鼠先輩の現在が明らかに 娘には「ウェブ関係で仕事」と説明


鼠先輩

写真拡大


14日放送の「ニノさん」(日本テレビ系)で、かつて人気を博したムード歌謡歌手・鼠先輩の現在が明かされた。

番組では「復活劇場 ニノさんとナニモノさん」と題し、一世を風靡(ふうび)した有名人たちが登場。鼠先輩はそのひとりとして出演した。

鼠先輩は2008年に発売した歌謡曲「六本木〜GIROPPON〜」でブレークし、1カ月に100本以上の番組に出演するなど活躍した。その後、新宿にスナック「ネズミーランド」を開くも2年前に閉店。現在も髪型はパンチパーマで、主な仕事はキャバクラなどの地方営業だそう。だが、娘には「ウェブ関係で仕事している」と説明しているとのことだった。

なお、鼠先輩が有名になったきっかけは、YouTube。当時は相当稼いだそうで、鼠先輩が「月収で、まぁ、1200万(円)」と明かすとスタジオからは驚きの声が上がった。ちなみに同曲の歌詞は、鼠先輩の妻との実話に基づいているのだそう。このエピソードにも観客らが大きな声を上げていた。

しかし、その歌唱印税も現在では0円になってしまったとか。スタジオでは10年ぶりに「六本木〜GIROPPON〜」を熱唱し、会場を盛り上げていた。

【関連記事】
一発屋歌手・鼠先輩が消えた理由 ブレーク時の最高月収は1200万円
鼠先輩の歌手復帰後の現在 観衆4人を相手に3万円
「それが大事」がミリオンヒット 大事MANブラザーズバンドの現在


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*