「ぷっすま」歴史に幕 草なぎ剛&ユースケ・サンタマリアの絆に感動



 
草なぎ剛(43)とユースケ・サンタマリア(47)の出演する『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)最終回が3月30日深夜に放送。20年近く続いた番組の幕を下ろした。
 
当日の放送では最終回とはいえ、草なぎ発案の新企画「犬部」を放送。草なぎは約1年前に飼い始めた愛犬を紹介。犬好きタレントが愛犬とともに集まり“親バカ”ぶりを披露し、最後まで“『「ぷっ」すま』らしさ”を貫いた。終盤、草なぎは同番組の歴史を回想した。
 
「本当に楽しかったですよ。20年ですからね、みなさんと出会えて。僕の人生に寄り添ってきた番組なんで」
 
さらに草なぎは、ユースケとの“なぎスケ”コンビに「エンディングはない」とコメント。ユースケも「また何かやるかもしれないですね。19年半も番組をやれたってだけで、ただただ感謝」と述べた。最後は草なぎがこう結んだ。
 
「また近々、お会いしましょう」
 
Twitterではファンから、2人への感謝の気持ちとともに感動の声が上がっている。
 
ぷっすまは毎回安定して面白い、良い番組でしたね。本当にお疲れ様でした≫
≪嫌なことがあっても「ぷっ」すまを見てる間だけは嫌なことが忘れられたし、本当にいい意味で力を抜いて楽しめるバラエティー番組だった≫
≪みんなの笑顔と『近々』という合言葉が涙を忘れさせてくれた。ぷっすま、ありがとう≫
 
「また近々」という宣言通り、4月1日からスタートする「新しい別の窓」(AbemaTV)にて2人は再び共演することが31日に発表された。やはり「エンディングはない」ようだ!


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*