重盛さと美が「人の命」を救った過去「おバカをみて自殺をやめた」女性


タレントの重盛さと美

写真拡大


 タレントの重盛さと美(29)が31日放送の「めちゃ×2イケてるッ!」最終回に出演。ゲストの元プロテニス選手でスポーツキャスター松岡修造氏(50)からねぎらいの言葉を掛けられた。

 “祝活プロジェクト”として熱血男、松岡氏が22年間番組を続けたレギュラー陣を「おめでとう!」と祝福した。

 名物企画「抜き打ちテスト」で“おバカ女王”になった重盛に対して「何回おバカ女王になった?」と質問。「4回です」と重盛が返答すると、「その結果どうなった?」と続けて質問し「給料が上がりました」と答えると松岡氏は「おめでとう!」と称えた。

 「馬鹿な姿をさらして誰かを幸せにした?」と聞くと、重盛は「沖縄に行ったときに、ちょっと小太りな女性に“自殺しようとしてたけど、テレビでおバカテストを見て、こんなにバカな子がいるんだと思い笑ってしまった”って」と告白すると、松岡氏は「人の命を救えた!おめでとう!」と祝福。ほかのメンバーも「いい話」と喜んでいた。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*