ONE OK ROCKのTakaが解散したSMAPに言及「凄いよね本当に」


ONE OK ROCK(左から)Tomoya、Toru、Taka、Ryota(提供写真)

写真拡大


Taka/モデルプレス=11月24日】人気バンドONE OK ROCKのボーカルのTakaが、23日深夜に放送されたロックバンドSUPER BEAVERのボーカルの渋谷龍太がパーソナリティを務めるラジオ「SUPER BEAVER 渋谷龍太のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送、毎週木曜深夜3時)に生出演。昨年末に解散したSMAPについて言及した。

森昌子、ワンオクTakaの反抗期に包丁突きつけ「お前を殺す」…壮絶エピソード明かす

番組では渋谷とTakaが選んできた曲をかけるという事で、Takaは1993年に発売したSMAPの10枚目のシングル「$10(テンダラーズ)」をチョイス。

Takaは曲を聞きながら「この曲は思い出があって、大昔ですけど、歌ったことがある」と思い入れが深い曲だと話し、「やっぱりね。凄いよね本当に。SMAPさんって凄いですよ。国民的なグループですから」としみじみと絶賛。

SMAPの解散について話が及ぶと「どんなグループも、どんなアイドルも、どんなスーパースターも、人間だということ。一生だとは思ってほしくない。とっても儚いものなんです、実は。1人でいるよりも。グループっていうのは」と自身の想いを吐露。続けて「だから、僕はSMAPさんの解散を聞いた時に、本当に良くここまで頑張ったんだなという、むしろそっち側」と讃えた。

◆ネット上の反応

ネット上では「TakaがSMAPの話ししてる…ちょっと感動」「Takaの言葉めっちゃ染みた」「SMAPさんって呼び方にも尊敬してるのちゃんと感じる」「ますますワンオク好きになった」「こんな風に話してくれるなんて…ワンオクとSMAPのファンとしては嬉しすぎる」「TakaがSMAPのこと話すのも、曲かけてくれたのも、嬉しいし泣ける」などの声が上がっていた。(modelpress編集部)

情報:ニッポン放送

【Not Sponsored 記事】


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*