桐谷美玲、女優を「やりたくない」と訴え?事務所は否定


キャスターもやっているけど……

写真拡大


 昨年は8社に出演した売れっ子CMタレントであり、「NEWS ZERO」(日本テレビ系)ではキャスターも務める桐谷美玲(28)。そのほかモデル業にも勤しむ彼女だが、本業の女優については「やりたくない」と訴えているという……。

 ***

「昨年暮れに公開された映画『リベンジgirl』が女優としての仕事納めでした。今期のドラマ出演はありませんし、女優としての今後については、現在、白紙です」

 と明かすのは代理店関係者だ。彼女が女優をやりたがらない理由については、

「元々、演技が上手くないため、やりたくないのでしょうけれど、彼女は芝居に限らず、全般的にハングリーさがないように見えます。その結果、演技が上手くならないという負のスパイラルに入っているのでは」(スポーツ紙記者)

 本人はモデルの仕事を増やしたい意向とのことだが、こちらの仕事での収入がCMやドラマに劣るのは明白である。女優をせず、ドラマに出演しないとなれば、その人気度に左右されるCM出演の依頼が減るのは必至……。これに頭を抱えているのが、所属事務所のスウィートパワー。筆頭格だった堀北真希(29)に仕事を入れすぎ、やる気を失った挙句に“結婚”“引退”されてしまった、苦い過去がある。


キャスターもやっているけど……

「そのことがあって、事務所は桐谷に強く言えないのです」(芸能関係者)

 当の事務所に話を聞くと、

「昨年がハードだったので、今年はクールごとにドラマの仕事を入れないようにしています。女優をしないわけではありません」

 と否定するが……。2月1日発売の「週刊新潮」で詳しく報じる。

「週刊新潮」2018年2月8日号 掲載


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*