春日俊彰が「水曜日のダウンタウン」で増水した川に流されかけるハプニング


春日俊彰(オードリー)

写真拡大


6日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、オードリー・春日俊彰が、増水した川に流されるハプニングに巻き込まれた。

番組では、「忍法 現代でも意外と通用する説」を検証。春日が忍者として、地中や木の葉、水中になどに潜んで対象の背中を取れるかを実証する。

水中に潜む「水遁の術」の検証では、真夜中にロケを行っているアニマル浜口の背中を取ろうと、春日はロケ現場の真横にある川の中に潜んでいた。三四郎・小宮浩信の指示に従って水中を進み、アニマルまで約5mの付近まで近づいた春日。だが、雨で増水した川の勢いに飲み込まれて流されてしまったのだ。

予想外のハプニングだったらしく、小宮が焦りながら「春日さん流されてる! ヤバい!」などと焦っていると、現場スタッフも「あれマジかな?」と本気で心配を始める。姿が確認できないところまで流された春日だが、その後は自力で川岸に這い上がり、もはや水遁(の術)という感じでもない様子でアニマルに近づいて背後を取っていた。

【関連記事】
オードリー・春日俊彰の予想外の行動に「モニタリング」スタッフが混乱
オードリー春日俊彰 不快なカップルへの対策が意外な結末に
春日俊彰のギャグ「トゥース!」が台湾でウケない理由…とんでもない悪口に


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*