にゃんこスター・スーパー3助の一言で会見場が微妙な雰囲気に


左からスーパー3助さん、桐谷美玲さん、斎藤工さん、アンゴラ村長さん。にゃんこスターは初のCM出演を果たした

写真拡大


2017年10月放送の「キングオブコント」で準優勝し大ブレイクを果たしたお笑いコンビ、にゃんこスターが初めてCMに起用されることになり2017年11月30日、都内で発表会が開かれた。

桐谷美玲さん(27)や斎藤工さん(36)といった人気タレントとの共演とあって、「僕ではあり得ない」(スーパー3助さん=34)と、環境の変化に驚いている様子。18年にさらに飛躍できるかが課題だが、新しい方向性ではなく、あえて得意の縄跳びに特化する考え。イベント後の囲み取材での発言は終始すべり気味で、不安を残した。

アンゴラ村長「10月からまさに『君の名は。』状態」

にゃんこスターが出演するのは、ソフトバンクの「Y!mobile(ワイモバイル)」の新CM「リズム縄跳び部」篇。桐谷さん、斎藤さん、出川哲朗さん(53)、猫のふてにゃんと共演し、「キングオブコント」でも話題になったリズム縄跳びを披露。斎藤さんが三助さんの独特な動きを「完コピ」した。

アンゴラ村長さん(23)は

「10月から他人の人生を歩いているみたい。入れ替わる…まさに『君の名は。』状態」

と環境の変化に驚き、スーパー3助さんは

「どん底だった。34で売れてなかったので…。こんな桐谷美玲さん、となりに斎藤工さん…!僕ではありえない」

と共演者の豪華な顔ぶれが信じられない様子。1か月後に迫った2018年については「2人の間では未知の時期」で、

「縄跳びが一番得意なので、縄跳びを特に伸ばしていこうかと…特化しています、今」

と、基本的には現在の持ちネタを継続する考えだ。アンゴラ村長さんも「いいところを伸ばすタイプ」と応じていた。

「漢字1字で」なのに「んなアホな」

特にすべり気味だったのが「今年1年を振り返って漢字1字で…」という話題。アンゴラ村長さんは

「有難いことに忙しく、ゆっくりお風呂につかる時間がないなぁっていう…」

という理由で「湯」。なぜか願望を挙げた。続いてスーパー3助さんが口にしたのは「んなアホな」。会見場が微妙な雰囲気になると、慌てて自分で「漢字じゃないですね、すみません…」と突っ込み、

「やっぱり『猫』ですかね。にゃんこスターの猫、ふてニャンもいますしね。猫ですべて変わりましたね」

と言い直していた。

斎藤さんは長編映画を初監督し、自分が画面に映らない仕事が増えたということで、「悪い意味じゃなくて『影』」。桐谷さんは仕事でもプライベートでも旅が多かったとして「旅」を挙げた。

「リズム縄跳び部」篇は12月20日から、桐谷さんと齋藤さんが共演した「双子ダンス」篇は12月1日から放送が始まる。

この日の発表会では、米グーグル社が新興市場向けに展開しているブランド「Android One(アンドロイド・ワン)」から、自撮りに向いた「X2」(HTC製)や衝撃に強い「X3」(京セラ製)などスマートフォン4機種を、タブレット端末「TAB4」(レノボ製)などを発売することや、学割を12月1日から始めることなどが発表された。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*