CHEMISTRY堂珍嘉邦のガチゲーマーぶりに驚き 「モンハン」プレイで拍手


 1月21日にAbemaTVゲーム専用チャンネル「ウルトラゲームス」開設記念特番で放送された「モンスターハンター:ワールド4時間生放送で一狩りいこうぜSP!」のゲストとして、ツインボーカルユニットCHEMISTRY堂珍嘉邦が登場し、視聴者を驚かせた。

 堂珍は雑誌でゲーム関連の連載を持ったり、変装して一般人主催のゲームのオフ会に参加したりするほどのゲーム愛好家として知られている。司会のお笑いコンビ麒麟・川島明に「ゲームは好きか」と聞かれた堂珍は「ゲーマー世代なのでゲームは大好き。モンハンもずっとやっている」と答え、更にβ版も既にプレイしていることを告白。出演者の中からは「さすが!」という声が挙がった。

 新登場モンスターの映像公開権を賭けた「討伐クエスト三番勝負」の3戦目「滅尽龍ネルギガンテ」の討伐に参加したが、「マルチで強いプレイヤーが集まるタイミングになかなか巡りあえず、まだネルギガンテの討伐に成功したことはない」と不安をのぞかせた。武器として「『MH4』から使っている」という理由で操虫棍を選択。ジャンプを利用したどのような狩猟スタイルを見せてくれるのか、期待が高まった。

 いざ討伐が開始されると、華麗なジャンプで飛び回り芸術的な攻撃を繰り返すプレイぶりに出演者たちからは「堂珍さん美味い!」「いいですね〜堂珍さん」「空中を制してます!」「すげーかっこいい!」と次々と嘆の声が漏れた。

 しかしながらネルギガンテは非常に手ごわく3連敗。放送時間内の討伐が難しくなってしまったため、カプコンから援軍としてプロデューサーの辻本良三氏とディレクターの徳田優也氏がプレイヤーとして参加するスクランブル体勢をとることになった。ここでも堂珍は高い技量を評価されたためか、凄腕ハンターとして知られる次長課長の井上聡と共にネルギガンテとの最後の討伐に参加した。

 華麗なジャンプからの攻撃を繰り返す堂珍に対し、視聴者からは「堂珍!乗れ!」とコメントが殺到。すると見事に背中への乗りを成功させ、会場からは「堂珍よくやったぞー!」の声と共に拍手が沸き起こった。

 かなりの苦戦を余儀なくされたが、堂珍・井上・徳田氏・辻本氏のパーティは無事にネルギガンテの討伐を完遂。「堂珍よくやった!」と健闘を称えるコメントが書きこまれ、本人もほっとしたような表情を浮かべていた。

(C)AbemaTV

▶『モンスターハンター:ワールド』4時間生放送で一狩りいこうぜSP!


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*