桐谷美玲は女優業に消極的?テレビCMへの起用が減る可能性も


キャスターもやっているけど……

写真拡大


 芸能事務所にとってタレントは商品である。が、その商品は、時として“あーだ、こーだ”と物申し始めるから厄介だ。近頃、桐谷美玲(28)が、「女優はやりたくない」と駄々を捏(こ)ねているという。結婚を機に芸能界を引退した先輩女優の前例もあるため、事務所は腫物に触るかのように、彼女に手を焼いている……。

 昨年のCM起用社数の女性ランキングで、桐谷は8社のCMに出演しているというから、堂々たる実績である。

「ですが、今年はテレビCMに登場する機会が減ることになるかもしれません」

 と言うのは、さる代理店関係者だ。その理由は、

「実は、桐谷が女優をやりたがらないのです。昨年暮れに公開された映画『リベンジgirl』が女優としての仕事納めでした。今期のドラマ出演はありませんし、女優としての今後については、現在、白紙です」


キャスターもやっているけど……

 本業が女優である彼女の場合、CMの依頼は、ドラマの人気度に影響される。

「そのため、ドラマ出演の機会が減ると、自然とCMへの声が掛からなくなる。だから、今年は彼女のCMが減る可能性が高いのです」(同)

モデル業を増やしたい

 なぜ、桐谷は女優をやりたくないと言い始めたのか。

 スポーツ紙記者が言う。

「元々、演技が上手くないため、やりたくないのでしょうけれど、彼女は芝居に限らず、全般的にハングリーさがないように見えます。その結果、演技が上手くならないという負のスパイラルに入っているのでは」

 確かにデビューから10年以上が経つが、演技が評価されたことは耳にしたためしがない。本人もそのことに気が付き嫌気が差したか。

「桐谷は、すでにファッション誌のモデルをやっていますが、今後はモデルの仕事を増やしたいそうです」(前出の代理店関係者)

 とはいえ、いくらモデル業に精を出したところで、CMやドラマによる収入には、到底及ぶはずもない。

「所属事務所にとっては、桐谷は稼ぎ頭ですから、頭を抱えていますよ」

 とは、芸能関係者。

「以前は堀北真希が事務所の筆頭でしたが、山本耕史との結婚を機に、昨年、芸能界を引退してしまいました。仕事を入れすぎてやる気を失っていたところへ、結婚の話が舞い込み、これ幸いとばかりに引退した。そのことがあって、事務所は桐谷に強く言えないのです」

 桐谷の所属事務所は、

「昨年がハードだったので、今年はクールごとにドラマの仕事を入れないようにしています。女優をしないわけではありません」

 と否定するが、先の芸能関係者は、

「昨年暮れ、俳優の三浦翔平との熱愛が発覚した際に、桐谷が出演したバラエティ番組で交際について聞かれると、否定しないどころか、本人は“ネットを見ろ”と居直っていました。従来でしたら、事務所はそんなことは言わせない。つまり、彼女を制御できなくなっているというわけです」

 このままだと先輩の二の舞いか?

「週刊新潮」2018年2月8日号 掲載


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*