Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔 本当はジャニーズ落ちるも合格した理由


22日に放送されたテレビ朝日系『中居正広の身になる図書館 2時間スペシャル』にKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が出演した。

番組内では中居正広が藤ヶ谷へ「この人と会って変わったのかなとか」と、恩人のような存在はいるかと質問。

これに藤ヶ谷は「やっぱジャニーさんですかね」と、ジャニーズのオーディションを受けた時のことを話し始めた。

藤ヶ谷は「オーディションに合格しなかったんですよ」と本来はオーディションに落ちていたと明かしながら、オーディションが終わり、参加者へ配られたナンバープレートを返そうと話しかけた人物が、社長のジャニー喜多川氏だったと振り返り、中居も「やべえな、プレートをジャニーさんに返しちゃったの」と驚き顔。

これについて藤ヶ谷は、ホワイトボードに合格者のナンバーを書き出していたのが喜多川氏だったが、そういった作業はスタッフの人がやるものだと思っていたため、喜多川氏にプレートを返してしまったのだという。

そして「『Youは初日に僕に話しかけるなんですごいよ』って言われて」と、その場で喜多川氏が藤ヶ谷のナンバーを追記したのだと告白し、周囲は驚きの声を漏らしていた。

Kis-My-Ft2のメンバーで、喜多川氏とのエピソードを話したのは千賀健永も居る。千賀は喜多川氏が、入所した手のメンバーからジャニーと呼ばれたことを嬉しそうに話しため、千賀は「ねえジャニー」と呼びかけたところ「誰に口きいてんだよ!」と怒られてしまったと語っていたことがあった。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*