とろサーモンの久保田かずのぶ 仮想通貨詐欺にあったと告白


とろサーモン・久保田、仮想通貨詐欺にあったと暴露

写真拡大


27日に放送されたTBS系『教えてもらう前と後』に、とろサーモン久保田かずのぶが出演し、ある詐欺にあったと告白する場面があった。

番組内で久保田は、昔世話になった知り合い男性に「ビットコインを買わないか」と持ちかけられたという。その時について久保田は「芸人で周りでやってる人たちがいたんですよ、仮想通貨をね」「いろんなところで儲かるぞ、すごいぞ、いいぞみたいなのを聞いてたので」と、周りの評判もあり警戒心が薄れてしまったと振り返った。

そしてその男性が「実物をお持ちしました、これがビットコインです」と、Bと刻印されたコインを久保田に見せ「1ビット200万で取引されていますが、これから5倍、いや10倍は値上がりいたします」と、後々価値が上がる”実物”のコインを1枚1万円で購入できると話したという。

久保田はこの”実物”について「仮想通貨って情報戦線じゃないですか、その情報戦線の中で、俺たぶん先頭やなって思ったんですよ」と、他の芸人でも実物のコインを持っていると聞いたことなかったため、チャンスだと思い、10枚を10万円で購入したのだと明かした。

そして男性は、この実物のコインを東京五輪までに現金と交換してくれるところができるため、今持っておくと価値が上がると言っていたが、後輩にコインの”実物”を見せたところ「久保田さん、騙されてますよ」と、仮想通貨なので実物は存在しないと忠告を受けて気づいたのだという。

久保田は買ったという”実物”コインを取り出し、刻印のBを指して「バカのBです」と自虐コメントで周囲の笑いを誘っていた。

このエピソードにTwitterでは「ビットコイン詐欺にあったとろサーモン久保田の話ごめんだけど笑った」「まさか、とろサーモン久保田さん、リアルビットコインにひっかかるとは 好きになりました!」「笑ったけど、確かに知らない人は騙されるかも知れない」などの感想が寄せられていた。

過去に詐欺にあったと告白した芸能人は中居正広もおり、クレジットカードを他人に使われていたと話していたことがあった。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*