菅田将暉とお泊りデート報道の菜々緒 現場での評判は


一度見たら忘れられない「菜々緒ポーズ」

写真拡大 (全2枚)


 2月中旬、自宅マンションでの13時間にわたるお泊りデートをキャッチされた菜々緒(29才)と菅田将暉(25才)。2人は都内の高級焼き鳥店で食事をした後、菜々緒の自宅マンションへ消えていった。

 今クールの木村拓哉(45才)主演ドラマ『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)で、菜々緒は身辺警護課の紅一点という重要な役柄を担う。次の4月クールの『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系)で、ゴールデンタイムのドラマ初主演を控えており、飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

 雑誌モデルとして活動していた菜々緒が一躍注目を集めたのは、写真集『1028_24』を発売した2012年頃。前屈をしながら後ろを振り返り、股下85cmの美脚を強調した表紙の写真は「菜々緒ポーズ」として彼女の代名詞になった。その後、『ファースト・クラス』(2014年、フジテレビ系)や『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(2015年、フジテレビ系)などに出演。その切れ長の目と長い黒髪のクールな印象から、オファーされる役柄はヒール役が多く、当代一の「悪女女優」としてブレークした。プライベートでは、西川貴教(47才)やJOY(32才)と交際が報じられたこともある。

 一方の菅田も、若手イケメン俳優の中でも指折りの演技派で、今もっともスケジュールを押さえられない俳優の1人でもある。

「映画やドラマ、舞台で奪い合っているような状況です。感覚的に役を捉え、入り込んでいく天才肌。シリアスな役柄からコミカルなキャラクターまで演じ分けます。しかも最近では音楽活動にまで幅を広げていますから、この先も期待大です」(芸能関係者)

 その才能には同じ世界にいる女性たちも感じるところがあるようで、これまでに二階堂ふみ(23才)や広瀬アリス(23才)、小松菜奈(22才)、本田翼(25才)ら錚々たる面々との熱愛が噂されてきた。菜々緒との焼鳥デート前日には、長澤まさみ(30才)やスタッフらと都内の高級寿司店で食事していた。

「ドラマ『校閲ガール』(日本テレビ系)で共演した石原さとみさん(31才)もベタぼめ。菅田さんの多忙ぶりに撮影スケジュールが押したことがあったんですが“全然大丈夫!”って感じで、菅田さん最優先でしたから。フットワークが軽く、誘われると“いいですね!”と応じるのでモテるというか、噂が絶えないんでしょう」(ドラマ関係者)

 昨年秋ごろからふたりで一緒に過ごすことが増えたというふたり。稀代のモテ男・菅田を陥落させた菜々緒はどんな“魔力”の使い手なのか。

「悪女役が多いので高飛車でキツそうなイメージが先行しますが、実際の彼女は誰とでも分け隔てなくつきあえるオープンな人。だから現場スタッフからの評判もいいんです。下積み時代が長かったことも影響しているのでしょうが、求められる役割への準備には余念がなくて、常に期待以上に返してくる。メイクへのこだわりも人一倍強くて、眉毛の1本、アイラインの長さも1ミリ単位で調整して、より悪女らしく見えるようにしています。共演者もそのギャップに最初は驚くけど、徐々に信頼を置くようになるんです」(別の芸能関係者)

『BG』に出演する木村拓哉は、昨年のドラマ『A LIFE 〜愛しき人〜』での共演時から菜々緒のことが大のお気に入りだという。

「気遣いは仕事に関係する人に限りません。学生時代、菜々緒は地元さいたま市内の焼肉店でアルバイトしていたのですが、有名になってからその店に出向き、写真とサインを贈ったそうです。さらに、『菜々緒が働いていた店』として宣伝に使ってもいいように、わざわざ菜々緒本人が所属事務所に連絡をしたそうです」(前出・別の芸能関係者)

 悪女役を続けていても、女性に嫌われないのはそんな気遣いからか。そんな菜々緒の「悪女の品格」に、菅田も惹かれたようだ。

※女性セブン2018年3月8日号


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*