指原莉乃がコンサートでドッキリ発言「あと2年か…2年いるかな?」


指原莉乃

写真拡大


 福岡・博多を拠点に活動する人気アイドルグループ「HKT48」が31日、さいたまスーパーアリーナで単独公演を開催した。

 2月25日の神戸・ワールド記念ホール公演からスタートした「春のアリーナツアー2018〜これが博多のやり方だ!〜」。3か所目になる今回の公演は、1万5000人の観客を動員した。

 メンバー一人ひとりがセンターとして登場する24曲に及ぶメドレーを披露。さらに、姉妹グループの垣根を越えてAKB48、SKE48、NMB48、NGT48、STU48の楽曲も歌唱し“博多流”で盛り上げた。

 さらに、メンバーが演じた寸劇では、HKT48劇場支配人を兼務する指原莉乃(25)がエロ女教師に扮し、タイトなミニスカート姿で登場。自慢の美脚をあらわにしながら「総選挙出ないから、なんでもありよ!」と会場にエロ目線を投げかけた。

 ドヤ顔で会場の盛り上がりを確認すると、昨年の総選挙で4位の宮脇咲良(20)を見ながら「咲良! 総選挙を3連覇すると、あなたも私みたいにこうなるのよ」と他のメンバーにはない色気あるオーラを振りまいた。

 また、途中のMCで田中菜津美(17)から「3連覇して総選挙に出ないけど、どんな気分?」と振られると「なんかね、貴族の高み(の見物)。下で何をやってるんだろうって」と“女王節”で会場を沸かせた。

 そんな指原は田島芽瑠(18)から「20歳になったら、一緒にお酒を飲みましょう」とお願いされると「あと2年か…2年後いるかな?」とドッキリ発言。「来年、卒業発表しても、ズルズル(卒業するまで)1年ぐらいたつからね」と1〜2年後の卒業に思いを巡らせるシーンもあった。

 また、終演後には同グループの公式ツイッターで、11枚目シングル「早送りカレンダー」を5月2日に発売することを発表。選抜メンバーも発表され、矢吹奈子(16)、田中美久(16)のフレッシュな2人が“ダブルセンター”を務めることが明らかになった。

“なこみく”の愛称で人気の2人。新しい試みにネット上はファンの驚きの声であふれた。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*