志村けんの誕生会「側室の座」についたのは多岐川裕美の娘の華子


 2月17日夜、東京・六本木のイタリアンレストランで、志村けんの68歳の誕生日パーティが開催された。

「幹事は中山秀征さんで、会場には30名以上の芸能人が馳せ参じました」(芸能事務所関係者)


苦しゅうない、近う! ©文藝春秋

 翌々日のブログで志村本人が載せた写真には、マツコ・デラックス、タカアンドトシ、島崎和歌子、さらには麻美ゆまや池田夏希ら“志村ガールズ”の面々が写っているが――。

「そんな中で、“志村さんの隣の席にどの女性が座るのか”が例年注目されています。かつては優香やみひろ、板野友美らが“側室の座”をキープしてきました。昨年までは連続で参加し、大本命と見られていた橋本マナミは、今年は欠席でした」(芸能記者)

 果たして志村の隣に座り、新たに“側室の座”についたのは誰だったのか。


今年の“側室”(?)の華子(事務所HPより)

「女優の多岐川裕美の娘の華子(29)だったようです。12年に俳優の仁科克基とスピード離婚して以来、志村の誕生日パーティには毎年参加。今年も、参加者が大集合した写真で志村のすぐ横にいました」(前出・芸能事務所関係者)

“最後の独身大物芸能人”の誕生日パーティの詳細は、2月22日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

(「週刊文春」編集部)


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*