて持論を展開した。

 元力士でプロレスラーの維新力浩司(56)が21日に同番組に出演した際、「横綱は本当に雲の上の存在、神。声をかけてくれるだけで幸せですから」などと発言。この日、出演したモンゴル出身力士の先駆け、大相撲の元小結・旭鷲山のダバー・バトバヤル氏(44)も「横綱、親方が言った言葉に対して、下の人間が反対の言うことはまずない。僕らの時代は、親方がクロだよ!と言えば、シロでもクロだった」と角界には独特な人間関係があると主張した。

 そんな中、藤田は「そうですか?(立派な)人間として認められる人が、神に近いってこととは違う。奉っているような気がするんです。ちょっとそれは(違う)」とバッサリ。「そういう人が将来横綱になると、黒いものを白と言うってなっちゃうと思う。神という表現は違います」と持論を展開した。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*