星野源 義理チョコ文化をめぐる過去の発言をラジオで謝罪


星野源、義理チョコ「意味がわからない」発言を謝罪

写真拡大


27日に放送されたニッポン放送のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』で、星野源が過去の同番組での発言について謝罪する場面があった。

【写真】星野源、西川貴教とともに関ジャニ∞とのセッション実現!

番組内では、星野が「言わなきゃと思ったことがあって、バレンタインチョコの話したじゃん」と、過去の放送でした発言について話し始めた。

これは、先週の放送で星野が、義理チョコ文化について「配る側になったとして、マジで意味がわからないよね」と発言したことについてのものだと思われる。

続けて星野は「で、申し訳ないなと思って」「義理チョコもらったのに」と、同番組スタッフからもバレンタインチョコをもらったことを振り返りながら「あげる人の気持ちになって『大変だな』って気持ちで言っただけなんだけど、よく考えたらそれを否定してしまっていたと思って、ごめん」と、番組スタッフに謝罪した。

星野は「謝んなきゃと思って一週間」と気にしていた様子を見せ「だから俺、ホワイトデーにチョコ作ろうと思って、自分で作ってみようかなって思ったんですよ」と、手作りを渡す立場になってみると宣言。

そして「(チョコ作りを)どれだけ大変かっていうのを体験したことがないじゃないですか」「忘れないようにします」と、ホワイトデー近日の放送でまた報告すると話した。

このエピソードにリスナーのSNSでは「義理チョコの件でちゃんと謝る義理堅い源さん(笑)」「こういうとこほんと良い奴」「謝ってくれる星野源優しすぎてほんと好きだ!」と様々な感想が寄せられていた。

星野は先週の放送で、義理チョコについて「意味がわからない」とは発言したものの、リスナーから寄せられた「手作りわさびチョコを渡して悶絶する姿を楽しむ女子」というメールについて「そこに楽しみを見出せるのは素晴らしいですね」と、渡すという行為的な負担だけではなく、楽しみを見つけられるユーモアに感心した様子も見せていた。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*