GENKING 性別適合手術を受け芽生えた夢「私も母親になりたい」



 
「私の中でこれまでの人生は偽り、嘘でした。本名が沙奈になった今振り返ると、まるで別人か、前世の記憶のよう。今は毎晩、悩み苦しむことなく眠りにつける幸せをかみしめています」
 
そう話すのは、1月29日、昨年5月にタイで「性別適合手術」を受けたことを告白したGENKING(年齢非公開)。GENKINGと言えば、インスタグラムで「謎の美男子」として注目を集め、’15年に芸能界デビューするや、オネエとは違う“ニューキャマー”、「気分により男と女のときがある」、“ユニセックス”として一躍時の人となった。インスタグラムのフォロワーは100万人をほこった。
 
今年1月、自叙伝『僕は私を生みました。』(双葉社)を出版。そこには、3歳のころに気づいた性の目覚め、自分の性に対する違和感と苦悩、そして昨年7月に性同一性障害が認められて戸籍上も女性になるまでの半生がつづられている。
 
今回、女性として人生を歩み出したGENKING(本名・沙奈さん)が、本誌に、女性になった喜びを語ってくれた。
 
「胸の谷間が見える服は恥ずかしくなり、メークも薄くなる。女じゃないときのほうが女を求めるんですね。本当に幸せなことはSNSにアップせず、スマホの写真フォルダにしまっておきたいと思うようになりました」
 
100万人の「いいね!」より、惚れた男の「好き」が欲しいーー。最近はすてきな男性との“静かな暮らし”を夢見ているという。
 
「理想の男性は私にすべての“初めて”をくれる人。これまでは“恋人気分”だけで、ちゃんとしたデートをしたこともなかった。初めての手つなぎデート、初めての吉野家ご飯……もう無理しない」
 
そんな理想の男性との“将来の夢”を聞くと、「結婚と子育てをしたい」という返事が返ってきた。実際に、性同一性障害で性別変更した女性が結婚後、特別養子縁組を申し立てて大阪家裁で認められたケースもある。
 
「2年後に結婚して、3年後に子どもが欲しい。母が私を産んでくれた36歳までに、私も母親になりたいんです」
 
もしかしてすでに約束した人が?
 
「ええ〜内緒(笑)。以前だったら話したかもしれないけど、もう本当に大事なことは言いたくない。胸にそっとしまっておきます」
 
そう言って穏やかな笑顔でうなずいたーー。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*