岸谷五朗がアルバイト時代のエピソードを披露 知らない間に強盗を撃退


岸谷五朗

写真拡大


28日放送の「ごごナマ」(NHK総合)で、俳優の岸谷五朗が、知らないうちにコンビニ強盗から、店を守っていた過去を明かした。

番組では、岸谷の「芸の肥やしになったアルバイトベスト3」を紹介。その第1位には「コンビニで“殺陣(たて)”の稽古」が挙がり、岸谷が当時のエピソードを披露していた。

なんでも、岸谷が深夜に働いていた駅近のコンビニとは別の店で、あるとき強盗事件が起きたとか。その犯人は逮捕された後、駅の近くにあるコンビニを狙わなかった理由について、「すごいアブない店員がいた」「あそこは入ったらヤバい」と答えていたというのだ。

当時、岸谷は兵士役を演じることになっていたという。モップを手にコンビニ内を徘徊(はいかい)しながら、殺陣を時たま練習していたとか。その姿を見て、犯人は強盗をする店を変えたようなのだ。事実を知ったコンビニの店長は、初めて岸谷を褒めたということだった。

【関連記事】
石原さとみ 共演した岸谷五朗の「頑張ったね」で涙がこみ上げてきたワケ
山里亮太が昏睡強盗被害を受けた過去「一杯飲んだ瞬間に記憶を失って」
フジテレビ「訂正させてください」の密着取材中に強盗事件が発生


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*