ビートたけしの多忙過ぎる私生活「ベッドで寝ることをしない」


ビートたけし

写真拡大


14日放送の「ビビット」(TBS系)で、MCのTOKIO・国分太一が、お笑いタレント・ビートたけしの私生活の一部を明かした。

番組では、スポーツニッポンが報じた、たけしの事務所退社の話題を取り上げた。記事によると、たけしは所属事務所であるオフィス北野を3月いっぱいで退社し、独立するという。たけしは「軍団を含め、これまで背負ってきたものをいったん下ろしたい。自分の時間を増やしたい」という意向から独立を決めたのだとか。

この話題で国分は、たけしの多忙ぶりについて触れた上で「家に帰ったら、ベッドで寝ることをしないらしいんですよ」と証言。国分によると、こたつなどで執筆活動をしている間に寝落ちしてしまい、目覚めた後は一転、絵を描き始めるのだそう。絵画の制作に飽きると、英語の勉強をするべく、英語のドラマを字幕なしで見ているのだとか。

そんな生活を送るたけしについて、国分は「もうちょい自由にいたいってことなんですかね…」と推測していた。

【関連記事】
「逃げなさい台湾に」ビートたけしが石垣島で逃亡者に間違われた過去
「なんで親が出てこなきゃいけない」ビートたけしが大竹まことの謝罪会見に指摘
「審査員がバカだ」ビートたけしがカンヌ映画祭めぐり20年越しの怒り


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*