山里亮太、元SMAPを排除した「スッキリ」VTRに激怒か 独断で名前を紹介?


新しい地図オフィシャルサイトより

写真拡大


 

 11月23日に放送された日本テレビ系情報番組『スッキリ』の一部内容が、業界内外で物議を醸している。番組ではこの日、今年活躍した男性を表彰する『GQ MEN OF THE YEAR 2017』の授賞式の様子を放送したが、受賞者の元SMAP・稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾の映像を流さなかったため、「局内からもブーイングが起きている」(テレビ局関係者)という。

「今年の『GQ』アワードは、稲垣らのほか、斎藤工や長谷川博己、ロバート・秋山竜次などが受賞。『スッキリ』では『エンタメまるごとクイズッス』のコーナーでこの話題を取り上げたものの、元SMAPの3人をスルーしたんです」(芸能ライター)

 しかし、途中で同コーナーの“天の声”を担当している南海キャンディーズ・山里亮太が、コメントで3人の受賞に言及。その後、番組司会の極楽とんぼ・加藤浩次が驚いたような表情で「なんだよ、それ」と呟く一幕があった。

「番組が、“3人の姿だけわざとカットしたVTR”を用意していたのは明らかで、視聴者からはクレームが殺到。どうしてあのような映像が使われたのかというと、全ては、編成スタッフの指示によるものだったんです」(関係者)

 テレビ各局には“ジャニーズ担当”の編成スタッフが存在し、『GQ』アワードの放送内容を決めたのは、藤島ジュリー景子副社長とつながりのある人物だったとか。

「飯島三智氏率いる元SMAPをVTRから除外すれば、ジャニーズ側への忠誠心を示すことになると思い込んだようです。しかし、今回のやり方には、局内でも否定的な声が相次いでおり、上層部は慌てふためいています」(同)

 ちなみに加藤は、元SMAPの3人が除外されているとは事前に知らされておらず、あのようなリアクションを取ったというが……。

「山里は、事前に内容を知らされていました。しかし、彼は『局側の忖度を押し付けるな!』とスタッフに反発し、独自の判断で3人の名前を紹介。結果的に、ネット上には『山ちゃん、ありがとう!』などと、3人を応援するファンたちから感謝が寄せられました。山里以外の出演者も、事態を知って裏ではあのVTRに大激怒していましたよ」(同)

 一方、日テレは今回の対応で、ジャニーズとの関係を深められると思い込んでいたようだが、実際には真逆の展開に。

「裏事情を知らない視聴者には、『ジャニーズが圧力をかけた』としか見えないため、日テレはむしろジャニーズのネガティブキャンペーンを打ったに等しい。その上、内部からも批判が噴出しているだけに、誰の得にもならない結果となってしまいました」(同)

 行き過ぎた忖度は、不幸を生むだけなのかもしれない。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*