「同居離婚」の葉月里緒奈を直撃 新恋人との結婚の話も?


買い物を終え、店を出てきた葉月

写真拡大


 かつて「魔性の女」として世間を大いに騒がせた葉月里緒奈(42才)。“同居離婚”をしたうえで、新恋人との関係を続けている葉月本人に直撃した──。

「結婚してみたらわかると思うんですけど(苦笑)。結婚すると、相手に夫として、父親としてこうあってほしいって求めすぎちゃうでしょ。向こうは向こうで、こっちにいろいろ理想を言ってくるわけ。そこで、よいお友達として一緒に住んでみれば、お互い相手に求めることも少なくなるから、逆にうまくいくんじゃないかって思ったんです」

 紺のダウンコートにタイトなジーンズを合わせ、足元は黒のブーツというシックな出で立ちで、東京・渋谷の繁華街を歩いていた葉月里緒奈は本誌・女性セブンの直撃にそう話した。

 真田広之(57才)やイチロー(44才)と浮き名を流し、1998年に1度目の結婚をしたハワイ在住のすし職人とわずか2か月で離婚するなど、かつて大いにワイドショーを騒がせた葉月。2004年に不動産会社御曹司のAさん(48才)と再婚し長女(13才)が誕生して以来、芸能界の第一線を離れ、都内の高級住宅街にある地下1階、地上3階の白亜の大豪邸で悠々自適の日々を謳歌してきた。

「豪邸の費用や生活費はすべてAさん持ち。葉月さんはヨガに行ったりママ友とショッピングしたり、仕事も年に1回あるかないかという、本当にゆとりのある生活をしていました」(芸能関係者)

 そのセレブ妻ぶりに異変が起きたのは昨年5月のこと。『女性自身』で、Aさんと2015年頃に「極秘離婚」していたと報じられた。長女をAさんの元に残し、家を出て、すでにジュエリーの卸販売などを手がける会社の社長・Bさんという新恋人の存在まで明らかになったのだ。

◆「7年前には離婚していた」

 それからわずか8か月──。女性セブンは「葉月が元夫・Aさんとヨリを戻して、また一緒に暮らし始めたらしい」という情報をキャッチした。都内の豪邸に足を運ぶと、シャッター付きの車庫から慣れた手つきで車を発進させ、近くのスーパーで買い物をしたり、長女の習い事の送り迎えをする葉月の姿があった。

 以下、葉月が女性セブン記者に語った30分の一問一答。

──Aさんとまたご一緒に暮らし始めたんですね。

「そうなんですよ。去年の秋に戻ってきて、またここで生活しています」

──Aさんとヨリを戻したということなんでしょうか?

「Aさんとの関係というと…どうなんでしょう? 私が聞きたいくらいで(笑い)。お互い、娘の父親、母親という役割を担っていますけど、3人で一緒に出かけたりすることはありませんし、食事を一緒にとることもありません。

 娘の教育のことでちょっと話したりすることはありますけど、お互い干渉しないようにしているので、深い話はしません。あ、でも険悪で無視し合っているとかいうわけじゃないですよ。私が居候させてもらっているみたいな感じです」

──インスタグラムには、娘さんとのツーショットやお弁当の写真がたくさんアップされています。やっぱり娘さんの存在は大きかった?

「そうですね。実は、娘が小学校に上がる頃、今から7年くらい前にAさんとは離婚していたんです。と言っても、籍だけ抜いて、ずーっと同居。

 娘の親権は私がもらったんですが、“お互いこの子を育てているし、別に親権がどっちにあろうが関係ないね”って。娘には両親のどちらも必要だと思いましたし。彼は娘のことを心から愛してくれていますし、娘にとっても大事なパパですから。

 だから、去年1回(私が)家を出て、また戻ってきてここで生活するようになっても別に何かが変わったわけじゃなくて。Aさんとまた籍を入れたりということも一切考えていません」

 離婚後も子供への影響を考えて夫婦が一緒に生活することを「同居離婚」という。葉月は、1度「夫と娘を捨て」家を飛び出し、別の男性との生活を送っていながら、わずか1年足らずで再び出戻ったというわけだ。

 いくら娘の父と母として割り切った関係とはいえ、普通に考えれば再びその敷居をまたぐのは相当な勇気がいるはず。しかも娘が小学校から中学に上がる多感な時期に自らの“恋”を優先するとは、頭に疑問符が浮かばずにはいられない。

 しかし、話を聞いていくと、葉月は世間の目などおかまいなし、といったふうにこう話を続けた。

── 一時はBさんのタワーマンションで生活されていたようですが、こちらに戻ってきたということは関係を解消されてしまったんですね。

「いえ、Bさんとは今もおつきあいしています」

──Bさんと交際されながら、Aさんの家で生活しているということですか?

「そうです。Bさんの家に昨年、一時期だけ住むようになってからも、毎日こっちに娘のご飯を作りに来ていました。でも移動だけで疲れちゃうし。だから、やっぱりこっちで生活するほうが便利だなって。

 でも、Bさんとのおつきあいは続いています。むしろちょっと前に籍を入れようかという話にもなったんですけど、まだもう少しだけ様子を見てっていう感じなんです。この先どうなるかはわかりません」

──Aさんや娘さんはどう受け止められているんですか?

「うーん、Aさんはもう私の父親みたいに受け止めてくれていて。5才しか違わないのに、すごい大人なんです。娘と2人だけで生活してみて、いろいろ大変だったっていうのも本音にはあるみたいですけど。娘にもBさんのことは紹介しました。

 けど、会ったのはほんの数回だけです。“Bさんはママの恋人であって、私の父親になるわけじゃないし。パパはパパ(Aさん)だから”って。もう中学生ですから、その辺はいろいろとわかっていますからね」

 寒空の下、30分にも及んだ葉月の激白の最後に、本誌はこう投げかけた。

──ちなみに、かつて“魔性の女”と呼ばれていたことについては?

「フフフ、どうなんですかね。でも、今話してみて全然魔性っ気を感じないでしょ? あ、次来るときは言ってね。もっとちゃんとメイクする(笑い)」

 やはり、健在のよう。

※女性セブン2018年2月8日号


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*